藤井 黎來(大曲工)

ここでは、「藤井 黎來(大曲工)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



藤井 黎來(大曲工)

181cm82kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ
140㌔前後の直球とフォーク。2年夏の甲子園で143㌔を計測、花咲徳栄からフォークで7Kを奪った。

  最新記事

 ■ 【秋季東北大会】大曲工・藤井、9K1失点完投で8強進出!(スポーツ報知) 16/10/14

 大曲工(秋田2位)の144キロ右腕・藤井黎来(れいら、2年)が先発し、日大山形(山形1位)を相手に10安打1失点完投。この日は最速141キロの直球とスライダーのコンビネーションがさえ、9つの三振を奪った。それでも「まだまだです。自分のベストボールを増やしていきたい」と満足はしていなかった。大曲工は16日の準々決勝で聖光学院(福島1位)と対戦する。
 夏以降は「投げミスを減らすための練習をしてきた」と、制球に磨きをかけた。低めに集めることを意識し、多い日は1日に約300球を投げ込んだ。背番号1で臨んだ秋の県大会では全4試合に先発。計34回を投げて11失点と安定感が増し、チームを2年ぶりの秋季東北大会に導いた。(スポーツ報知)

   16秋            回数 被安 奪三 四死 失点
   秋田2回戦:能代工業 先   8  3  5  0  1
     準々決:秋田修英 先   9  10  9  2  2
     準決勝:秋田商業 先   9  7  9  1  4
     決勝戦:横手高校 先   8  11  11     4
   東北2回戦:日大山形 先   9  10  9  2  1 141㌔
     準々決:聖光学院 先   8  11  4  4  6
                 51  52  47    18 防3.18(失点から計算)
                   被安打率9.18 奪三振率8.29

 ■ 大曲工の2年生右腕・藤井にプロスカウトも驚き(デイリースポーツ) 16/8/10

 大曲工は終盤に突き放され、初戦突破はならなかった。それでも先発した藤井黎來投手(2年)の力投に、ネット裏で視察していたプロ球団のスカウト陣も注目した。「ボールも強いし、来年1年でどこまで伸びるか、非常に楽しみ体(のサイズ)もあるしね」と語ったのはDeNA・吉田スカウト部長。立ち上がりからアベレージで140キロ前後の直球を投じ、最速は143キロを計測した。鋭く落ちるフォークで空振りを奪うシーンもあり、8回5失点ながら前評判の高い花咲徳栄打線を七回まで3点に封じ、好投手・高橋との接戦を演出した。181センチ、82キロと恵まれた体格を持った右腕。上級生と比較してもまったく見劣りしないだけに、来年にかけての成長が楽しみだ。

   16夏予         回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:秋  田 先   9  8  7  4  1
   準々決:大館桂桜 先   7  4  5  1  3
   準決勝:大館国際     4  4  5  1  0
   決 勝:角  館    3.2  6  2  1  4 143㌔ 
              23.2  22  19  7  8 防3.04(失点から計算)
           被安打率8.37 奪三振率7.23 四死球率2.66 

  プロフィール

 秋田県美郷町出身。
 藤井 黎來(ふじい・れいら)投手。
 美郷町立美郷中学校時代は軟式野球部でプレー。

 大曲工では2年春に右足靱帯断裂のケガを経験。
 同年夏の県大会に11番の控え投手として臨み、計23.2回19K8失点の力投で初Vを達成する。
 5試合中2試合の先発投手を任され、秋田高戦で7K1失点完投勝利を記録。
 2番手としてリリーフ起用された決勝・角館戦(3.2回6安打4失点)で最速143㌔をマークした。
 続く甲子園1回戦・花咲徳栄戦は、制球が甘く、8回5失点ノックアウトで敗戦。
 最速タイの143㌔を計測すると共に、フォークで7Kを奪い、DeNAなどスカウトから評価された。
 同年秋の新チームで主戦の座を掴み、51回18失点の粘投で東北8強に進出。
 東北大会2回戦・日大山形戦(141㌔計測)で、10安打9奪三振4対1完投勝利を収めている。
 1学年上のチームメイトとして142㌔右腕・鈴木理公ら。

 181cm82kg、恵まれた体格のプロ注目右腕。
 ノーワインドアップから早めに着地し、肘を使った腕の振りから、上半身の強さを生かして投げ込む
 最速144㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後(2年夏)の力のある真っ直ぐと、
 120㌔台のフォーク、120㌔前後のスライダー、100㌔台のカーブ、110㌔前後のチェンジアップ。
 直球主体の投球が持ち味。決め球にフォーク。2年春に右足のケガを経験した。
 同年夏の甲子園初戦・花咲徳栄戦でフォークを武器に7K(空振り6、見逃し1)を記録している。
 一方でコントロールが甘く8安打4長打を浴びた。

  スカウトコメント

DeNA・吉田スカウト部長|16/8/10
 「ボールも強いし、来年1年でどこまで伸びるか、非常に楽しみ。体(のサイズ)もあるしね」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-20(月)|2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑