皆川 喬涼(中大)|ドラフト・レポート

皆川 喬涼(中大)

ここでは、「皆川 喬涼(中大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



皆川 喬涼(中大)

179cm80kg 右右 MAX149km スライダー・チェンジ・カーブ・フォーク 前橋育英
最速149㌔の伸びのある直球とスライダー、チェンジアップ。明徳戦で9回途中1失点の好投を見せた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   18春: 1  0勝0敗  0.2  0  1  0  0  0.00
   18秋: 6  1勝3敗  20.2  16  19  17  15  6.53
   19春: 10  0勝2敗  24.2  25  29  26  16  5.84
   通算: 17  1勝5敗   46  41  49  43  31  6.07
          被安打率8.02 奪三振率9.59 四死球率8.41

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16夏: 1    1.1  1  0  2  0 142㌔ 嘉手納高
   17春: 1     2  1  2  0  0 141㌔ 中村高校
   17夏: 3   16.2  10  17  9  7
        先   4  2  7  6  3 147㌔ 山梨学院
        先  8.2  4  6  1  1 149㌔ 明徳義塾 ○
            4  4  4  2  3 148㌔ 花咲徳栄
   通算: 5    20  12  19  11  7 防3.15
       被安打率5.40 奪三振率8.55 四死球率4.95

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   駒澤大    0.2  0  1  0  0

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   駒澤大    4.1  1  4  2  0 147㌔
   亜 大 先  3.2  6  3  6  8 145㌔ ●
   東洋大     4  1  5  0  0 144㌔ ○
   国学大    1.2  3  2  4  4
          2.1  0  1  3  1 143㌔ ●
   立正大 先  4.2  5  4  2  2 145㌔ ●
          20.2  16  19  17  15 防6.53
       被安打率6.97 奪三振率8.27 四死球率7.40

   18秋入替   回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大    0.2  0  1  0  0 145㌔
          3.1  4  6  2  0
           4  4  7  2  0 防0.00
      被安打率9.00 奪三振率15.75 四死球率4.50

 ■ 高校時代成績

   16春関東       回数 被安 奪三 四死 自責
   準決勝:関東第一 先   7  1  3  3  0 134㌔…7回1死までノーヒット

   16秋         回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:桐生市商 先   6          0
   2回戦:市立太田 先   5          0
   準々決:高崎商付 先   4          1
               15  7  18  13  1 防0.60
          被安打率4.20 奪三振率10.80 四死球率7.80

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:高崎経付 先   5  2       1
   3回戦:新田暁高 先   5  1  10     0 146㌔
   4回戦:高崎商付 先   5  1       0 149㌔
   準々決:常磐高校 先  8.1  4       0
   決勝戦:健大高崎 先   3  6  2  3  2
              26.1  14  30  8  3 防1.03(失点から計算)
          被安打率4.78 奪三振率10.25 四死球率2.73

  最新記事

 ■ 前橋育英・皆川、今大会最速149キロ!(デイリースポーツ) 17/8/17

 前橋育英の皆川喬涼投手は今大会最速で自己最速タイの球速149キロをマークし、8回2/3を1失点と好投。明徳義塾には3-1で競り勝ち、4年ぶりに3回戦へ進出した。右手親指がつり、九回2死一塁で丸山和郁外野手にリリーフを仰いだ。「チームの勝利はうれしいけど、達成感がなくて悔しい」と負けん気も見せた。最後の夏に初めて背番号1を背負う。中学時代は軟式の内野手。13年夏の優勝投手、高橋光成に憧れ同校に入学し、2年春に投手に転向した。速球は当初130キロ程度。3キロの砂入りゴムボールを指で持つトレーニングで球威も磨いた。球速だけでなく精度の高い制球も大器を予感させる。この日は荒井監督の誕生日。朝の宿舎でナインは寄せ書きの色紙をプレゼントした。

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大     4  5  7  1  1 149㌔ ●
   駒澤大 先  5.2  6  7  7  3 147㌔
       先   4  3  5  4  4 147㌔
       先  3.1  1  2  6  1 146㌔
   立正大     2  6  4  2  3 146㌔ ●
   亜 大    0.1  0  0  0  0
           1  0  2  0  0 147㌔
           3  2  1  1  0 149㌔
   国学大     1  0  1  3  0 149㌔
          0.1  2  0  2  4 143㌔
          24.2  25  29  26  16 防5.84
      被安打率9.12 奪三振率10.58 四死球率9.49

 ■ 前橋育英・皆川、自己最速更新&更新149キロ!評価急上昇(スポーツ報知) 17/7/22

 2点リードの3回1死。前橋育英・皆川は、8番打者を147キロ、148キロと続けて自己最速を更新する直球で追い込み、さらに3球目だった。内角高めに外れたものの、電光掲示板に表示されたのは「149キロ」。5回1安打無失点の好投で2年連続の8強入りに導いた。皆川は昨冬から練習に“秘密兵器”を導入した。それが「サンドボール」。3キロの砂が入ったボールを片手でつかみ、離して、落とさないように素早くつかむ動作を毎日50回ずつ行い握力を強化した。地道な鍛錬の結果、この夏初めて背番号「1」をガッチリつかみとった。スピードも、大会前の最速143キロから一気に6キロ更新した。ネット裏では4球団が視察。ロッテ・諸積スカウトは「青藍泰斗の石川に引けをとらない」と、世代トップクラスと評される栃木の剛腕を引き合いに出し、大絶賛。上州の剛腕がエンジン全開だ。
 ロッテの諸積兼司スカウトはうなった。「真っすぐの力強さが魅力青藍泰斗の石川君と勝負できる石川、山上、皆川の北関東3人衆は凄く楽しみだね」(スポニチ)

 ■ 前橋育英・皆川、自己最速更新で5回無失点(スポーツ報知) 17/7/16

 今春センバツ出場の前橋育英は右腕・皆川喬涼が先発し、5回を1安打無失点と好投。7回コールドで3回戦突破を決めた。皆川は初回、3者連続三振と好発進。勢いのまま、毎回の10奪三振と相手を圧倒し、勝利を呼び込んだ。センバツでは背番号「8」だったが、この夏初めて「1」を背負った。冬場に走り込みやウェートトレーニングで下半身強化に取り組んだ。「一番状態が良く、練習試合の結果も出ていた」と荒井直樹監督。この日は自己最速を3キロ更新する最速146キロ。「いった感じはしなかった。もっと出せる」と更なる飛躍を誓った。夏の群馬大会2連覇には、エースの力投が必要不可欠だ。

過去記事

 ■ 前橋育英・皆川がスーパーキャッチ&好リリーフ(日刊スポーツ) 17/3/20

 前橋育英(群馬)皆川喬涼外野手(3年)がスーパーキャッチと好リリーフで勝利に貢献した。「3番中堅」で先発出場。5回表、中村・岡本の飛球をバックしてジャンピングキャッチ。6回には先発の丸山が先頭打者に安打を許すと2番手で登板。140キロ前後のストレートで無失点に抑えた。続く7回も無失点に抑え8回からは再び外野に戻った。

 ■ 前橋育英に強力四本柱(デイリースポーツ) 17/1/18

 昨秋関東大会で4強入りし、今春センバツ出場を確実にしている前橋育英。目を引くのが投手陣のポテンシャルだ。最速140キロ超の3投手に加え、プロ注目の192センチ長身右腕を擁する陣容は全国的にも異例。最速144キロの皆川喬涼外野手は、三振の取れる速球派右腕。昨春関東大会では、関東第一を1安打で7回完封した。スクワット280キロを誇るなど、筋力測定ではダントツのチームNo.1。「150キロを出したい」と、目標を掲げる。

 ■ 前橋育英2年・皆川 最遅83キロスローボール幻惑 7回零封(スポニチ) 16/5/25

 前橋育英の2年生右腕・皆川がセンバツ出場の関東第一を7回を1安打無失点に封じた。直球の最速は134キロながら「最遅」83キロのスローボールを織り交ぜて打者を幻惑し、7回1死まで無安打。「5回くらいから気づいたが、意識しないで丁寧に投げた。チームに貢献できてうれしい」。荒井直樹監督も「夏は投手が何枚かいた方がいい。(皆川が)公式戦で勝てたのは大きい」と目を細めた。

  プロフィール

 群馬県館林市出身。
 皆川 喬涼(みなかわ・きょうすけ)投手。
 館林四小1年から軟式野球を始め、館林四中では軟式野球部に所属。
 当時は投手兼内野手として起用されていた。

 前橋育英では1年秋から外野手としてベンチ入り。
 チーム事情もあって同オフから投手の練習を始め、翌2年春から背番号11の控え投手を務める。
 公式戦2度目の先発を任された関東準決・関東一戦で7回1安打0封を記録。
 最速134㌔の真っすぐに80㌔台の遅球を交え、7回1死までをノーヒットに封じる快投を見せた。
 同年夏の県大会を登板機会なく終え、本戦2回戦で1.1回1失点の夏初登板。
 一挙8失点を喫した7回表を投ゴロで終わらせ、142㌔直球で8回表を2四球1失点に抑えた。
 2年秋の大会で正ライトの座を掴み、投打の活躍で県V、関東4強入りを達成。
 控え投手として3戦15回18K、13四死球1失点、5番打者として打率.367点8を記録している。
 翌3年春の選抜に3番・中堅として臨み、7打数で2安打、1四球1盗塁をマーク。
 背走ジャンピング好捕(5回)、2回2K0封救援と、初戦・中村高戦で投守の活躍を披露した。
 3年夏になって背番号1の座を獲得し、予選で最速3キロ更新の149㌔を計測。
 続く甲子園全3戦(先発2)16回2/3で、10安打17三振、9四死球8失点の実績を残している。
 市川悠太と投げ合った2回戦・明徳戦(右手親指を攣り 降板)で白星を記録。
 最速タイ149㌔(2回表:右打者外低め)を計測し、9回途中までを4安打1死球1失点に抑えた。
 同期のチームメイトに吉沢悠、丸山和郁根岸崇裕ら。

 中央大では1年春からベンチ入り。
 同年秋のリーグ戦6試合に主にリリーフで登板し、東洋大3回戦(4回5K0封)で初白星を収めた。
 通算17試合、1勝5敗、46回、防御率6.07。

 179cm80kg、149㌔直球を持つ本格派右腕。
 ワインドアップからタメを作って重心を下げ、インステップし、肘を柔らかく使った腕の振りから投げ込む
 最速149㌔、常時140㌔強から140㌔台中盤(先発時)の伸びのある真っ直ぐと、
 120㌔前後から120㌔台の縦横のスライダー、120㌔台のチェンジアップ、110㌔前後のカーブ。
 直球とスライダーとのコンビネーションが持ち味。チェンジで左打者の空振りを誘う。
 中学時代20発の打撃を買われて高1秋から外野手としてベンチ入り。2年春から投手を任された。
 遠投110m、50m6秒0。スクワット280kg、通算8発。

  スカウトコメント

ロッテ・諸積スカウト|17/7/22
 「真っすぐの力強さが魅力。青藍泰斗の石川君と勝負できる。石川、山上、皆川の北関東3人衆は凄く楽しみだね」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年04月26日(金)|2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
本日149キロ計測
| プール | 2017年07月21日(Fri) 18:36 | URL #- [ 編集]
球場で見ました。いい投手です。球質はカミソリというよりナタのよう。体つきもいいので、楽しみな選手です。
| クロシバ | 2017年07月16日(Sun) 08:41 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(2) Page Top↑