鈴木 駿輔(青山学院大)

ここでは、「鈴木 駿輔(青山学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm75kg 右右 MAX142km スライダー・チェンジ・カーブ・フォーク 聖光学院
伸びのある直球とスライダー、チェンジアップ。内角攻めが持ち味。高2冬から投手の練習を開始した。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   16夏    回数 被安 奪三 四死 自責
   東邦高 先   9  7  5  4  2 142㌔ ○
   北海高 先   4  7  2  3  4 142㌔ ●
          13  14  7  7  6 防4.15
      被安打率9.69 奪三振率4.85 四死球率4.85

  最新記事

 ■ “二刀流”4番・鈴木駿、夏初登板で完投!聖光が2年ぶり8強(スポーツ報知) 16/8/18

 聖光学院が3回戦で、プロ注目右腕の藤嶋健人を擁する東邦を5―2で破り、2年ぶりの8強進出を決めた。先発した外野手兼任の背番号8、鈴木駿輔が7安打5奪三振と力投し、2失点完投勝利。今夏初の公式戦マウンドで最高の投球を見せた。昨冬から投手兼外野手となり、今春は県大会2試合に登板も、6月下旬に右足首靱帯を部分断裂。アイシングなど必死の治療で復帰したが、この影響で投球練習を控えていた。福島大会は登板がなかったことで“隠し玉”的存在だった。東邦の試合映像を見て、「胸元を突ける投手がいい」と起用を決めた指揮官の期待に、「気持ちで投げるのが持ち味」と話す鈴木駿が応えた。打っても2安打で、7回には盗塁も決め、5点目のホームを踏んだ。
 右打者には自己最速タイの142キロ直球で強気に内角を攻め左打者には外角のチェンジアップを効果的に使った。文句なしの133球完投勝利だった。(日刊スポーツ)

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   16夏: 3 .300 10  3 1 0 0 0 0 3 1  .462  .400

  プロフィール

 東京都練馬区出身。
 鈴木 駿輔(すずき・しゅんすけ)投手兼外野手。
 中村小学校2年から野球を始め、中村中では麻生ボーイズに所属。

 聖光学院では2年秋から3番・センターとしてベンチ入り。
 送球の良さを買われて冬から投手兼任となり、3年春の学石戦で7回14対5完投勝ちを収める。
 右足首痛で東北大会での登板はなく、4番・中堅手として7打数4安打をマーク。
 3年夏に10年連続となる福島大会Vを達成し、準々決で公式戦1号の左越え3ランを放った。
 続く甲子園で4番・中堅兼投手として10打数3安打、2戦13回7K7失点を記録。
 5月22日以来の公式戦マウンドとなった3回戦・東邦戦で見事2失点完投勝ちを挙げている。
 自己最速タイ142㌔直球で内角を攻め、7安打5K4四球に抑える粘投を披露。
 連投でのぞんだ翌日の準々決勝・北海戦は、5回途中7安打5失点、3対7で逆転負けとなった。
 チームメイトとして1学年上に今泉慶太、同期に鈴木拓人ら。

 182cm75kg、投手らしい体格の142㌔右腕。
 セットポジションから溜めを作って重心を下げ、開き早めに右ヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速142㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後の伸びのある直球と、
 120㌔前後のスライダー、120㌔前後で沈むチェンジアップ。その他にカーブ、フォークボール。
 真っすぐ主体に内角を思い切りよく攻め、スライダー、チェンジアップを織り交ぜる。
 2年冬から投手の練習を開始。3年夏甲子園で142㌔を計測した。制球にはバラツキが残る。
 セーフティーバント時の一塁到達タイム4.17秒。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-05(月)|2020年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑