吉田 高彰(上武大)

吉田 高彰(上武大)

ここでは、「吉田 高彰(上武大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



吉田 高彰(上武大)

180cm80kg 右右 捕手 遠投110m 50m6秒0 智弁学園
落ち着いたインサイドワークで投手を支える好捕手。二塁送球2.0秒前後。1年秋から正捕手を担う。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 1   -  0  0 0 0 0 0 0 0 0   -   -
   15秋: 10 .294  34 10 0 0 0 8 6 2 2  .333  .294
   16春: 10 .269  26  7 0 0 2 6 2 6 3  .406  .500(10位)
   16秋: 9 .344  32 11 2 0 1 8 4 5 2  .432  .500( 4位)
   17春: 11 .162  37  6 1 1 1 6 8 6 2  .279  .324
   17秋: 12 .229  35  8 2 0 1 3 4 4 3  .308  .371
   通算: 53 .256 164 42 5 1 5 31 24 23 12  .348  .390 
    ※ 15秋16秋:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   15神: 3 .500  8  4 0 1 0 2 0 3 1  .636  .750
   16選: 3 .444  9  4 1 0 0 0 2 2 2  .545  .556
   16神: 3 .111  9  1 0 0 0 1 1 1 0  .200  .111
   17選: 3 .091  11  1 0 0 0 0 1 0 0  .091  .091
   通算: 12 .270  37 10 1 1 0 3 4 6 3  .372  .351

 【 国際大会 】
      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   16日米: 1   -  0  0 0 0 0 0 0 0 0   -   -
   17日米: 1 .000  2  0 0 0 0 0 2 0 0  .000  .000
   通 算: 2 .000  2  0 0 0 0 0 2 0 0  .000  .000

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春: 2 .125  8  1 0 0 0 1 1 0 0  .125  .125
   14夏: 1 .000  3  0 0 0 0 0 2 0 0  .000  .000
   通算: 3 .091 11  1 0 0 0 1 3 0 0  .091  .091

  最新記事

 ■ 上武大・吉田、高校同級生の巨人岡本とプロで再会を(日刊スポーツ) 18/1/9

 昨秋の関甲新リーグで最多となる7季連続優勝を飾った上武大が8日、同大グラウンドで始動し、ドラフト候補の吉田高彰捕手がプロ入りへの決意を明かした。「岡本はプロで結果を出している。自分も頑張らないといけない」。年末に奈良へ帰省した際、智弁学園の同期の巨人岡本とプロでの再会を約束した。吉田は二塁送球1・8秒台の強肩で、50メートル走は6秒0。2年時に大学日本代表にも選ばれた。谷口英規監督も「最近では珍しいキャッチャーらしいキャッチャー」と攻守の要として期待する。

   【全国大会での二塁送球タイム】
     15秋1回戦5回裏:2.07秒(右打者の外直球、アウト)
     16秋1回戦8回表:2.10秒(右打者外変化球、アウト)
     16秋2回戦8回裏:2.01秒(左打者の外直球、アウト)
     17春2回戦1回裏:約1.95秒(右打者外スラ、セーフ) ※ショート後逸のため概算

 ■ 上武大・吉田4失点反省 今秋ドラフト候補捕手「8連覇目指す」(スポニチ) 18/3/6

 上武大は5日、群馬県伊勢崎市の同大球場でセガサミーとオープン戦を行い3―4で敗れた。今秋ドラフト候補の捕手・吉田は日本ハムロッテのスカウトが視察する中、バッテリーとして4失点したことを反省し「開幕までにプラスアルファを積み上げて8連覇を目指したい」と気を引き締めた。

  プロフィール

 奈良県奈良市出身。
 吉田 高彰(よしだ・たかあき)捕手。
 辰市小時代に軟式野球を始め、都南中では奈良シニアに所属。

 智弁学園では2年秋に正捕手の座を獲得。
 3年春(2回戦)、夏(1回戦)の甲子園に出場し、春1回戦・三重戦で中前タイムリーを記録した。
 同学年に岡本和真、1学年下に広岡大志ら。

 上武大では1年春からベンチ入り。
 同年秋のリーグ戦で正妻の座を獲得し、34打数10安打、打率.294本0点8でベストナインに輝く。
 翌2年秋に打率.344(4位)のキャリアハイで2季ぶり2度目のベストナインを受賞。
 5季連続V(チーム7季)に正捕手として貢献し、通算打率.256、42安打5発の実績を残した。
 全国大会には1・2年秋(4強)の神宮、および2・3年春(4強)の選手権に出場。
 7・8番・捕手として全12戦で先発マスクを被り、37打数で10安打、打率.270点3をマークした。
 左中間適時3塁打(外直球)、三塁内安2本と、1年秋1回戦で3安打を記録。
 守備でも二盗を阻止(三振ゲッツー)する到達タイム2.07秒の好スローイングを披露している。
 2年春初戦2回戦で甘いスライダーを左翼フェンス上部に直撃させるツーベース。
 中前打(外寄り直球)、左前打(外寄りスラ)と、準決勝・中学大戦で2安打の奮闘を見せた。
 小野泰己と対戦した2年秋の神宮1回戦で先制中安(外低目142㌔)を記録。
 控え捕手として2年3年夏の日米野球に出場し、各大会1試合ずつ途中起用でマスクを被った。
 通算53試合、打率.256、42安打、5本塁打、31打点。 

 180cm80kg、経験豊富なプロ注目キャッチャー。
 落ち着いたインサイドワークで投手陣を支える好捕手。強豪で1年秋に正捕手の座を掴んだ。
 遠投110m、二塁到達2.0秒前後から2.0秒台のスローイングで補殺を記録する。
 プロから上武大史上No.1捕手と評される資質の持ち主。2年生で日本代表に選出された。
 関甲新リーグ通算5本塁打、振り切るスイングで左方向中心に弾き返す右打者。
 50m走6秒0、右打者で一塁到達タイム4.4秒前後をマークするまずまずの脚力を兼ね備える。
 1年秋から4季連続の全国4強進出を達成した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-04-13(金)|2018年大学生野手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生野手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑