柴田 祐斗(東京国際大)

ここでは、「柴田 祐斗(東京国際大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



174cm78kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ 青森山田高
最速148㌔直球を持つ力投型右腕。直球主体の投球が持ち味。骨盤トレでコントロールを改善した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   15春: 5  3勝1敗   28  19  9  15  4  1.29(2位)
   15秋: 5  1勝3敗  30.1  28  24  10  6  1.78(4位)
   16春: 5  3勝2敗   35  28  23  18  10  2.57(8位)
   16秋: 9  2勝3敗  31.1  26  21  13  11  2.59(6位)
   通算: 24  9勝9敗 124.2 101  77  56  31  2.24
          被安打率7.29 奪三振率5.56 四死球率4.04
    ※ 15秋:最優秀新人

投手成績詳細

   16春    回数 被安 奪三 四死 失点
   杏林大 先   6  6  4  2  3 ●
   流経大 先   9  6  8  4  0 ○封
   創価大 先   9  5  3  3  3 ○
   高千穂 先   6  5  5  2  1 ○
   共栄大 先   5  6  2  7  6 ●
          35  28  23  18  10 防2.57
      被安打率7.20 奪三振率5.91 四死球率4.63

  最新記事

 ■ 東京国際大・柴田祐11K完封(西日本スポーツ) 16/9/2

 骨盤トレーニングの成果だ。東京国際大の148キロ右腕・柴田祐はカーブ、スライダーの制球がよく、直球も最速146キロをマークし、11奪三振で完封勝ち。「春は真っすぐばかりでしたが、スライダー、カーブでストライクが取れるようになりました」。投手担当である石田コーチの指導で、骨盤周りを柔らかくし、軸足でまっすぐ立てるようにフォームを改造、制球力が増した。共栄大と優勝争いした春は、王手をかけられての2回戦で序盤から失点を重ねて完敗。「期するものもあって取り組んだと思います」と山中潔監督も期待。技術面だけでなく、シーズン通してバテない体もつくった。

   16秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   高千穂 先   9  3  11  3  0 ○封146㌔
   創価大 先   4  5  2  4  4 ●
          3.2  2  0  1  0 ○
          4.2  2  1  4  0
   杏林大     1  1  0  0  0 
           1  0  3  0  0
          4.2  3  2  0  1 ●
   共栄大    2.1  3  2  1  2
           1  7  0  0  4 ●
         31.1  26  21  13  11 防2.59
      被安打率7.47 奪三振率6.03 四死球率3.73

  プロフィール

 青森県青森市出身。
 柴田 祐斗(しばた・ゆうと)投手。
 青森山田中学校時代は青森シニアでプレー。

 青森山田では1年時からベンチ入り。
 1年秋、2年秋の青森大会Vに主戦として貢献し、2年秋に東北大会4強進出の実績を残した。
 松本裕樹と投げ合った2回戦・盛岡大附属戦で8安打3対2完投勝利をマーク。
 9四死球を出しながらも粘りの投球で試合を作り、自己最速を3㌔更新する143㌔を計測した。
 1学年上のチームメイトに西村凌捕手ら。

 東京国際大では1年春からリーグ戦に出場。
 先発・リリーフで5試合28回に起用され、3勝(1完1封)、防御率1.29で投手十傑入りを果たす。
 第6週・共栄大学3回戦で4安打無四球リーグ戦初完投初完封勝利をマーク。
 以降24試合(先発13)、124.2回に登板し、2年秋までに通算9勝(5完3封)の実績を残した。
 2位浮上を達成した2年春のリーグ戦で先発2番手として3勝(2完1封)を記録。
 同年秋の高千穂2回戦で最速146㌔を計測し、散発3安打11奪三振完封の好投を披露した。
 通算24試合、9勝(5完投3完封)9敗、124.2回、防御率2.24。

 174cm78kg、力投型の最速148㌔右腕。
 セットポジションから投げ込む最速148㌔のストレートが武器。スライダー、カーブを織り交ぜる。
 威力のある真っすぐ主体に投げ込み、打者を力で押すピッチングが持ち味。
 大学進学後148㌔まで球速をアップ。骨盤トレーニングにより課題のコントロールを改善した。
 被安打率7.29、奪三振率5.56、四死球率4.04。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-19(月)|2018年大学生投手 | 東京新大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 東京新大学 コメント(0) Page Top↑