鈴木 遼太郎(東北学院大)

ここでは、「鈴木 遼太郎(東北学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm78kg 右右 MAX147km スライダー・チェンジ 石巻西
最速147㌔の直球とスライダー。低めを意識した投球が身上。3年春にリーグ最多タイ5勝を記録した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:         登板無し
   14秋:         登板無し
   15春:         登板無し
   15秋: 8  3勝3敗  43.1  33  38  11  10  2.08(4位)
   16春: 9  5勝2敗  69.2  34  63  26  9  1.16(4位)
   16秋: 8  3勝3敗   52  45  46  25  21  3.63
   17春: 8  2勝2敗   51  32  63  17  7  1.24(4位)
   通算: 33 13勝10敗  216 144 210  79  47  1.96
          被安打率6.00 奪三振率8.75 四死球率3.29
    ※ 15秋:最優秀新人賞 16春:敢闘賞

投手成績詳細

   15秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   宮教大    4.1  1  4  0  0 ○
   東北大     2  1  3  2  0
   東工大 先  9.2  5  15  2  0 ○封
           3  3  3  0  1 
   仙台大 先   9  7  2  3  2 ●
          1.1  3  2  0  2 ●
   福祉大 先   9  7  6  2  3 ○
       先   5  6  3  2  5 ●
         43.1  33  38  11  13 防2.08
      被安打率6.85 奪三振率7.89 四死球率2.28

   16春    回数 被安 奪三 四死 失点
   東北大 先   8  5  9  5  1 ○
       先   9  4  11  2  2 ○
   宮教大 先   9  3  8  2  0 ○封
   東工大 先   9  3  12  0  1 ○
   福祉大 先   9  5  8  7  3 ●
           5  5  3  1  2 
   仙台大 先  9.2  5  7  2  4 ●
           2  1  2  1  0
       先   9  3  3  6  0 ○封
         69.2  34  63  26  13 防1.16
      被安打率4.39 奪三振率8.14 四死球率3.36

   16秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   東北大 先  9.2  7  8  3  3 ○147㌔
       先   5  8  5  2  5
   東工大 先  8.1  3  11  3  0 ○
   宮教大 先   5  6  6  2  6 ●
           3  5  4  1  2
   仙台大 先   5  5  4  8  5 ●
   福祉大 先   8  5  4  4  3 ○
       先   8  6  4  2  5 ●
          52  45  46  25  29 防5.02(誤差あり)
      被安打率7.79 奪三振率7.96 四死球率4.33

  最新記事

 ■ 東北学院大プロ注目・鈴木遼太郎が11K完投(日刊スポーツ) 17/4/25

 東北学院大は6-2で東北工大との3戦勝負を制し、勝ち点1を積み上げた。3連投のプロ注目右腕・鈴木遼太郎(4年=石巻西)が7者連続を含む計11奪三振の力投で3安打2失点(自責1点)で完投した。楽天を始めプロ6球団スカウトが注目したマウンドで、最速144キロをマーク。鈴木遼は「ギアを上げて三振を狙った。連投できることも確認できて自信になった」と胸を張った。

   17春    回数 被安 奪三 四死 失点
   宮教大 先   9  4  12  3  0 ○封
   東工大 先   8  5  12  2  1 ●
          1.2  2  4  1  0
       先   9  3  11  3  2 ○ 144㌔…7者連続K
   仙台大 先   7  5  10  3  4 ●
          5.2  3  6  2  0
   東北大 先   5  6  6  1  5
   福祉大    5.2  4  2  2    
          51  32  63  17    防1.24
      被安打率5.65 奪三振率9.35 四死球率3.00

  東工大4勝1敗、東北大3勝0敗、宮教大3勝1敗、福祉大2勝3敗、仙台大1勝5敗

 ■ 東北学院大、白星発進…鈴木、水難事故死の同級生にV誓う(スポーツ報知) 17/4/16

 東北学院大が宮城教育大に2―0で勝ち、リーグ初戦を白星で飾った。エース右腕・鈴木遼太郎が、毎回の12奪三振で4安打完封。1月に復帰した菅井徳雄監督の初戦に加え、3月の高知合宿中に同級生の民部田竜也さんが亡くなった水難事故から、初の公式戦。エースとして負けるわけにはいかなかった。序盤はオープン戦などを通じて自信をつけた直球で押したが、緊張もあり、1、2回は得点圏に走者を進めるなど波に乗れなかった。「それは自分の投球じゃない」(鈴木遼)と、スライダーなどを交えて打たせて取る投球に変化5回以降はわずか1安打、二塁を踏ませぬ好投をみせた。

 ■ 東北学院大・鈴木、本田圭佑先輩流のウェートトレを導入(スポーツ報知) 17/3/3

 東北学院大のエース鈴木遼太郎(3年)が、雪辱を目指し鍛錬を積んできた。チームは3日から高知合宿を開始。同校OBで現西武の本田圭佑投手(23)のように、冬場の成長を4月開幕の春季リーグ戦につなげる。「(昨秋は)抑えよう、三振を取ろうと気持ちが出過ぎた」と鈴木が振り返った。部員数人がサッカー部員の働く飲食店で安価で食事提供を受けたとして、チームは5月から3か月活動を停止。約1週間の準備期間で臨んだ昨秋リーグ戦は3位も5勝7敗と負け越し、鈴木も3勝3敗に終わった。「本田さんもこの時期にやって伸びたなと思った」(鈴木)と、冬場に本格的なウェートトレを導入。週3~4回、基礎体力や体幹などを強化した。鈴木も「力を入れなくても球がいく」と手応え。自己最速147キロの更新も夢ではない。高い制球力を武器に打たせて取る投球術は本田と共通する点だ。

過去記事

 ■ 学院大先勝3位確定(河北新報) 16/10/16

 学院大がBクラス転落の危機を脱した。八回、2死無走者からの5連打で3得点し、逆転勝ち。昨秋以来となる福祉大戦の白星で3位を確定させた。1970年のリーグ創設以来、Bクラスはない。今季は部員の不祥事で監督が辞任した影響で、宮教大に33年ぶりに勝ち点を奪われるなど不振に陥った。
 部員の不祥事でチームは3カ月間の活動停止処分を受け、21日に練習を再開したばかり。対外試合は一つしかできなかった。今季のリーグ戦は監督が不在で、小野主将は「不安はあるが、プラスの面を見つけてやっていく。目の前の試合を全力で戦いたい」と話す。(河北新報16/8/29)

 ■ 東北学院大・鈴木遼、延長タイブレイク投げ抜き完投で今季初勝利(スポーツ報知) 16/9/1

 東北学院大のエース右腕・鈴木遼太郎(3年)=石巻西=が、延長10回タイブレイクまで投げ抜き、9回2/3を7安打3失点完投。今季初勝利を挙げ、チームに開幕カードで勝ち点をもたらした。8月22日のオープン戦で右手人さし指と中指にまめができたが、痛みを押してこの日は自己最速となる147キロを計測するなど、8奪三振、132球の熱投を見せた。1―0の5回に3点を奪われて逆転を許したが、味方が6回に同点に追い付いた。鈴木遼は「頑張りました。追い付いてもらい、意地でも点を取られないつもりだった」と、野手に感謝していた。

  プロフィール

 宮城県石巻市出身。
 鈴木 遼太郎(すずき・りょうたろう)投手。
 石巻市立蛇田中学校時代は軟式野球部でプレー。

 石巻西では旧チームから主戦として活躍。
 2年夏の宮城大会全4試合の先発投手を務め、合計32回5失点の力投で8強入りを達成した。
 今野龍太と投げ合った初戦2回戦・岩出山戦で3安打3対1完投勝ちをマーク。
 3回戦・岩ケ崎高戦で7回無失点の好投を演じ、4回戦・松島戦で5安打7K完封勝ちを挙げた。
 県大会ベスト8が最高成績。甲子園経験は無し。

 東北学院大では2年秋からリーグ戦に出場。
 先発救援でチーム最多8試合、43.1回に登板し、3勝3敗、防2.08(4位)で新人賞を獲得する。
 工大2回戦で10回TB1対0完封勝ち、福祉大1回戦で5対3完投勝ちを記録。
 翌3年春に主戦(1回戦5カード)の座を掴み、最多タイ5勝、63Kの奮闘で敢闘賞を受賞した。
 その後、6月に部員不祥事が発覚し、監督辞任及び3ヵ月の活動停止が決定。
 同年秋の開幕戦で最速147㌔を計測したが、調整不足否めず最終的には防3.63に沈んだ。
 監督が復帰した翌4年春のリーグ戦で、51回63K、防1.24の復調ピッチを披露。
 6球団スカウトが集結した工大3回戦(144㌔マーク)で7者連続を含む11Kの力投を演じている。
 通算33試合、13勝(10完投4完封)10敗、216回、防御率1.96。

 183cm78kg、最速147㌔のスリークォーター右腕。
 セットから左腕を掲げてインステップ気味に着地し、左手のグラブを下げてヒジを使った腕の振りから
 投げ込む最速147㌔のストレートと、縦横2種類のスライダー、チェンジアップ。
 低めを意識したピッチングが身上。本田圭佑(西武)の後を受けて3年春から先発1番手を務める。
 通算216回で210K(率8.75)、79四死球(率3.29)。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-03(土)|2017年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
チーム的に岸、本田を輩出したチームだけに西武も下位指名あるかも知れませんね。
個人的には楽天が6位くらいで獲ると思っていますが。
| ぽにぽにぽにー | 2017年06月05日(Mon) 13:22 | URL #- [ 編集]
2017年春季リーグ戦成績
8試合51回2勝2敗防御率1.24
被安打32四死球17奪三振63自責点7
| ハルタカ | 2017年06月02日(Fri) 17:53 | URL #- [ 編集]
4/29に東北福祉大球場での仙台大戦の登板を現地観戦しました。(実は11年ぶりに仙六リーグを観戦しました。)

低めに丁寧に投げようとする意識が強過ぎるのか?ベース前でワンバンすることが多かったです。捕手の後逸も多かったせいか、甘めの高さに入るストレートを狙い撃ちされて、この日は降板しました。

仙六リーグなので、好投手は福祉大戦、仙台大戦にどういう内容のピッチングができるか?で評価が決まるでしょうね。
せっかく三振の取れるストレートを持っているので、縦横スライダーにもうちょっとキレが欲しいなあ・・・と思ったのが感想です。

もう一度観てみたい投手です。

| タカ | 2017年05月05日(Fri) 17:00 | URL #vfizc0bM [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(3) Page Top↑