木下 雄介(徳島インディゴソックス)

ここでは、「木下 雄介(徳島インディゴソックス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm78kg 右右 MAX150km スライダー・カーブ・フォーク・ツーシーム 駒大中退 23歳
威力ある直球を武器とするリリーフ右腕。ブランクを乗り越えて150㌔を計測した。制球に課題が残る。
2016年中日育成1位(支度金200万円、年俸300万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15年: 15 1勝0敗   19.1  27  8  5  11  5.12
   16年: 28 1勝2敗3S  44.1  42  34  19  17  3.45
   通算: 43 2勝2敗3S  63.2  69  42  24  28  3.96
          被安打率9.75 奪三振率5.94 四死球率3.39

  最新記事

 ■ インディゴ木下、中日と仮契約 「チャンスで結果残す」(徳島新聞) 16/11/10

 中日から育成ドラフト1位で指名された徳島インディゴソックスの木下雄介投手(23)=生光学園高-駒澤大中退=の入団が9日、決まった。徳島市のホテルクレメント徳島で入団交渉があり、支度金200万円、年俸300万円(金額は推定)で仮契約した。入団発表は12月12日に名古屋市内で行われ、未決定の背番号も発表される。交渉後、会見に臨んだ木下は「契約し、より気持ちが引き締まった。自慢の直球を生かす投球をしたい。チャンスで結果を残してみせる」と意気込みを語った。中日の中田宗男スカウト部長は「肩の柔らかさと球の力強さが魅力。実戦を積んで支配下登録を目指してほしい」。中島輝士監督は「覚悟を持って挑戦し、徳島インディゴソックス出身選手の名に恥じないプレーをしてほしい」と激励した。

 ■ 竜育成1位・木下 駒大同期・今永に「追いつきたい」(中日スポーツ) 16/11/2

 中日の中田宗男スカウト部長らが1日、育成ドラフト1位で指名した四国アイランドリーグplus徳島の木下雄介投手(23)に徳島市内で指名あいさつした。端正なマスクとは対照的に、歩んできた道のりは平坦ではない。駒大進学後、環境になじめずに半年足らずで退部。大学も辞め、大阪の実家に戻った。練習も兼ねてスポーツジムのインストラクターとして働き、日雇いで冷蔵庫の配送やイベント会場の設営なども経験。それから不動産会社に就職し「電話営業を頑張っていました」。だんだん野球と疎遠になっていた3年前、開幕から24連勝を達成した楽天・田中将大の姿をテレビで見て「もう一度、三振がとりたい」と再燃。およそ2年間のブランクの末、独立リーグの門をたたいた。分岐点となった駒大で同期だったのが、ことしドラフト1位でDeNAに入団した今永。先発ローテとして8勝を挙げた姿に「1年目からすごい」と素直に感服。今でも連絡を取り、練習法を聞くことも。華やかさは自らにはないが、プロの舞台に追いつき「はい上がって、追いつきたい。やるしかない」と挑む。最大の売りは最速150キロの直球。クセのないフォームの本格右腕で、中田部長も「肩肘が柔らかく、しなやかな腕の振りに魅力を感じる」と強調する。「空振りが取れる真っすぐを目指し、勝負していきたい」と木下。遠回りをしてきた分、これからは一直線にキャリアを積み重ねていく。

  プロフィール

 大阪府大阪市出身。
 木下 雄介(きのした・ゆうすけ)投手。
 小学校3年時から軟式野球を始め、加美中では加美ウイングスに所属。

 生光学園では3年夏に県大会準Vを達成。
 背番号10で全5試合(先発5)32.1回に登板し、22安打17四死球、26K9失点の力投を見せた。
 城南高校戦で4安打1対0完封勝利、鳴門戦で2安打3対1完投勝利を記録。
 初Vがかかった決勝・徳島商戦は、3.2回6四死球2失点KO、13回2対3サヨナラで敗戦となった。
 県大会準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 駒大時代(2012年春秋)にリーグ戦登板経験は無し。
 2年間のブランクを経て個別トライアウトを受験し、2015年3月に徳島ISと練習生契約を結んだ。
 同期のチームメイトとして今永昇太(DeNA15年1位)ら。

 徳島ISでは1年目からリーグ戦に出場。
 主に救援で19.1回に起用されたが、思う様な投球が出来ず、5点台の防御率で1年目を終える。
 実戦復帰2年目の16年になって44回1/3で34K(率6.90)、防御率3.45をマーク。
 課題であった不安定なコントロールを改善し、最速150㌔直球を武器に主にリリーフで活躍した。
 リーグ通算43試合、2勝2敗3S、63.2回、防御率3.96。

 182cm78kg、最速150㌔直球を持つリリーフ右腕。
 セットから重心を下げて大きめのテイクバックを取り、クロス気味に右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速150㌔の威力ある直球と、スライダー、カーブ、フォーク、ツーシーム。
 ストレートで押すリリーフ右腕。ブランクを乗り越えて150㌔を計測した。制球力にはバラツキが残る。
 2年目の被安打率8.53、奪三振率6.90、四死球率3.86。

  スカウトコメント

中日・中田宗男スカウト部長|16/11/10
 「肩の柔らかさと球の力強さが魅力。実戦を積んで支配下登録を目指してほしい」
中日・音重鎮スカウト|16/11/2
 「伸びしろがある。1イニングをきっちり抑えられる投手になってほしい」
中日・中田部長|16/11/2
 「肩肘が柔らかく、しなやかな腕の振りに魅力を感じる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-22(火)|2016年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑