石川 裕也(東京ガス)

ここでは、「石川 裕也(東京ガス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



178cm75kg 右左 遊撃手 50m6秒2 東海大相模→日大国際関係学部 1年目
バランスの取れた3番・ショート。4年時に2季連続MVP。打率4割、20安打で首位打者を獲得した。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打  安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13秋: 3 .500  4  2 0 1 0 0 2 0   .500 1.000
   14春: 14 .339  56  19 1 2 0 10 1 4   .383  .429
   14秋: 15 .218  55  12 3 0 0 6 8 9   .328  .273
   15春: 12 .214  42  9 2 1 0 6 4 13   .400  .310
   15秋: 13 .163  43  7 0 2 0 5 5 10   .321  .256
   16春: 12 .410  39  16 1 3 1 10 6 8   .511  .667(2位)
   16秋: 14 .400  50  20 3 2 1 10 6 8   .483  .600(1位)
   通算: 83 .294 289  85 10 11 2 47 32 52   .402  .426

   (静岡) 16春秋:MVP 16秋:首位打者 16春秋:ベストナイン
   (東海)15秋16春:優秀選手 16春:首位打者 16春:ベストナイン

  最新記事

 ■ 日大国際・石川主将 MVPなど個人3冠獲得(スポーツ報知) 16/10/14

 日大国際の3季連続優勝に貢献した主将の石川裕也遊撃手が最高殊勲選手、首位打者、ベストナインの個人タイトル3冠に輝いた。「個人タイトルは狙っていなかった。MVPは主将だからかもしれないが、改めて優勝したという実感が湧いた」。両手に抱えきれない賞状、トロフィー2個、そして胸に輝く金メダルに思わず笑顔がこぼれた。打率4割で首位打者を初受賞。今春(4割1分)よりも打率は低かったが、1シーズンの自身最多安打で2年春にマークした19安打を1本上回った。「チームのために(20本も)打てたことが何よりうれしい」。広角打法でヒットを積み重ね、チーム最多11打点とチャンスに強さを見せた。来春は社会人の名門・東京ガス入りが内定。その前に大学最後の神宮切符をかけた戦いを残す。「ここからが本当の勝負です。東海を1位で3連盟王座決定戦に挑む」。県リーグ同様、強いリーダーシップを発揮し、夢舞台を目指していく。

 ■ 日大国際・石川が東京ガス入り「将来プロ入りを目指したい」(スポーツ報知) 16/10/4

 日大国際関係学部野球部の石川裕也内野手(4年、主将)が3日、社会人野球の名門・東京ガス入りが決まった。この日は優勝争い中の静岡学生野球秋季リーグ・静岡産業大戦に出場予定だったが、雨天中止となり、急きょ都内で行われた同社の内定式に出席した。日大国際野球部からは初の東京ガス入り。東都や六大学リーグ出身選手が多いが「東海の代表として頑張る。レベルが高い東京のリーグで自分を試して、将来プロ入りを目指したい」。内定式に出席し、決意を新たにした。俊足巧打、堅実な守備と走攻守そろった逸材に、巨人阪神などプロ4球団が視察に訪れたようだが、今回はプロ志望届提出を見送った。「まだ体の線が細いので、社会人でしっかりと作る。目標は走攻守に優れた広島の田中(広輔)選手です」と、東海大相模の先輩の名を挙げ、夢実現にかけていく。日大国際・和泉貴樹監督は「石川も2、3年後にプロ入りし、柿沼とともに世代交代の先陣を切ってほしい」と期待を込めた。

  プロフィール

 神奈川県横浜市生まれ。
 石川 裕也(いしかわ・ゆうや)遊撃手。
 小2から瀬谷リトルで野球を始め、瀬谷中では瀬谷シニアに所属。

 東海大相模では1年時からベンチ入り。
 2年春の選抜で11年ぶりV(出場無し)を経験し、田中が抜けた同年秋から正二塁手を務める。
 3年夏の神奈川大会は荒川雅樹擁する立花学園に2対4で敗れ4回戦敗退。
 黒木優太(現立正大)と対戦した3回戦・橘学苑戦で中前打、右翼線ツーベースをマークした。
 同学年のチームメイトとして森下翔平ら。

 日大国際関係学部では1年時からリーグ戦に出場。
 2年春に3番・遊撃手レギュラーの座をつかみ、56打数で19安打、打率.339点10の実績を残す。
 以降、主に3、1番・遊撃として活躍し、通算85安打、打率.294本2点47をマーク。
 打率4割超の好成績を残した4年春秋に、2季連続MVP、ベストナインのタイトルを受賞した。
 春・常葉富士大2回戦で5の5、4打点、静産1回戦で左右への三塁打を記録。
 自己最多20安打6長打を積み上げた秋のリーグ戦で首位打者(打率.400)を獲得している。
 その他、4年春の東海選手権で優秀選手、遊撃ベストナイン、首位打者を獲得。
 中京学院大・栁川優太から2安打を放つなど、2試合8打数で4安打2打点の活躍を披露した。
 通算83試合、打率.294、85安打、2本塁打、47打点。

 178cm75kg、バランスの取れたプロ注目遊撃手。
 通算2本塁打、振り切るスイングから鋭い当たりを放つ左の好打者。主に3、1番打者を務める。
 静岡リーグ通算83試合で85安打23長打(二塁打10、三塁打11)を記録した。
 巨人、阪神など4球団スカウトが注目。東海大相模時代は8番・セカンドとして起用されていた。
 キャプテンとしてもチームを牽引する。50m走6秒2。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-04(金)|2018年社会人野手 | 東海地区大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人野手 | 東海地区大学 コメント(0) Page Top↑