横川 凱(大阪桐蔭)

ここでは、「横川 凱(大阪桐蔭)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



横川 凱(大阪桐蔭)

190cm82kg 左左 MAX144km スライダー
角度のある144㌔直球とキレの良いスライダー。1年秋からベンチ入り。2年春選抜で142㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合    回数 被安 奪三 四死 自責
   17春: 1 先  0.1  3  1  1  4 142㌔ 静岡高校
   通算: 1    0.1  3  1  1  4 防108.00    
       被安打率81.00 奪三振率27.00 四死球率27.00

  最新記事

 ■ センバツ王者の大阪桐蔭、3試合連続コールド勝ち(デイリースポーツ) 17/4/29

 今春センバツを制した大阪桐蔭が、東淀川を五回コールドで下して、3試合連続のコールド勝ちを決めた。先発・横川凱投手(2年)は、四回2死まで1人の走者も出さず、5回1安打無失点。7三振を奪う快投を見せた。「今日はカウントが悪くなっても攻めて行けた。それが一番よかった」と振り返った。同級生の根尾昂外野手、藤原恭大外野手らとともにプロからも注目される逸材。しかし、今春センバツでは2回戦・静岡戦に先発して0回1/3を5失点で降板した。「あの試合は考えが甘いと感じたあれからは1球にこだわってやっている」と、夏までにエース・徳山壮磨投手に続く存在を目指す。

   17春         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:大阪園芸 先   4  4  8     0
   3回戦:東淀川高 先   5  1  7     0封
   5回戦:大阪偕星 先   5  4  4  1  1
   準決勝:東海仰星 先   7  4       2
               21  13       3 防1.29(失点から計算)

 ■ 大阪桐蔭、17安打21得点で圧勝 左腕・横川、4回無失点8K(スポニチ) 17/4/23

 大阪桐蔭が17安打21得点で大阪園芸に圧勝した。先発した2年生の横川が4回を被安打4の8奪三振、無失点最速144キロの大型左腕は「テンポよく投げることができました」と手応えを示した。西谷浩一監督が「(エースの)徳山以外の投手を育てること」に重きを置く今大会。背番号18にかかる期待は大きい。横川は「徳山さんのように落ち着いた投球をしたい」と先をにらんだ。

 ■ 大阪桐蔭の140キロ台カルテットがセンバツ制覇に向け始動(デイリースポーツ) 17/1/4

 今春のセンバツ出場が濃厚な大阪桐蔭が4日、大阪府大東市の同校グラウンドで始動した。左肩痛で秋は本領が発揮できなかった143キロ左腕の横川は「もう大丈夫」と笑顔。189センチの身長は「まだ伸び続けている」と言い「身長の高い(阪神)藤浪さんや(日本ハム)大谷さんが目標。甲子園で投げられたら全国で名前を上げたい」と夢を語った。
 名前の由来は「凱旋(がいせん)」から。「戦いに勝って帰ってくることが凱旋なので、センバツでは日本一になって優勝旗を持って帰りたい」。父(187センチ)、母(167センチ)、姉(170センチ)と背の高さは家族譲りだ。(毎日新聞)

   16秋      回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:和 泉   2  1  2  0  0
   準決勝:履正社  0.1  1  0  2  0
            2.1  2  2  2  0 防0.00

  プロフィール

 滋賀県米原市出身。
 横川 凱(よこがわ・かい)投手。
 柏原小3年からJBC山東で野球を始め、大東中学校では湖北ボーイズに所属。
 中3夏にNOMOジャパンで米遠征を経験した。

 大阪桐蔭では1年秋から背番号10でベンチ入り。
 大阪大会2回戦・和泉戦に2番手として登板し、2回2K無失点の好リリーフでデビュー戦を飾る。
 翌2年春の選抜2回戦で1回途中ノックアウトのホロ苦い甲子園初登板を経験。
 大舞台で最速142㌔を計測したが、複数の課題を露呈し、自らの失策も絡んで5失点を喫した。
 同期のチームメイトに根尾昂柿木蓮藤原恭大ら。

 190cm82kg、143㌔直球を持つ長身細身の左腕。
 ノーワインドアップから重心を下げてインステップし、左肘を柔らかく使った腕の振りから投げ下ろす
 最速144㌔、常時130㌔台前半から140㌔強の真っすぐと、120㌔台のスライダー。
 角度ある直球とキレの良いスライダーとのコンビネーションが持ち味。制球にはバラツキが残る。
 ポテンシャルの高さが魅力の最速143㌔長身サウスポー。フィールディングが課題。
 全体のバランスが良い投球フォームから投げ込んでいく。2年春の選抜で最速142㌔を計測した。
 遠投110m、50m6秒8。藤浪晋太郎に憧れを持つ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-15(月)|2018年高校生投手 | コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
http://www.hb-nippon.com/sp/player/13608

横川投手の動画を観ると、1塁ランナーを牽制で刺す場面が多く見受けられますね。
上記のリンクにもありますが、本人も牽制には自信を持っている様子。

セールスポイントの1つとして付記しておいても良いかと思われます。
| にゃん | 2017年05月16日(Tue) 07:26 | URL #aF03qbSI [ 編集]
先日の静岡戦が初見だったが、期待とは裏腹に全くの期待外れでした。

球威もキレも…
コントロールもフォームも…

今が2年春、高卒からのプロ入りは難しいのではないか?との印象。
| 匿名 | 2017年03月29日(Wed) 00:53 | URL #- [ 編集]
将来性に期待が持てそうなサウスポー。2年後が楽しみ。
| 賀前酉黒才 | 2017年02月04日(Sat) 01:39 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年高校生投手 | コメント(3) Page Top↑