正木 智也(慶大)|ドラフト・レポート

正木 智也(慶大)

ここでは、「正木 智也(慶大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



正木 智也(慶大)

182cm87kg 右右 外野手 遠投100m 50m6秒5 慶應義塾高
高校通算50発、飛ばす力が魅力の右の強打者。高2夏の県大会で3発、ハマスタで特大弾を放った。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18春: 9 .231  13  3 1 0 0 3 3 2 0  .333  .308
   18秋: 5 .400  5  2 0 0 0 4 0 1 0  .500  .400
   通算: 14 .278  18  5 1 0 0 7 3 3 0  .381  .333

  最新記事

 ■ 慶応・正木、50号&勝ち越し三塁打も逆転負け(スポーツ報知) 17/7/26

 慶応の4番・正木智也右翼手が2回、中越えに通算50本目となるソロを放つなど、4安打2打点の活躍も勝利には結びつかなかった。同点の8回2死一塁からは初球の直球を捉え、一時勝ち越しとなる適時三塁打。しかし、直後に4点を失い逆転負けで夏が終わった。「やることはやったので悔いはない。(進路は)決まっていないが大学で野球を続けたい」と涙まじりに次のステージでの飛躍を誓った。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16夏予: 7 .400 25 10 3 0 3 11 4 2 0  .444  .880(4番・左)
   17夏予: 5 .550 20 11 2 2 2 6 0 4 3  .625 1.150(4番・右)
   通 算: 12 .467 45 21 5 2 5 17 4 6 3  .529 1.000

 ■ プロ注目の慶応・正木 49号含む3安打 サイクルあと一歩(スポニチ) 17/7/19

 注目のスラッガー、慶応・正木が光明相模原戦で、高校通算49号を含む3安打3打点。二塁打が出ればサイクル安打となった9回は、二ゴロに倒れたが「(中越えへの本塁打は)入ると思わなかった。いい感じで打席に入れていた」と復調気配を見せた。

 ■ プロ注目対決!慶応・正木が秀岳館・田浦から2安打(日刊スポーツ) 17/5/13

 高校通算41本塁打の慶応・正木智也外野手(3年)が、プロ注目の対決で2安打を放った。早実とともに、熊本での招待試合に参加。この日は秀岳館と対戦し、最速144キロの好左腕・田浦から2安打をマークした。「自分が100%を出すことを考えた。今日はいい状態で入れた」と振り返った。

過去記事

 ■ 今秋ドラフト候補 慶応・正木は38号 清宮は「意識しない」(スポニチ) 17/4/16

 今秋ドラフト候補の慶応の4番・正木が高校通算38本目となる決勝2ランを放った。0―0の3回2死二塁、内角スライダーを捉えた打球は風に乗って左翼フェンスをギリギリ越えた。昨秋から練習中におにぎり6個を食べ、体重は5キロ増の85キロとパワーアップ。この日、早実・清宮が2本塁打したが「意識はしていません」ときっぱり。「とにかくバットをたくさん振って自信をつけたい」とアーチ量産を誓った。

 ■ 慶応・正木は関東屈指の右の強打者/ドラフト候補(日刊スポーツ) 16/12/31

 慶応・正木智也外野手は、高校生では関東屈指の右のスラッガーとして、活躍が注目される。秋の関東大会後は週ごとに自らで課題を設定。外角のボールや変化球への対応などをテーマに、バットを振り込む。兄の影響で小2から野球を始め、投手、遊撃手、捕手などを経験し、中学時代に所属した世田谷西シニアでは外野と一塁を守った。

 ■ プロ注目、慶応・正木 超特大33号「一番の当たり」(スポニチ) 16/10/24

慶応・正木の一振りが試合の流れを決めた。3―1の3回2死から初球の内角直球を強振し、打球は超特大の左越えソロ。「初球から狙っていた。完璧でしたね。(高校通算)33本の中でも一番の当たり」と、会心の一撃を振り返った。7―1の6回には2死一塁から右中間を破るダメ押しの適時二塁打。09年以来8大会ぶりの春の甲子園へ、気持ちも乗ってきた。

 ■ 慶応の2年生4番・正木、推定130メートルの特大決勝ソロ(スポーツ報知) 16/7/31

 2年生4番の正木が、同点の3回1死から左中間上段に突き刺さる推定130メートルの特大決勝ソロ。高校通算20号は2試合連続、今大会3本目のアーチとなり「引きつけてセンター返しを意識した延長で入ってくれた。上段まで飛んだのは初めてで気持ちよかった」と笑顔を見せた。

  プロフィール

 東京都大田区出身。
 正木 智也(まさき・ともや)外野手。
 池雪小学校2年から軟式野球を始め、雪谷中では世田谷西シニアで30発。
 中3春に全国大会16強入りを達成した。

 慶應義塾高では1年秋からベンチ入り。
 翌2年春から4番・レフトとしてチームを引っ張り、同夏の予選で打率.400本3点11の実績を残す。
 準々・相模戦(8回11-2)で、左2発(3ラン・2ラン)、合計5打点の活躍を披露。
 初回に逆転アーチ(内寄り高め直球)をかけ、5回裏にライナー弾(内寄り低め直球)を放った。
 続く準決勝・桐蔭戦で左中間スタンド上段への勝ち越し弾(外直球)をマーク。
 守備でも左中間に落ちた打球で二塁を狙った打者走者を補殺する好プレーを披露している。
 新チーム結成時から4番・ライトを担い、同年秋に8年ぶりとなる県制覇を達成。
 関東初戦・徳栄戦でレフト場外ソロを放ったが、前育に3対4サヨナラで敗れ8強敗退となった。
 3年夏の予選は桐光との打ち合いに8対11(4安打2打点)で敗れベスト8敗退。
 2回表に右中間50号ソロ(高め直球)を記録し、8回に中フェン直適時3塁打(甘めスラ)を放った。
 2学年上のチームメイトに柳町達(現慶大)ら。

 慶應義塾大では1年春からベンチ入り。
 主に代打で年間14戦(レフト先発3)に出場し、春東大2回戦で初安打となる左適二を放った。
 通算14試合、打率.278、5安打、0本塁打、7打点。

 182cm87kg、強肩強打のプロ注目外野手。
 高校通算50発、遠くに飛ばす力が魅力の右の強打者。リストが強く振り切るスイングで弾き返す。
 高2春から4番・左翼手でレギュラー。秋の新チームから右翼手を任された。
 2年夏の県大会で7戦3発の大活躍。ハマスタの左中間深部に叩き込む130m弾を記録している。
 50m6秒5、右打者で一塁到達タイム4.6秒台。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-02-01(金)|2021年大学生野手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
正木はやはり大学進学ですか。多分そうだろうなとは思ってたので格別驚きは無いですね。高校の先輩である谷田は大学に進学したものの指名漏れになったので正木には4年後にプロへ行けるように頑張ってほしいです
| 北風 | 2017年07月17日(Mon) 13:30 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生野手 | コメント(1) Page Top↑