岡林 飛翔(菰野)

ここでは、「岡林 飛翔(菰野)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



岡林 飛翔(菰野)

182cm85kg 右右 MAX151km スライダー・カーブ・フォーク
最速151㌔直球を持つ控え投手。2年秋から5番・レフトでレギュラー。伊勢球場で151㌔を計測した。

  動 画

  最新記事

 ■ 菰野・岡林 昨秋に151キロ ルックスはあのメジャー右腕そっくり(スポニチ) 17/6/27

 菰野の岡林の名が一気に知れ渡ったのは昨秋の三重大会2回戦・宇治山田商戦。県内最大のライバルである宮原大樹との投げ合いで球速が150キロを超えた。「観客がどよめいたので、球場表示を見ました。相手の宮原投手には負けたくない思いもありましたので」。伊勢市倉田山公園野球場のバックスクリーンに表示された球速は151キロ。ただ、当の本人は至って冷静だった。「球速が出やすい球場だと聞くので驚きはなかった」。春の県大会準決勝・近大高専戦は初回にまさかの8失点し試合にも敗れた。両極端な結果も多いが、6月の練習試合は内容も伴う3試合連続完投で、球速も148キロを計測した。ルックスは上原浩治(カブス)にそっくりだが、描く究極理想は藤川球児(阪神)の「分かっていても打たれない真っすぐ」だ。菰野は春夏合わせ3度の甲子園出場を誇るが、聖地では未勝利。「151キロをもう一度出してみたい。甲子園に出場して戸田監督に1勝をプレゼントしたい」。この夏、剛腕は歴史に新たな1ページを記すつもりだ。

 ■ 菰野・岡林 9失点の大乱調(中日スポーツ) 17/4/25

 プロ注目の151キロ右腕を攻略した。近大高専が菰野の先発・岡林から1回に大量8点を挙げて、決勝進出。5年ぶり2度目の東海大会出場を決めた。菰野の先発・岡林は3イニングで10安打9失点の大乱調。直球も最速140キロ止まりで「球速も切れも全然ダメ。コースを突いてもはじき返された。何を投げても打たれる気がした」と厳しい表情。「二度とこういうことがないように練習して、夏こそ負けないようにしたい」と前を向いた。

 ■ 151キロ右腕・岡林3イニング完全(中日スポーツ) 17/4/17

 三重では菰野がいなべ総合との強豪対決を3-2で制し、8強進出した。菰野の151キロ右腕・岡林飛翔投手は県大会初先発で3イニングを完全投球。プロ10球団のスカウトの前で好投した。背番号7がマウンドで躍動した。奪三振はなかったものの、「ストライク先行で打ち取れた」と胸を張った。この日は最速143キロ。だが、コンスタントに140キロを超えた。投げ合った、いなべ総合のエース・渡辺啓もプロ注目の144キロ右腕。「意識した。負けないと思って投げた」。強い気持ちで打者に向かっていった。カーブの制球に苦しみ、無駄なボール球が多かったのは反省点だが、岡林は「カーブも2球に1球はストライクが入った。ゼロに抑えることだけ考えていた」と気にするそぶりはない。戸田直光監督も「調整すれば、球速はもう少し出る」とうなずいた。集まった10球団12人のスカウトを前に片りんを見せた。中日・中田スカウト部長は「素材はいい。速い球を投げられるし、馬力があるバランスが良くなれば、もっと安定感が出る」と評価した。

過去記事

 ■ 菰野・岡林 昨秋の県大会151キロ 注目度グーン(中日スポーツ) 17/2/14

 昨秋県大会2回戦の宇治山田商戦。岡林の投じた1球が、伊勢市営倉田山球場のスピードガンに「151キロ」を刻んだ。「注目度が変わった。インターネット上に名前が挙がったり、いろいろな人が見に来たり。(MAXが)149キロだった時とは違います」。180センチ、85キロの大型右腕。入学時からスピードはあったが、制球難に苦しんだ。初登板だった1年春の練習試合では四死球を連発し、1イニング7失点。「入ってきたときはどん底だった」。そう話す戸田監督のもとで、アーム式だったフォームを修正。ブルペンで置いた球を拾って投げ、肘が上がるように取り組むと徐々に制球が安定してきた。2年春の練習試合で140キロを計測すると、5月に143キロ、夏休みに149キロをたたき出した。「完成度は西や関の方が上。でも、楽しみなのは岡林。高2時点でのスピードは2人より格段に上です」と戸田監督。プロ側の注目度は高く、年明けから9球団あいさつに訪れた。岡林も「夢なので意識している」とプロ入りを見据える。

  プロフィール

 三重県松阪市生まれ。
 岡林 飛翔(おかばやし・つばさ)投手。
 徳和小4年時から松阪リトルで野球を始め、久保中時代はヤング・三重ゼッツに所属。
 中学3年夏にヤングリーグ全国大会を経験した。

 菰野高校では1年秋からベンチ入り。
 早い時期からプロのスカウトに資質を注目され、2年6月の練試で142㌔(プロ測定)を計測する。
 2年夏の県大会を出場機会無く終え、同年秋に左翼手レギュラーの座を獲得。
 5番打者として打率.379を記録する活躍を演じ、県大会2位での東海大会進出に貢献した。
 投手としても県2回戦、同・準決勝、東海1回戦(0対9)の3試合にリリーフ登板。
 2回戦・宇治山田商戦で自己最速更新の151㌔(球速の出易い伊勢球場)を叩き出している。
 2学年上のチームメイトに山田大樹永田将也ら。

 182cm85kg、恵まれた体格の投手兼外野手。
 最速151㌔ストレートを持つプロ注目の控え投手。現時点で公式戦での実績は少ない。
 2年秋の県2回戦・宇治山田商戦で最速151㌔(伊勢球場)を計測した。
 通算16発、5番に座る長打力を秘めた右打者。2年秋から左翼手でレギュラーを務める。
 2年秋の東海大会1試合1回をノーヒット無失点。

  スカウトコメント

中日・中田スカウト部長|17/4/17
 「素材はいい。速い球を投げられるし、馬力がある。バランスが良くなれば、もっと安定感が出る」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-27(火)|2017年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
岡林くん、期待してるんですけど今年に入って150キロ超えた試合ありますか?
故障でしょうか。
たまに150が出る場合と、毎試合のように150が出る場合だとドラフト順位もかなり違って来るので気になりますね。
個人的にはドラフト4~6位くらいだと思ってます。
| ぽにぽにぽにー | 2017年05月24日(Wed) 06:13 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑