宮本 誉士樹(東農大北海道オホーツク)

ここでは、「宮本 誉士樹(東農大北海道オホーツク)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



186cm90kg 右右 MAX147km スライダー・シンカー・チェンジ 鎮西高
癖球を持ち味とする186cm大型サイド。沈む直球で空振りを誘い、シュートする直球で詰まらせる。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 自責 防御率
   15春: 5  2勝0敗   18   2  1.00
   16春: 4  4勝0敗   25   7  2.52
   16秋: 6  5勝0敗   36   6  1.50(1位)
   17春: 6  5勝0敗   46  10  1.96(5位)
   通算: 21 16勝0敗  125  25   1.80
    ※ 16秋17春:最優秀投手賞 16秋17春:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15選: 1 先  1.2  3  0  2  3 140㌔(東ド) ● 上武大
   16選: 1 先  3.2  2  4  2  1 143㌔(東ド) ● 東福大
   17選: 1 先   9  6  6  9  2 142㌔(神宮) ● 福工大
   通算: 3   14.1  11  10  13  6 防3.77
       被安打率6.91 奪三振率6.28 四死球率8.16

  最新記事

 ■ 東農大北海道エース宮本吉報待つ 成長力天井知らず(日刊スポーツ) 17/10/25

 プロ野球のドラフト会議が明日26日、東京都内で行われる。東農大北海道の右横手エース宮本誉士樹が4球団に調査書を提出、運命の日を迎える。日本ハムなど4球団から調査書の届いた宮本の魅力は、天井知らずの成長力だ。入学前75キロの体重は15キロ増の90キロ。鎮西時代130キロに届かなかった速球は最速147キロまで跳ね上がった。自身の4年後の成長を想像できなかった宮本は「入学した時は周りの選手が大きくて怖かった。球も遅かったのでバッピー(打撃投手)のつもりで入学したんです…」と笑う。そもそも高校卒業後は働きながら軟式でのプレーを予定していた「下半身が強そうだし、腕が振れてくれば変わる」と感じていた樋越監督の勧誘で進路変更した。冬になればスコップを持って雪をかき、アルバイトのホタテの稚貝の移し替えも、肉体強化につながった。「4年間、無駄なことは何もなかった」という。

 ■ 東農大北海道・宮本の力投実らず自力優勝消滅(スポーツ報知) 17/9/25

 1位の東農大北海道は4位の旭川大に延長10回の末、0―1でサヨナラ負けを喫し、首位陥落した。26日の最終戦を残し、自力優勝は消滅したが、最速147キロを誇るサイド右腕・宮本誉士樹(よしき、4年)=熊本・鎮西出=が先発し、4安打1失点と好投5球団のスカウトが見守る前でプロ入りへ猛アピールした。0―0の延長10回。1死二塁から宮本は左前打を許して力尽きたが、9回まではわずか3安打無失点186センチ、89キロの体格からサイドスローで力強い直球を投げ込み、2回には自己最速を2キロ上回る147キロもマークした。「今秋で1番調子がよかった。だから、きょうは何がなんでも勝ちたかった」。高めに浮いた最後の直球を悔やんだ。バックネット裏では5球団のスカウトが大型右腕を視察し、日本ハムの白井スカウトは「あの腕の位置(横手)から147キロですからねクセ球でボールの強さもある」と評価した。宮本自身もプロへの思いは強いが、まずは今大会での活躍がすべてだと分かっている。自力優勝は消滅したが、宮本は「悔いが残らないように絶対に抑える気持ちで投げたい」。26日の旭川大戦での連投も覚悟。最後まで諦めることはない。

 ■ 福井工大、サヨナラで2回戦へ 全日本大学野球選手権(デイリースポーツ) 17/6/5

 福井工業大が延長十回サヨナラ勝ちで2回戦に進出した。1点を追う九回に、同点に追い付いて延長戦へ突入。タイブレーク制で1死満塁から始まった延長十回に、1点を勝ち越しされたが、直後の攻撃で樋口拓真外野手(4年・九州国際大付)が左越え2点二塁打を放って試合を決めた

過去記事

 ■ 東農大北海道オホーツク 2年連続初戦突破ならず(スポニチ) 16/6/8

 先発出場の4年生が1人という東農大北海道オホーツクは、井口(現日本ハム)を擁した昨年に続く初戦突破はならなかった。先発の宮本をはじめ、ベンチ入り6選手が熊本の高校出身。4月の熊本地震後は地元に戻らず、全国を目指して戦ってきた。熊本から駆けつけた両親の前で自己最速143キロをマークした右横手投げの宮本は「(失点した)4回は疲労で甘く入った。いいところを見せたかった」と悔やんだ。

  プロフィール

 熊本県八代市生まれ。
 宮本 誉士樹(みやもと・よしき)投手。
 八代有佐小4年時から野球を始め、八代鏡中学校2年でサイドに転向。

 鎮西高では1年夏から公式戦に出場。
 以降7シーズンで5度の県大会8強入りを経験し、3年6月に5年ぶりとなるNHK旗Vを達成した。
 1学年上のチームメイトとして諸永秀幸ら。

 東農大北海道では1年春から救援でリーグ戦に出場。
 2年春のリーグ戦で先発投手の座を獲得し、5試合(1回戦4)18回で2勝、防1.00の実績を残す。
 2安打に封じる好投を演じた同年秋の旭川大学2回戦で初完封勝利を記録。
 先発2番手を経て3年秋から主に1番手を務め、7季でリーグ通算20勝(無敗)を積み上げた。
 3年春(4季連続V)の釧公大2回戦で8回参考10対0ノーヒットノーランを達成。
 5勝を挙げた3年秋(先発3、V逸)、4年春(1回戦5)に、最優秀投手、ベスト9を獲得している。
 全国大会には2年春(2回戦)、3・4年春(1回戦)の大学野球選手権に出場。
 各大会1試合ずつ先発投手を務めたが、合計14.1回で防3.77、勝ち星無しの3敗に終わった。
 3年春1回戦・東北福祉大戦(3.2回1失点KO)で自己最速の143㌔をマーク。
 4年春1回戦・福工大戦で10回TB9四死球4対5(8回まで2失点)完投の粘投を披露している。
 2学年上のチームメイトに井口和朋(日ハム15年3位)ら。

 186cm90kg、最速147㌔直球を持つ大型サイドハンド。
 ノーワインドアップから上半身を倒し、体を沈めてインステップし、開き早めに肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速147㌔の直球と、同じ球速帯で動くクセ球、130㌔弱のシンカー。
 常時135㌔前後から140㌔前後の沈む直球で空振りを誘い、シュートする直球で詰まらせる。
 足を高く上げるダイナミックなフォームも特徴。テイクバック大きく投げ込んで行く。
 力のある直球と癖球とのコンビネーションが持ち味。福祉大を4回二死までノーヒットに抑え込んだ。
 4年春のリーグ戦6試合46イニングで21四死球(率4.11)。

  スカウトコメント

日本ハム・白井スカウト|17/9/25
 「あの腕の位置(横手)から147キロですからね。クセ球でボールの強さもある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-10-25(水)|2017年大学生投手 | 北海道学生 コメント(4) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
変化球を全く投げないで抑えるという変わったスタイルを持ってます。
このスタイルがプロで通用するかは未知ですが、個性は強いので、変則投手が欲しい球団にはうってつけだと思います。
| 平峰 | 2017年10月26日(Thu) 11:29 | URL #- [ 編集]
DeNAも視察ですか
指名あるかも
| * | 2017年09月26日(Tue) 22:45 | URL #- [ 編集]
道新スポーツには25日の登板にヤクルト・DeNAなど5球団視察
となっていました
| フラワー | 2017年09月26日(Tue) 21:08 | URL #- [ 編集]
昨日の登板にプロ7球団集結(北海道新聞)
| フラワー | 2017年08月29日(Tue) 13:48 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 北海道学生 コメント(4) Page Top↑