池谷 蒼大(ヤマハ)|ドラフト・レポート

池谷 蒼大(ヤマハ)

ここでは、「池谷 蒼大(ヤマハ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



池谷 蒼大(ヤマハ)

174cm77kg 左左 MAX144km スライダー・カーブ・チェンジ 静岡高 3年目
球質の良い140㌔強の直球とスライダー。リリーフで活躍。高卒2年目で二大大会デビューを果たした。

  動 画

  投手成績

 ■ 社会人時代成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   19都: 1    0.1  0  0  0  0 137㌔ JR東日本
   19日: 1     1  1  2  0  0 143㌔ 王  子
   通算: 2    1.1  1  2  0  0 防0.00
       被安打率6.75 奪三振率13.50 四死球率0.00

 ■ 甲子園成績

   17春     回数 被安 奪三 四死 自責
   不来方高 先   7  6  9  0  1 137㌔ ○
   大阪桐蔭 先  8.1  14  7  2  8 140㌔ ●
           15.1  20  16  2  9 防5.28  
       被安打率11.74 奪三振率9.39 四死球率1.17

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   16秋            回数 被安 奪三 四死 失点
   地区2回戦:島田高校    0.2  0  2  0  0 
     3回戦:静岡商業     4  0  6  1  0
     準々決:島田樟誠 先   9  5  12  0  0封
     準決勝:桜が丘高 先   7  9  4  1  5
     決 勝:藤枝明誠 先   9  7  7  2  1 139㌔
   静岡2回戦:飛  龍 先   9  3  10  3  2
     準々決:磐田東高 先   9  2  10  2  1
     準決勝:聖  隷 先   9  6  12  1  1
     3位決:東海翔洋     6  3  11  0  1
   東海1回戦:桜  丘 先   9  5  10  3  1
     準々決:海  星 先   8  5  10  1  1
     準決勝:三  重 先   8  6  9  0  2 142㌔
     決 勝:至学館高    2.2  1  4  0  0
   神宮2回戦:早稲田実 先   8  6  7  7  5 138㌔
                98.1  58 114  21  20 防1.65
            被安打率5.31 奪三振率10.43 四死球率1.92

   17春           回数 被安 奪三 四死 自責
   東海1回戦:近大高専     7  1  8  1  0 142㌔
     準決勝:至学館高 先   4  7  2  1  4
                 11  8  10  2  4 防3.27
             被安打率6.55 奪三振率8.18 四死球率1.64

   17夏           回数 被安 奪三 四死 失点 
   静岡2回戦:浜名高校 先   9  9  9  2  2
     3回戦:浜松北高 先   9  8  18  2  2 140㌔ 
     準々決:常葉橘高 先   9  9  10  0  2
     準決勝:藤枝明誠 先   7  18  2  4  12
                 34  44  39  8  18 防4.76(失点から算出)
            被安打率11.65 奪三振率10.32 四死球率2.12

  最新記事

 ■ 静岡高の144キロ左腕・池谷がヤマハ入り(スポーツ報知) 17/12/15

 静岡高野球部のエース・池谷蒼大が、昨秋の日本選手権王者・ヤマハに入社する。浜松市で生まれ育った池谷にとって、ヤマハはまさに「地元」のチーム。「小学生の頃から知っています。練習参加させてもらったときの雰囲気がよくて、ここで野球がやりたいと思いました」と笑顔で話した。

   19年公式戦(不明分除く) 回数 被安 奪三 四死 失点
   静岡大会:バイタル     2  4  5  1  0
       :三菱名古    0.1  0  1  0  0
   ベーブ杯:鷺宮製作 先   6  3  6  1  0
       :日本通運    0.1  2  0  3  5
   都対予選:三重高虎     1  0  1  1  0
       :三菱名古     1  0  0  1  0
   都対本戦:JR東日本    0.1  0  0  0  0 137㌔
   選手権予:永和商事    0.1  0  0  0  0
       :東海理化    1.2  0  0  0  0
       :東海レックス     1  1  2  0  0
       :東海理化     2  1  1  0  0
   選手権本:王  子     1  1  2  0  0 143㌔
                17  12  18  7  5 防2.65
            被安打率6.35 奪三振率9.53 四死球率3.71

 ■ 静高、春夏連続甲子園逃す…エース・池谷12失点(スポーツ報知) 17/7/26

 春夏連続甲子園を目指した第2シード・静高が消えた。打線は明誠・久保田に13安打を浴びせて6点を奪ったが、左腕エース・池谷蒼大も5回6失点。「流れを変えたかった」と栗林俊輔監督はエースを右翼に回し、鈴木翔也(2年)や竹内奎人を送り出したが、相手の勢いを止められない。6―8の8回に再登板した左腕は9回に一挙6失点。指揮官は「明誠打線が素晴らしかった」と脱帽した。ボール自体は決して悪くなかった。リードした森康太朗捕手も「速球もいつもより来ていた。相手がよかった」と肩を落とした。今後は未定だが「悔しいです。次のステージへ切り替えて頑張りたい」と話した。

 ■ 静岡・池谷“雄星ばり”18K!プロ注目左腕2失点完投(スポニチ) 17/7/21

 静岡大会ではプロ注目左腕、静岡の池谷蒼大投手が3回戦の浜松北戦で2失点完投し、6者連続を含む18三振を奪った。内角攻めはほとんどせず外角一辺倒。最速は140キロ止まりも球の切れと制球力で勝負した。最速144キロを誇る左腕の憧れは西武・菊池。「自分の長所はストレート」と菊池と同じように直球主体の投球で2回先頭から6者連続など毎回三振を奪った。

過去記事

 ■ 【センバツ】静岡、大阪桐蔭との打撃戦も逆転負けで8強入り逃す(スポーツ報知) 17/3/28

 2回戦で大阪桐蔭と対戦した静岡高は1回に6点を失ったものの、その裏に11人攻撃で追い付くと、2回に勝ち越し。7回には8―6とリードを広げた。しかし2回以降立ち直った左腕エース・池谷蒼大が8回につかまって逆転を許し、8―11で敗れた。立ち上がりにまさかの6失点。ストレートは走っていたものの、決めに行った変化球が高く浮いたところを打ち返された。しかし、すかさず打線が取り返す。池谷も2回から速球主体に切り替えたことが奏功。大阪桐蔭打線を力でねじ伏せ始めており、「池谷が作った流れに乗ることができた」と森は振り返った。

 ■ 【小川SDチェック】静岡・池谷、光った直球とスライダー(SANSPO) 17/3/25

 第3試合で静岡の最速144キロ左腕・池谷を見た。球場表示の最速は137キロだったが、リストの利いた直球とスライダーで7回を6安打1失点。無四球だった。昨秋の明治神宮大会の早実戦では7四死球を与えて5失点。この日は立ち上がりに失点したが、制球は安定していた。ただ、2回戦は大阪桐蔭と宇部鴻城のどちらが勝ち上がっても強豪校で、同じような投球ができるかどうか。夏までに、スピードを含めて投球全般をどうスケールアップできるかにも注目したい。
 中日・中田スカウト部長は「球速がもう少し欲しいけど、変化球は見るべきものがあった」と評した。(中日スポーツ)

 ■ 静岡・池谷蒼大投手、MAX144キロが武器のプロ注目左腕(SANSPO) 17/3/19

 早実・清宮との対戦が、静岡のエース左腕、池谷蒼大投手を大きく成長させた。「大舞台で自分通りの投球ができなかった。センバツは、初回からいつも通りの投球がしたい」。昨年11月の明治神宮大会。初戦で当たったのは清宮、野村が中軸を担う早実だった。好きな言葉の“不動心”を貫くことを誓って上がったマウンドだったが「抑えてやろう」と気持ちが入りすぎた。コントロールにも苦しみ8回を投げて6安打5失点。3-5で敗れた。それでも、持ち前の負けん気を発揮し四回以降は立ち直り、最後までマウンドを譲らなかったオリックス・牧田チーフスカウトは「上背はないけれど、真っすぐで内角を突けるのが魅力。変化球に頼らず、真っすぐで押す投球を見たい」と期待する。

 ■ 静岡・池谷「清宮を警戒しすぎて自分の投球ができなった」(デイリースポーツ) 16/11/12

 静岡の先発・池谷蒼太は、初回から制球に苦しみ、4回まで5四死球3失点。「緊張感から、力んでしまい失点につながった」と悔やんだ。味方の援護で同点に追いついた中盤以降、130キロ台でありながら、キレのある直球で早実打線を封じた。七回には早実・清宮幸太郎にこの日、2安打目となる右翼フェンス直撃打を許し、その後決勝点を与えてしまった。「清宮に対しては、警戒しすぎて自分の投球ができなった」と悔しさをにじませた。今後に向けては「この冬で、全国でも通用する心技体、全てにおいてレベルアップさせたい」と来春に向けて、抱負を語った。

 ■ 静岡高センバツ確実 池谷無四死球9K2失点(中日スポーツ) 16/10/30

 センバツ大会出場を懸けた大一番で持ち味を出し切った。静岡高の左腕エース・池谷が2失点完投勝ち。「明るく楽しくいつも通りの雰囲気で」と物おじせず、9三振無四死球の快投を見せた。最速142キロを計測した直球で、序盤からグイグイ押した。2失点した7回以外は切れのある変化球を軸とし、的を絞らせなかった。中日など3球団のスカウトも視察。中日・中田スカウト部長は「小気味のいい投球ができる。一冬越して球速アップすれば、面白い存在になる」と評した。軟式出身ながら入学した時に134キロをマーク。期待の星だったが、その直後に腰を痛めた。1年秋からベンチ入りしたが、投球練習もできない日々。その間、体に負担のかからないバランスのいい投球フォームを追い求め、体幹も鍛えた。投げ始めたのは今春から。6月の練習試合でいきなり自己最速を144キロに塗り替えた。「大事を取ってじっくり治せたし、投球フォームも安定してきたから」と要因を語る。

  プロフィール

 静岡県浜松市出身。
 池谷 蒼大(いけや・そうた)投手。
 積志小2年から軟式野球を始め、積志中では軟式野球部に所属。
 小学6年時にドラゴンズJr.入りを経験した。

 静岡高校では1年時秋からベンチ入り。
 腰を痛めた影響で1年目を登板機会なく過ごし、2年時春の県大会で公式戦初登板を果たす。
 故障期間の体幹強化で球速を上げ、6月の練試で最速更新の144㌔を計測。
 2年時秋の地区予選途中から背番号1を担い、全試合登板の奮投で神宮進出を達成した。
 地区準々で初完封勝利を挙げるなど、先発10戦で7完投勝利(1封)を記録。
 東海大会4試合(3完投)27.2回で16安打29奪三振(率9.43)4失点の好成績を残している。
 続く神宮初戦で早実と当たり、7Kの力投も及ばず、7四死球、3-5完投で敗戦。
 翌3年春の選抜2戦15.1回に登板し、計16Kを奪ったが、2四球12失点で2回戦敗退となった。
 V校・大阪桐蔭戦(8対11)で2回から7回まで3安打無四球0封の好投を披露。
 初回に6失点しながらも直球勝負で立て直し、球速以上のキレで7K(直球7)を積み上げた。
 3年時夏の県大会は藤枝明誠に6対14(7回18安打12失点)で敗れ4強敗退。
 5試合中4試合(3完0封)、34回(39K)をこなし、浜松北戦で6連続を含む18Kの快投を見せた。
 1学年上のチームメイトに鈴木将平(西武16年4位)ら。

 ヤマハでは1年目から公式戦に出場。
 高卒2年目に入ってリリーフで登板機会を増やし、12戦17回で18K、防御率2.65の実績を残す。
 夏の都市対抗2回戦・JR東日本戦(1対7)で0.1回無失点の2大大会デビュー。
 秋の選手権2回戦・王子戦に2番手で登板し、143㌔直球で2K(1回0封)を奪う力投をみせた。
 二大大会2試合、0勝0敗、1.1回、防御率0.00。

 174cm77kg、最速144㌔直球を持つ好左腕。
 ノーワインドからタメを作って重心を下げ、早めに着地し、後ろ小さめにヒジを使った腕の振りから
 投げ込む最速144㌔、常時140㌔強(リリーフ時)の空振りの取れるストレートと、
 110㌔台のスライダー、100㌔台のカーブ、120㌔前後のチェンジアップ。その他にスローカーブ。
 疲労性の腰痛を乗り越えて高校2年6月の練試で自己最速144㌔を計測した。
 テンポの良い投球が持ち味。高3春選抜15.1回で16奪三振(直球14、スラ2)を記録している。
 奪三振率9.53、与四死球率3.71。遠投120m。

  スカウトコメント

日本ハム・大渕スカウト部長|17/4/7
 「球質がいい。球持ちがよくて、ベース板の上で伸びている」
中日・中田スカウト部長|17/3/25
 「球速がもう少し欲しいけど、変化球は見るべきものがあった」
ヤクルト・小川淳司シニアディレクター|17/3/25
 「リストの利いた直球とスライダーで7回を6安打1失点。無四球だった。この日は立ち上がりに失点したが、制球は安定していた。夏までに、スピードを含めて投球全般をどうスケールアップできるかにも注目したい」
オリックス・牧田チーフスカウト|17/3/19
 「上背はないけれど、真っすぐで内角を突けるのが魅力。変化球に頼らず、真っすぐで押す投球を見たい」
中日・中田スカウト部長|16/10/30
 「小気味のいい投球ができる。一冬越して球速アップすれば、面白い存在になる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年11月04日(月)|2020年社会人投手 | コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
大学じゃなく、社会人ヤマハで最短プロ目指すわけですね
大学でケガしている左腕が多いなか、いい選択だと思います
躍動感のあるフォームで、初速と終速の差がないストレート、あとは落ちる球がひとつあれば、3年後が本当に楽しみだ
| soke | 2017年12月29日(Fri) 02:01 | URL #- [ 編集]
体格とかも踏まえて高校時代の楽天・辛島みたいな感じでしょうか。
コントロールが良い小柄な技巧派左腕。
素材型として下位で獲るのは有りだと思います。
高卒左腕の場合、育てるのが難しい反面、平均球速が130キロ台でも小柄でもコントロールとか球のキレ、変化球とかを磨けば通用しますからね辛島みたいに。
ロッテ時代の成瀬もそうですが、技巧派左腕はコントロールと変化球(チェンジアップとかスライダーとか)だと思います。
| ぽにぽにぽにー | 2017年05月27日(Sat) 05:31 | URL #- [ 編集]
去年の堀君になれるか。期待です。
| マルーフ | 2017年02月14日(Tue) 02:41 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人投手 | コメント(3) Page Top↑