東京ヤクルトスワローズ/ドラフト2017

ここでは、「東京ヤクルトスワローズ/ドラフト2017」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらではヤクルト2017年ドラフト情報をまとめて掲載しています。
※ コメントはコテハンでお願いします。

  2016年指名選手

 【1位】寺島(履正社)左 【2位】星 (明治大)投 【3位】梅野(九州産)
 【4位】中尾(名経大)左 【5位】古賀(明徳義)捕 【6位】菊沢(相双リ)
 【育1】大村(石川MS)
  過去記事:2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
       2008年 過去ドラフト指名選手

  注目選手リスト・リンク

 【1位】 清宮(早 実)
 【上位】 田中(柳ヶ浦)
 【候補】 

-- コメント ---------------------------- 
 【右】 鈴木(ヤマハ)  馬場(仙台大) | 山口(熊本工)  平松(盛岡附)
     熊谷(法政大)  鍬原(中央大) | 金久保(望洋)  三浦(福大濠)
     柏原(JXエネオス)  鈴木(日 立) | 本田(星槎湘)  布川(武南高)
     草場(九産大)  近藤(岡商大) | 平良(八重商)  菊地(佐渡高)
     小久保(四学)         | 石川(青藍泰)  尾形(学石高)
                    | 東 (神弘陵)  清水(花咲徳)
                    | 森 (富山一)
 【左】 宮台(東京大)  東 (立命大) | 櫻井(日大三)  丸山(日大三)
     田嶋(JR東)         | 長谷川(仙育)  川端(秀岳館)
                    | 金成(日大三)  佐藤(仙台高)
 【捕】 保坂(中央大)         | 古賀(福大濠)  篠原(報徳学)
                    | 岩本(大阪桐)  村上(九州学)
 【内】                | 安田(履正社)
 【外】                | 岡田(龍平安)  西浦(明徳義)
                    | 高木(真颯館)
-- 視察情報 ---------------------------- 
 【右】 椎野(国士大)  宮川(上武大) | 牧 (啓新高)  佐々木(小笠)
                    | 山上(常磐高)  森井(板野高)
 【左】                | 
 【捕】                |  
 【内】                | 
 【外】                | 

  最新記事

 ■ 燕・衣笠社長、早実・清宮に期待「勝つための技術持っている」(SANSPO) 17/7/26

 第1シードの早実が25日、西東京準々決勝で日本学園に5-1で勝ち、準決勝進出を決めた。この日はプロ11球団の関係者、スカウトが神宮球場を訪れた。ヤクルトの衣笠剛球団社長清宮を初めて現地で視察。「選球眼がいいし、左中間へのライナー性の安打もよかった思っていたよりも体が大きい。いい選手ほど体が大きく見えるというからね」と期待を込めた。清宮は今秋のドラフト会議での1位候補の一人。まだ高校卒業後の進路を表明していないが、衣笠社長は「12球団のどこもが(プロ志望届を)出してほしいと思っているんじゃないかな。勝つための技術を持っているし、集客という意味でもすごい」と高評価した。
  清宮の弾丸二塁打に「打球が速いのは強み。バレンティンもそうだし」と自軍の大砲に例えて絶賛。清宮がプロ志望届を提出した場合にも言及し、「あれだけの選手にチャレンジしないと引くチャンスもない」とドラフト1位指名を示唆した。(スポニチ)

 ■ 燕・衣笠社長、“清宮詣で”だ!25日高校通算107号見届ける(SANSPO) 17/7/25

 清宮幸太郎内野手を擁する早実は25日、西東京大会準々決勝で日本学園と対戦。この試合を、ヤクルトの衣笠剛・球団社長兼オーナー代行が視察することが24日、分かった。ヤクルトはすでに、清宮を今秋のドラフト会議での1位指名の有力候補に挙げており、社長直々の視察で、本気モードに入る。3月にセンバツ1回戦・早実-明徳義塾を視察した小川シニアディレクターは、「清宮の打撃と存在感には改めて目を見張った」と、高く評価していた。衣笠球団社長は「ドラフトに関係なく、神宮ですし、見てみたい、ということです」と説明。午後6時開始のナイターで中日戦も控える本拠地・神宮球場での試合とはいえ、社長自ら視線を送るのは異例。午前9時開始の高校野球へ足を運ぶのは、清宮に対する“本気度”の表れといえる。ヤクルトは、2013年から5年連続でドラフト1位で投手を指名。山田や、広岡ら右の強打者はいるが、左の大砲候補が不在。清宮の長打力と、圧倒的なスター性は大きな魅力で、内野手のドラ1となれば、11年の山田以来となる。

 ■ 12球団最新スカウティングリポート(週刊ベースボール) 17/7/12

 ここ5年、ドラフト1位には投手を指名しているが、今年は高校No.1スラッガー・清宮幸太郎(早実)獲得へ参戦することになりそうだ。また同じ高校生の中では、最速146キロを計測している長身右腕・田中瑛斗(柳ケ浦)も上位候補に挙がる。

過去記事

 ■ 燕ドラ1は早実・清宮が有力!欲しい高校通算88発の左の大砲(SANSPO) 17/5/2

 ヤクルトが、今秋のドラフト会議で早実高・清宮幸太郎内野手を1位指名の有力候補に挙げていることが1日、分かった。左の長距離砲はヤクルトにいないタイプで、高校通算88本塁打のスラッガーに球団は即戦力級の評価をしている。阪神、日本ハムも1位指名の候補に挙げており、競合は必至の情勢だ。「間違いなく、候補になる。やっぱり、あの打撃が魅力。長打力だけでなく、柔軟性もある1年目から1軍の試合に出られる可能性は高い」。球団幹部が明言した。4月を終えて5位と苦戦するが、チーム防御率3・08と投手陣は安定している。一方で、山田、広岡と長打力を誇る右打者はいるものの、左の大砲候補が不在。高卒野手の1位指名に踏み切る状況は整っており、清宮は補強ポイントにも合致する。3月にセンバツ1回戦・早実-明徳義塾を視察した小川淳司シニアディレクターは「清宮の打撃と存在感には改めて目を見張った。九回はネクストバッターズサークルにいたことで投手に失策を誘発させ、打席ではストライクを必ず振る集中力を見せた」と高い評価を口にしていた。別の球団関係者は「20-30年に1人の逸材意外にコンパクトに打つ。金属バットから木製にかわって苦労する高校生は多いが、それも関係なさそう」と話す。スター性も魅力だ。清宮は4月27日、春季高校野球東京大会の決勝に臨み、推定飛距離130メートルの本塁打を2本マーク。この試合は史上初めて平日のナイター開催となり、2万人が観戦。223人の報道陣が集結し、ネットテレビ局「AbemaTV」が生中継するなど大きな注目を集めた。

 ■ 【小川SDチェック】印象に残ったのは…清宮の選球眼&安田のパワー(SANSPO) 17/3/26

 第1試合で1回戦が終了し、出場校がすべて顔を見せた。印象に残ったのは、早実・清宮の打球の速さと1球で仕留める力と選球眼。また履正社・安田のパワーと、3打席三振でも最後の打席で結果を残す打撃だった。野手では総合的な力を持つ明徳義塾の外野手・西浦、福岡大大濠・古賀、報徳学園・篠原の両捕手にもセンスを感じた。投手では、真上から投げ下ろす秀岳館の川端、三振をとれるスライダーが武器の日大三・桜井の両左腕になる。小粒といわれる今大会出場の高校生の評価は難しい。オフに鍛えた体に実戦的な技術をたたき込んでいくのは、日が長くなる夏にかけての4カ月間。肉体や、単純なスピードや飛距離アップだけではない、成長を待ちたい。

 ■ ヤクルト 清宮二重チェック(日刊スポーツ) 17/1/28

 センバツで、早実・清宮の「二重チェック態勢」を敷く可能性が出てきた。甲子園では基本的に小川SDとスカウト陣が各校1試合ずつ視察するが、小川SDは「今年は彼(清宮)中心のドラフトになる。勝ち上がれば複数回、見る可能性もある」。好投手がそろう大舞台で対応力を確認する構えだ。

 ■ ヤクルト鳥原チーフスカウト、八重樫スカウトら退団(日刊スポーツ) 16/11/2

 ヤクルトは2日、鳥原公二チーフスカウト(62)、八重樫幸雄スカウト(65)、松井優典ファームディレクター(66)、乱橋幸仁打撃投手(50)が今季限りで退団すると発表した。

  スカウトコメント

ヤクルト・衣笠剛球団社長|17/7/26
 「選球眼がいいし、左中間へのライナー性の安打もよかった。思っていたよりも体が大きい。いい選手ほど体が大きく見えるというからね」
 「12球団のどこもが(プロ志望届を)出してほしいと思っているんじゃないかな。勝つための技術を持っているし、集客という意味でもすごい」
 「打球が速いのは強み。バレンティンもそうだし。あれだけの選手にチャレンジしないと引くチャンスもない」
清宮幸太郎(早実)|球団関係者|17/5/2
 「20-30年に1人の逸材。意外にコンパクトに打つ。金属バットから木製にかわって苦労する高校生は多いが、それも関係なさそう」
清宮幸太郎(早実)|球団幹部|17/5/2
 「間違いなく、候補になる。やっぱり、あの打撃が魅力。長打力だけでなく、柔軟性もある。1年目から1軍の試合に出られる可能性は高い」
清宮幸太郎(早実)|小川淳司シニアディレクター|17/3/24
 「清宮の打撃と存在感には改めて目を見張った。九回はネクストバッターズサークルにいたことで投手に失策を誘発させ、打席ではストライクを必ず振る集中力を見せた」
清宮幸太郎(早実)|小川SD|17/1/28
 「今年は彼(清宮)中心のドラフトになる。勝ち上がれば複数回、見る可能性もある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-07-26(水)|球団別情報 | コメント(6) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
増田くんで競合するくらいなら清宮くんで競合したい
かなとは思います(彼が志望届出すかが全てですが)

勿論そこでヤマハの鈴木投手やJR東の田嶋投手、仙台大の馬場投手などの大社投手の中から単独を狙うのもアリですが、せっかくなので毎年出てくるドラ1候補の好投手よりは数年に1人の実力・話題性・スター性を備えた選手に突撃してほしいところです。
| 燕人 | 2017年07月27日(Thu) 09:12 | URL #1AY.VlMU [ 編集]
投手、捕手、内野手と違って他のポジションへのコンバートが難しい外野手の1位指名はオコエみたいな圧倒的ポテンシャルが無いと指名しずらいのもありますし、ヤクルトの場合は増田くんと同じ右投右打の外野手だと2011年のドラフト1位川上みたいなパターンもあるので消極的になる気持ちもわかります。
特にヤクルトは2014年の全滅ドラフトみたいな事も、たまにありますし生え抜きが戦力になったとしても故障で長期離脱ってパターンも結構あるので1位は先発型の投手か内野手が理想だとは思いますが、増田くんの打席数に対する三振の少なさは別格なので欲しいですね。
楽天は藤平の後輩なので増田くんをチェックしてるでしょうし、ソフトバンクは出身が長崎県の増田くんを欲しいはず。
そうなると1位(外れも含めて)が妥当だとは思いますが、ヤクルトはヤクルトで東北出身or東北のチームの選手が好きなので清宮くんが進学だった場合、仙台大学のエース馬場くんとか1位あると思ってます。
石川とか畠山とか雄平とか風張とか、みんな東北出身か東北のチームに居た選手ですし、他には仙台育英の左腕・長谷川くんとかヤクルトなら獲るかも知れませんね。
| ぽにぽにぽにー | 2017年06月16日(Fri) 18:11 | URL #- [ 編集]
ここまでの情報だと一位は清宮かな。
個人的には増田がいいです。
外野手の一位指名を嫌がる人もいるけどこのチームは頭の悪い外野手ばかりなので、彼の様な選手に入ってもらいたい。
| Atz | 2017年05月25日(Thu) 13:40 | URL #- [ 編集]
今年は外野手を中心にと思っていたけど、内野手も必要だね。
社会人の左打者がいいかも。
| Atz | 2017年05月16日(Tue) 21:17 | URL #- [ 編集]
今の平安岡田を上位候補にするのはやめてくれ。
| ヅメ | 2017年03月10日(Fri) 13:38 | URL #- [ 編集]
八重樫さんに鳥原さん退団

色々人によってはいうと思うけど長年スワローズのために働いてくれた方々
最初にお疲れ様でしたとは言いたいね
| 燕人 | 2016年11月03日(Thu) 23:39 | URL #Q9hTVzug [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(6) Page Top↑