横川 楓薫(東海大)

ここでは、「横川 楓薫(東海大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



横川 楓薫(東海大)

176cm75kg 左左 MAX145km スライダー・チェンジ・カーブ 日南学園
最速145㌔の直球を持つ好左腕。2年秋に先発3勝をマーク。日体大戦で1安打完封勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16秋: 5 3勝1敗  37.1  19  30  11  5  1.21(2位)
   17春: 5 2勝2敗  19.2  17       6  2.75
   通算: 10 5勝3敗   57  36       11  1.74

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   14夏: 1 先   4  12  1  0  5 東邦高校 ● 135㌔

投手成績詳細

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   城西大 先  6.1  3       1 
   日体大 先   9  1       0 ○封
   筑波大 先   8  6  7  2  1 ○ 145㌔
   帝京大 先   7  4       0 ○
   桜美林 先   7  5       3 ●
         37.1  19  30  11  5 防1.21
      被安打率4.58 奪三振率7.23 四死球率2.65

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   帝京大 先   6  9       5 ●
   明星大 先  8.2  6       0 ○
   日体大   (延長13回TBから登板)   ●(個人成績は勝敗のみ)
           3  0       0 ○
   筑波大     2  2  1  1  1
         19.2  17       6 防2.75

  プロフィール

 宮崎県都城市出身。
 横川 楓薫(よこがわ・ふうが)投手。
 中霧島小時代に軟式野球を始め、山田中では軟式野球部に所属。

 日南学園では2年秋にエースの座を獲得。
 右腕・柳悠聖との二枚看板でチームを引っ張り、秋春連続で県V、九州大会進出を達成した。
 翌3年5月のNHK杯・宮崎第一戦(5対1)で9回1死まで無安打の快投を披露。
 3年夏に4試合23.1回24三振1失点の好投で、3年ぶり7度目の甲子園出場を果たしている。
 決勝戦・日章学園戦で9回9奪三振、4安打4四死球2対0完封勝利をマーク。
 続く甲子園1回戦・東邦戦を4回5失点で落とし、プロ志望せず東海大学への進学を選択した。
 同学年のチームメイトに萩原聖翔(現国士大)ら。

 東海大では1年秋から救援でリーグ戦に出場。
 2年秋のリーグ戦で先発の座を獲得し、5試合3勝1敗、防1.21(2位)で投手十傑入りを果たす。
 1安打4対0完封の快投を演じた日本体育大2回戦でリーグ戦初勝利をマーク。
 自己最速を145㌔(筑波大2回戦)まで伸ばし、2年生で台北ユニバの代表候補に選出された。
 通算10試合、5勝(1完投1完封)3敗、57回、防御率1.74。

 176cm75kg、最速145㌔のストレートを持つ好左腕。
 セットポジションから溜めを作ってインステップし、開き早めに左肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速145㌔のストレートと、スライダー、チェンジアップ、カーブ、ツーシーム。
 日南学園時代の最速は140㌔。進学後に球速アップを果たし、大学代表候補に選出された。
 内角直球が持ち味。スライダー、チェンジアップを交える。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-29(木)|2018年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑