坂本 匠(明星大)|ドラフト・レポート

坂本 匠(明星大)

ここでは、「坂本 匠(明星大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



坂本 匠(明星大)

176cm75kg 右左 MAX145km スライダー・フォーク 岩倉高
最速145㌔直球とスライダーが武器。入替え戦で先発2勝をマーク。6安打完封で1部昇格を決めた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16秋: 3 3勝0敗 10.1  2  9  5  0  0.00二部
   17春: 7 2勝1敗 26.1  20  24  12  7  2.39(8位)
   17秋: 3 0勝2敗   8  9       2  2.25
   18春:                      二部
   18秋:        登板無し          二部
   19春:        登板無し          二部
   一部: 10 2勝3敗 34.1  29       9  2.36

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   16秋2部  回数 被安 奪三 四死 自責
   成城大    3  0  2  0  0 ○
   獨協大   3.2  1  2  3  0 ○
   武蔵大   3.2  1  5  2  0 ○
        10.1  2  9  5  0 防0.00
     被安打率1.74 奪三振率7.84 四死球率4.35

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   桜美林     4  2       1
          4.1  2  3  3  0 ○ 143㌔
   東海大     2  1       0
   日体大 先   8  8       4 ●
   帝京大    2.1  2       0
   筑波大    1.2  0  2  0  0 ○
           4  5  5  1  2
         26.1  20  24  12  7 防2.39
      被安打率6.84 奪三振率8.20 四死球率4.10

  最新記事

 ■ 明星大ルーキー右腕・坂本が救った 秋の大学野球入れ替え戦(中日スポーツ) 16/11/10

 首都大学2部で優勝した明星大は、ルーキーの坂本匠投手(1年・岩倉)が完封勝ちを含む2勝を挙げて9季ぶりに1部復帰。明星大は、大一番の3回戦で1年の坂本が先発。6日前の2回戦は立ち上がりに失点しながらも、打線と救援陣に支えられての勝利だった。今度は6安打完封。「4年生とは最後の試合だったので、最初から飛ばしていきました」。楽天に育成2位で指名された南要輔遊撃手らの好守にも助けられてスコアボードにゼロを並べた。中盤まではスライダーを決め球にし、8、9回はフォークを振らせて逃げ切った。リーグ戦で自己最速の145キロを計測した1年生の将来性を、スタンドで視察した楽天巨人などのスカウトも評価した。岩倉高では3年春はエースだったが、夏は巽大介(現巨人)に背番号1を譲り、主にリリーフ。伸びしろも十分。先輩にも誘われて明星大に進学。「今の4年生は力があると聞きました。絶対に1部に行けると思ってきました」。リーグ戦は、ベストナインにも選ばれたエース秋葉真志投手が軸で、ベンチを外れることもあったが、入れ替え戦では立役者。来季にはずみをつけ「1部で優勝して明星の歴史をつくりたい」と誓った。

   17秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   東海大     1  2       1 ●
   日体大 先   6  7       1 ●
   筑波大     1  0  1  1  0
           8  9       2 防2.25

  プロフィール

 東京都狛江市出身。
 坂本 匠(さかもと・たくみ)投手。
 狛江市立狛江第二中学校を経て岩倉高校に進学。

 岩倉高校では1年時から控え投手としてベンチ入り。
 3年春の1シーズンのみエースナンバーを背負い、リリーフ投手として都大会全3試合に登板した。
 3年夏の予選は明大中野高校に2対3(5回3安打2失点)で敗れ3回戦敗退。
 3校連合チームと対戦した2回戦で7回ノーノー継投(エース・巽が6回、坂本が1回)を記録した。
 同期のチームメイトとして巽大介(巨人2015年6位)ら。

 明星大では1年春から2部リーグ戦に出場。
 1年秋のリーグ戦3試合10.1回に救援で登板し、3勝0敗、自責0の活躍で2部優勝を達成する。
 続く入替え戦・城西大戦で2勝0敗、14回11安打、防御率0.64の活躍を披露。
 2回戦で5回5安打1失点、3回戦で6安打完封を記録し、9季ぶり1部昇格に大きく貢献した。
 翌2年春の1部リーグ戦で7試合2勝1敗、26.1回20安打、防2.39(8位)を記録。
 桜美林2回戦(最速143㌔計測)、筑波大1回戦(1対0)で、それぞれ救援勝ち星を収めている。
 3学年上のチームメイトに南要輔松原聖弥ら。

 176cm75kg、細身のプロ注目145㌔右腕。
 ノーワインドアップから投げ込む最速145㌔のストレートと、2種類のスライダー、フォークボール。
 切れの良いストレートとスライダーが持ち味。フォークボールを織り交ぜる。
 1年秋の2部リーグ戦で145㌔を計測。入替え戦で好投を演じ、巨人、楽天から注目された。
 2年春の奪三振率8.20、与四死球率4.10。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2018-12-07(金)|2019年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑