三浦 銀二(福岡大大濠)

ここでは、「三浦 銀二(福岡大大濠)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm73kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ・チェンジ
最速144㌔の直球とスライダー。2年秋13試合で6完封。九州大会で3試合連続完封勝利を挙げた。

  動 画

  最新記事

 ■ 九州王者の福岡大大濠がセンバツ 早実へリベンジだ(日刊スポーツ) 17/1/28

 あの悔しさは忘れない。センバツ出場が決まった瞬間に、早実へのリベンジへの気持ちが高まった。福岡大大濠のエース三浦は「早実と対戦したいし、清宮くんや野村くんとも対戦したい。今度は完璧に抑えたい」とキッパリ口にした。昨秋の明治神宮大会準決勝。1年生の野村大樹内野手に許した1発を含め、12安打で6点を失った。清宮幸太郎内野手(2年)には二塁打を許し4四死球も与えた。「逃げていた」。この冬は練習場近くの砂浜ランニングなど、1日10キロ以上の走り込みで下半身を強化。甲子園での雪辱を誓い、制球力に磨きをかけた。
 日大三の左腕・桜井や静岡・池谷、大阪桐蔭・徳山、福岡大大濠・三浦、秀岳館の田浦、川端の左腕コンビにもプロ注目する。(西日本スポーツ)

   16秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   福岡2回戦:南筑高校 先   7          1
     3回戦:小郡高校 先   5          0封
     4回戦:九産九州 先   9          2
     5回戦:福岡西陵 先   9          3
     準々決:自由ケ丘 先   9  7       0封
     準決勝:筑陽学園 先   9  11  8  4  5
     決 勝:東海福岡 先   9  7  11  1  2
   九州2回戦:大分商業 先   9  4  12  1  0封
     準々決:鹿児島実 先   9  4  8  2  0封
     準決勝:秀岳館高 先   9  5  7  5  0封141㌔
     決 勝:東海福岡 先   9  9  8  1  3 143㌔
   神宮2回戦:明徳義塾 先   9  4  7  3  0封141㌔
     準決勝:早稲田実 先   8  12  9  4  6 140㌔
                110  88  99  28  22 防1.72
             被安打率7.20 奪三振率8.10 四死球率2.29

 ■ 福大大濠144キロ右腕・三浦、明徳を4安打完封(スポーツ報知) 16/11/13

 初出場の福岡大大濠は、プロ注目の最速144キロ右腕・三浦銀二(2年)が、明徳義塾の打線を4安打完封し、4強入りを決めた。阪神にドラフト4位指名された浜地真澄(3年)から背番号1を継いだ右腕は、内角の直球を効果的に活用。スライダー、チェンジアップで打者を手玉に取り、「いいデビューだと思います」と胸を張った。

 ■ 福岡大大濠・三浦12K完封(西日本スポーツ) 16/10/25

 福岡大大濠が春秋連覇へ好発進した。エース三浦が大分商を完封。春の九州大会決勝も経験した右腕は140キロを超える直球とスライダーで12三振を奪った。「スライダーがうまく使えた。低めを意識して投げた」と1回戦で本塁打を放った相手の3、4番を1安打に抑えた。相手打者を観察して投げる投球術は、1学年上で阪神からドラフト4位指名を受けた浜地真澄から伝授された。「浜地さんのようにプロになりたい」と言う三浦が、まずは1991年以来の選抜切符を狙う。

  プロフィール

 福岡県福岡市出身。
 三浦 銀二(みうら・ぎんじ)投手。
 筑紫丘小3年から軟式野球を始め、筑紫丘中では軟式野球部に所属。
 中学3年時に福岡選抜入りを経験した。

 福岡大大濠では1年秋からベンチ入り。
 濱地真澄が抜けた2年秋に主戦の座を獲得し、全戦完投で県・九州V、神宮4強入りを果たす。
 6完封勝利を挙げるなど13戦110回を22失点に抑えこむ安定した投球を披露。
 九州大会で33イニング連続無失点、合計36回35三振、22安打9四死球3失点を記録した。
 強豪校(大分商業、鹿児島実、秀岳館)を相手に3戦連続完封勝利をマーク。
 続く明治神宮大会初戦2回戦・明徳義塾戦で、4安打7奪三振、2対0完封勝利を収めている。
 同学年のチームメイトとして古賀悠斗、東怜央ら。

 175cm73kg、安定感のある最速144㌔右腕。
 ワインドアップから足を上げて溜めを作り、重心を下げ、肘を使ったスリークォーターの腕の振りから
 繰り出す最速144㌔、常時130㌔台前半から後半ほどの伸びのあるストレートと、
 120㌔前後のスライダー、110㌔台から120㌔台のチェンジ、100㌔前後から100㌔台のカーブ。
 内角直球とスライダーとのコンビネーション。チェンジアップ、カーブで緩急を付ける。
 落ち着いたマウンド捌き、丁寧な投球で試合を作る好右腕。2年秋13試合で6完封を記録した。
 被安打率7.20、奪三振率8.10、四死球率2.29。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-10(金)|2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑