古賀 悠斗(中大)|ドラフト・レポート

古賀 悠斗(中大)

ここでは、「古賀 悠斗(中大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



古賀 悠斗(中大)

174cm78kg 右右 MAX141km 捕手 遠投115m 50m6秒8 福岡大大濠
高校通算52発、長打力を秘めた右打者。高2秋に捕手転向。二塁送球1.9秒台の強肩を兼備する。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18春: 8 .077  13  1 0 0 0 0 2 3 0  .250  .077
   18秋: 10 .125  24  3 0 0 0 1 8 3 0  .222  .125
   通算: 18 .108  37  4 0 0 0 1 10 6 0  .233  .108

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春: 4 .313 16  5 0 0 1 2 3 3 0  .421  .500
   通算: 4 .313 16  5 0 0 1 2 3 3 0  .421  .500

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   U18W杯: 6 .222 18  4 1 0 0 1 4 3 1  .333  .278
   通 算: 6 .222 18  4 1 0 0 1 4 3 1  .333  .278

  最新記事

 ■ 中大・古賀が高校以来V打「打つキャラじゃない」(日刊スポーツ) 19/4/16

 中大・古賀悠斗捕手(2年)が高校時代以来という決勝打を放った。6-6の8回2死二、三塁で中前打。打力向上のため冬に振り込んだ成果が出た。だが、直前の守りで同点2ランを許した。「打つキャラじゃないので。リードで防げたところが何点もある」と反省を忘れなかった。

    1号:竹本 祐瑛(駒澤大)  19/ 4/23  左中間2ラン

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19春: 7 .429  21  9 0 2 1 4 3 5 0  .538  .762

 ■ 大濠バッテリー銀二・古賀 ともに関東の大学へ(西日本スポーツ) 17/8/31

 今秋のドラフト候補として複数球団がリストアップしていた福岡大大濠の三浦銀二投手、古賀悠斗捕手が卒業後、ともに大学に進学することが分かった。プロ志望届は提出しない。古賀は「まだ(捕手としての)経験が浅いので、中央の選手のすごさを見て、体を大きくして力をつけてプロに挑みたいと思っている」と進学理由を明かした。2人はそれぞれ異なる関東の大学に進む予定。志望校に進めば、2人は別のリーグで野球を続ける。リーグは違うが、ともに「神宮」を舞台に活躍した上で、プロを目指すことになりそうだ。

 ■ 福岡大大濠・銀二 大会計740球 「最高の思い出ができた」(西日本スポーツ) 17/7/29

 九州最強バッテリーの夏が終わった。遊ゴロに倒れたエース三浦が最後の打者になった。初回に先制してもらいながら、2回には昨秋の明治神宮大会の早実戦以来となる本塁打を浴びた。真っすぐを狙い打たれ、3連打とスクイズで2失点3回にも加点された。「三浦の調子を考えてうまくリードができなかった。負けたのは自分のせい」と古賀は責任を一人で背負った。昨秋以降、明治神宮大会を除いて無敗だった2人のバッテリーが味わった初の敗戦。「最高の思い出ができた」。今夏740球を投げた三浦は、支えてくれた古賀に感謝の言葉を贈る。今後の進路について三浦は「プロも視野に入れながら」と言及したが、古賀は「今から考えたい」と口にするにとどめた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   17夏予: 7 .304 23  7 2 0 1 5 1 5 0  .429  .522
    ※ 準決勝で同点の右中間二塁打、左翼席への52号本塁打

過去記事

 ■ 報徳学園“お家芸”さく裂(西日本スポーツ) 17/3/30

 報徳学園がお家芸の機動力を見せつけた。1回1死から四球で出塁した永山は、今大会初登板の徳原の癖を一瞬で見抜いた。鋭いスタートからすかさず二盗を決め、攻撃態勢に入った。続く片岡も粘って四球で出塁。永山、片岡の重盗で二、三塁とチャンスを広げた。4番篠原が右翼に先制の二塁打。甲子園独特の雰囲気に浮足立つ2年生右腕を、あっという間に攻略した。
 報徳学園が12安打に5盗塁など小技を絡めた攻撃と継投で逃げ切った。(毎日新聞)
 中日スカウト陣は一通りのチェックを終えて甲子園を後にした。中田宗男スカウト部長は早実・清宮を改めて絶賛。捕手では福岡大大濠・古賀と神戸国際大付・猪田に加え、秀岳館・幸地を「地肩が強い。将来性がある」と評価した。(中日スポーツ)

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   17春: 1   3  3  2  0  2 141㌔ 報徳学園

 ■ 福岡大大濠 春初8強 古賀だ 三浦だ(西日本スポーツ) 17/3/29

 計2試合、24回の長い戦いの終わりを告げるサイレンが鳴った。滋賀学園との引き分け再試合を制し、春は初の8強進出。福岡大大濠のホームを守る古賀は、計326球を投げたエース三浦が右手を握りしめた。心が通じ合うバッテリーの「勝利の握手」だった。三浦を助けたかった。3点目を許し、同点とされた直後の5回1死一塁。古賀は初球の直球を狙った。鋭いライナーが左翼スタンドへ突き刺さった。「前の打者が四球で出たので1球目は甘い球がくると思った。入れという気持ちだった」。冷静な読みから生まれた高校通算46号だった。

 ■ 福岡大大濠・古賀41号!捕手歴3カ月でプロ注目(日刊スポーツ) 16/11/14

 高校の部は、初出場の福岡大大濠が大会完封一番乗りで4強入りした。「捕手歴3カ月」で来秋ドラフト候補に挙がる古賀悠斗捕手(2年)が高校通算41号の先制ソロを放ち、守備では三浦銀二投手(同)を好リード。明徳義塾に2-0で勝利し、今日14日の準決勝で早実と激突する。3カ月前まで遊撃手だった古賀が、初の神宮でプロ12球団注目の捕手になった。完封一番乗りを引き出したリード、送球、打力とすべてがトップレベル。中日中田スカウト部長は「動きがいいし、1つ1つの送球が非常に正確。プロ対象の選手です」と古賀の攻守に目を見張った。「監督が自分の能力を見抜いてくださいました」と古賀は言う。入学直後は三塁、前チームでは遊撃新チームでは肩の強さを買われ、捕手にコンバートされた。「肩の強さは僕の売り。迷いはなかったです」。阪神ドラフト4位の先輩エース浜地真澄(3年)とバッテリーを組んでいた松本敦輝(3年)の助けを得て、新ポジションに取り組んだ。「相手打者の雰囲気、ファウルのスイング、打ったコースと打球方向、あとは表情を意識します」。捕手の心掛けも松本に教えられた。県内屈指の進学校で「得意科目はなくて、苦手な科目は全部です」と成績については苦笑いも、わずかな期間でドラフト候補にのし上がった。
 二塁送球は阪神スカウトの計測で常時1・8秒台を計測。「スローイングには自信があります」と胸を張っていた。(デイリースポーツ)

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   16秋: 13 .435  46 20 2 1 2 12 6 8 2  .519  .652

  プロフィール

 福岡県筑紫野市出身。
 古賀 悠斗(こが・ゆうと)捕手。
 小2からオール筑紫BBCで野球を始め、筑山中学校時代も同チームでプレー。

 福岡大大濠では入学直後からベンチ入り。
 1年生ながら夏全4戦で5番・サードスタメンを張り、同秋の新チーム結成時から遊撃手を務める。
 エース・濱地を擁して臨んだ翌2年春の大会で福岡V&25年ぶり九州Vを達成。
 九州大会全4戦に3番・遊撃として出場し、12打数で4安打3長打、本0点4の活躍を見せた。
 2年夏の予選を初戦2回戦敗退で終え、強肩を買われて同秋から捕手に転向。
 同学年の三浦銀二とバッテリーを組み、福岡V、九州V、神宮ベスト4進出を成し遂げている。
 捕手として急成長を見せると共に打撃でも打率.435本2点12の大活躍を披露。
 神宮初戦で先制左ソロ(甘い変化球)を放ち、明徳義塾相手の2対0完封勝利に貢献した。
 低め外スラをしぶとく中前に落とすなど、翌3年春の選抜2回戦で2安打を記録。
 中1日で行われた同再試合で、左中間2ラン(外寄高め直球)、右安(外直球)を放っている。
 守っては準々・報徳戦で二塁送球1秒95(4試合で許盗塁9/企図10)を計時。
 6回裏から救援で登板し、141㌔をマークしたが、3回3安打2失点、3対8で敗れ敗退となった。
 同年夏の県大会(準V)で4番を経験し、大会後、U-18代表としてW杯に出場。
 予選ラウンド3戦目から主に7番・捕手を担い、豪州戦で左線二塁打(130㌔内直球)を放った。
 1学年上のチームメイトに濱地真澄、同期に三浦銀二ら。

 中央大では1年春からベンチ入り。
 代打起用を経て終盤から下位で正捕手を務め、第5週・国学大戦で初安打となる遊安を放つ。
 翌2年春の駒大3回戦で左中間にたたき込むリーグ戦1号2ラン本塁打を記録。
 2季で合計18試合(スタメンマスク12)に出場し、通算4安打、打率.108本0点1の実績を残した。
 通算18試合、打率.108、4安打、0本塁打、1打点。

 174cm78kg、プロ注目の強肩キャッチャー。
 通算52発、振り切るスイングで左右に弾き返す右打者。パンチ力を秘めた打撃で4番を務める。
 二塁送球タイム1.9秒前後から2.0秒強、イニング間で1.8秒台を計測する強肩。
 三塁手、遊撃手を経て、2年秋に正捕手の座をつかんだ。好リードで三浦ら投手陣を牽引する。
 3年春に選抜8強入りを達成した。遠投115m。

  スカウトコメント

ヤクルト・小川淳司シニアディレクター|17/6/16
 「『雰囲気』を持った捕手です。抽象的な言い方になってしまいますが、捕手は座った雰囲気がすごく大事。足首が硬いと座り姿がよく見えませんから。キャッチング、スローイングもよく、周囲に気配りもできそうです」
オリックス・中川隆治アマチュアスカウトグループ長|17/6/16
 「キャッチャーとしてのサイズはそこまでないですが、ディフェンス能力に関してはトップクラスに入ってきます。地肩、キャッチング、インサイドワークともに高いレベル。打つほうでもボールを飛ばす“小力”を感じます」
ヤクルト・小川シニアディレクター|17/4/7
 「二塁送球が1・9~2秒を切るぐらいで安定していた」
日本ハム・大渕部長|17/4/7
 「5番目の内野手みたいな捕手」
ヤクルト・小川淳司シニアディレクター|17/3/23
 「捕手の古賀は二塁までの送球が1・89秒という数字が出ていて好素材に見えた」
中日・中田スカウト部長|16/11/14
 「動きがいいし、1つ1つの送球が非常に正確。プロ対象の選手です」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-05-04(土)|2021年大学生野手 | 東都大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
捕手歴は浅いけど結構センスあると思う
高卒捕手の中で一番気に入ってる
| 匿名 | 2017年08月01日(Tue) 22:31 | URL #- [ 編集]
動画を見たけど2塁送球が素晴らしい
速いしベース付近に投げるコントロールも良い
| ナックル | 2017年02月18日(Sat) 12:27 | URL #9L.cY0cg [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生野手 | 東都大学 コメント(2) Page Top↑