山本 隆広(関西大)

ここでは、「山本 隆広(関西大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



山本 隆広(関西大)

172cm77kg 右左 MAX148km スライダー・チェンジ 桜宮高
最速148㌔直球を持つ小柄な右腕。2年秋にMVP、最優秀投手を受賞。最多5勝の活躍を見せた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春: 登板無し
   15秋: 1  0勝0敗    2  2  2  1  2  9.00
   16春: 1  0勝0敗    1  0  3  0  0  0.00
   16秋: 8  5勝1敗  47.1  33  47  13  13  2.47(6位)
   通算: 10  5勝1敗  50.1  35  52  14  15  2.68
          被安打率6.26 奪三振率9.30 四死球率2.50
    ※ 16秋:MVP 16秋:最優秀投手

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   16神: 1   2  1  1  2  0 147㌔(神宮) 明大

投手成績詳細

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   同 大     2  2  2  1  2

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   近畿大     1  0  3  0  0

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   近畿大 先   9  2  8  2  0 ○封
   同 大 先   8  6  7  0  1 ○
   京都大 先  5.1  6  7  1  2 
   立命大 先   9  2  11  5  0 ○封
           4  4  5  1  3
   関学大 先  2.1  6  1  1  3 ●
           3  0  5  1  0 ○
       先  6.2  7  3  2  4 ○
         47.1  33  47  13  13 防2.47
      被安打率6.27 奪三振率8.94 四死球率2.47

   16秋代決  回数 被安 奪三 四死 自責
   大商大 先   9  6  8  2  0 ○
   奈良学 先  5.2  6  7  0  2
         14.2  12  15  2  2 防1.23
      被安打率7.36 奪三振率9.20 四死球率1.23

  最新記事

 ■ 関大・山本のサヨナラ弾で熱戦に決着「何も考えずに振った」(SANSPO) 17/4/16

 関大の山本が熱戦に決着をつけた。2-2の九回1死、右翼へサヨナラ本塁打をたたき込んだ。投げては152球の力投だった右腕は「何も考えずに振った。芯に当たって、弾道的にも入ると思った」と余韻に浸った。前打者が出塁しても、代打を送られることはなく「延長も投げさせてもらえる」と意気に感じていた。そんな中、自らも想定外の一発。早瀬監督は「質のいい打球を打てる。十分に期待していた」と大仕事をたたえた。

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京都大 先   7  2  7  0  0 ○
   同 大     1  0  1  0  0
       先   9  8  7  4  2 ○
          17  10  15  4  2 防1.06
      被安打率5.29 奪三振率7.94 四死球率2.12

 ■ 関大・山本が2回0封 全国大会デビューで147キロ(デイリースポーツ) 16/11/14

 大学の部、高校の部の準々決勝各2試合が行われ、大学では明大が4強入りを決めた。関大は敗れたものの“山口高志2世”こと山本隆広投手(2年・桜宮)が2回1安打無失点の全国デビューを飾った。1-4の八回からマウンドへ。先頭を死球で歩かせたが、最速147キロを計測した直球で押した。九回も2死一、三塁のピンチを切り抜け、味方の反撃を待った。結果的に敗れたが「次は先発で起用してもらえるように。選手権で戻ってきたい」と力を込める。“師匠”の山口高志アドバイザリースタッフ(前阪神投手コーチ)は「来年はワインドアップにして、もっと大きく育てたいアベレージで145、6が出るように」と言う。本人の目標は150キロ超え。小さな体をいじめ抜き、頼れる大黒柱となって神宮のマウンドに帰ってくる。

 ■ 関大4季ぶり優勝 2冠“山口高志2世”山本が原動力(デイリースポーツ) 16/10/25

 関大が立命大とのプレーオフを制し、4季ぶり35度目の優勝を果たした。MVPと最優秀投手の2冠を獲得した山本隆広投手(2年・桜宮)は早瀬万豊監督、山口高志アドバイザリースタッフの指導を受けて急成長し、5勝をマーク。身長172センチと小柄ながら最速148キロの“山口高志2世”が、Vの原動力になった。小さな体で名門をVへ引っ張った。早瀬監督が「2つの完封が大きかった」と称えたのが山本。最速148キロの直球を主体に、この秋は5勝をマークした。春先に大阪桐蔭との練習試合で高校生に痛打されていた男が、山口アドバイザリースタッフとの出会いで変ぼうを遂げた。「軸足が折れるから。まずしっかりと下半身を鍛えよう」。大先輩からの言葉を胸に、黙々と練習に励んだ。軸足の矯正はかつて、阪神投手コーチ時代に藤川球児を覚醒させた手法。それが山本にもはまり「球速もそうですけど、直球で空振りが取れるようになった」と山本は明かす。「山口さんとは同じくらいの身長なので、目指したい。直球で勝負できる投手になりたい」と力を込めた右腕。偉大な投手を目標に、山本はさらなるレベルアップを目指す。

  プロフィール

 大阪府阪南市生まれ。
 山本 隆広(やまもと・たかひろ)投手。
 東鳥取小時代から軟式野球を始め、鳥取東中では軟式野球部に所属。

 桜宮高校時代3年夏は大阪大会16強で敗退。
 背番号1で全4試合(先発3)28.1回に登板し、初戦2回戦で15K、3回戦で12Kの力投を見せた。
 当時から最速145㌔を計測。1学年上に藤岡大士ら。

 関西大では1年秋からリーグ戦に出場。
 翌2年秋に吉川峻平に次ぐ先発の座を獲得し、最多5勝(1敗)の活躍で4季ぶりVを達成する。
 8試合47.1回47奪三振、防2.47(6位)の好成績でMVP、最優秀投手を受賞。
 近大2回戦で2安打8Kリーグ戦初完封勝利、立命大2回戦で2安打11K完封勝利を収めた。
 全国大会には2年秋の明治神宮大会(明治大に1対4で2回戦敗退)に出場。
 3点を追う8回表から2番手として救援登板し、最速147㌔直球で2回を1安打無失点に抑えた。
 通算10試合、5勝(2完投2完封)1敗、50.1回、防御率 2.68。

 172cm77kg、148㌔直球を持つ小柄な右腕。
 セットから重心を下げて大きめのテイクバックを取り、着地早めに右肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速148㌔、常時135㌔強から145㌔前後の直球と、120㌔台のチェンジアップ。
 直球主体に押す力投型右腕。グラブを掲げて小柄な体を大きく使ったフォームから投げ込んで行く。
 奪三振率9.30。コントロールにはバラツキが残る。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-04-21(金)|2018年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑