阪本 大樹(大阪ガス)|ドラフト・レポート

阪本 大樹(大阪ガス)

ここでは、「阪本 大樹(大阪ガス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



168cm79kg 右右 MAX146km スライダー・カット・カーブ・チェンジ 履正社→関西大 2年目
146㌔直球とカット、縦スラ。日米野球で敢闘賞を受賞。4年秋のリーグ戦で62回連続0封を記録した。

  動 画

  投手成績

 ■ 社会人時代成績

     試合    回数 被安 奪三 四死 自責
   18都: 2     7  8  2  2  5
        先   3  4  0  1  4 144㌔ かずさマ ※ 満塁弾被弾
        先   4  4  2  1  1 142㌔ JR東日本 ※ ソロ弾被弾
   18日: 2    9.1  6  6  1  1
           3.1  3  3  0  1     鷺宮製作
            6  3  3  1  0     ホンダ鈴鹿 ●
   19都: 1 先   6  4  5  0  0 146㌔ JFE東 ※ 平均141.2㌔
   19日: 4     30  13  10  5  2
        先   11  3  3  1  0 144㌔ ホンダ鈴鹿 ○封
            3  1  0  0  0 144㌔ JFE東 ○
        先   7  2  5  1  1 141㌔ NTT西
        先   9  7  2  3  1 142㌔ 日本生命 ○
   通算: 9    52.1  31  23  8  8 防1.38
        被安打率5.33 奪三振率3.96 四死球率1.38
    ※ 19日:MVP

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:         登板無し
   14秋: 3  0勝0敗   3  9  2  1  5 15.00
   15春: 5  1勝0敗  10.1  4  9  7  2  1.74
   15秋: 5  2勝2敗  39.2  25  43  5  5  1.13(4位)
   16春: 11  4勝3敗  74.2  58  72  14  13  1.57(4位)
   16秋: 8  1勝0敗  14.2  24  13  3  8  4.91
   17春: 7  2勝4敗  56.2  50  45  13  9  1.43(4位)
   17秋: 7  5勝1敗   67  37  50  4  3  0.40(1位)
   通算: 46 15勝10敗  266 207 234  47  45  1.52
          被安打率7.00 奪三振率7.92 四死球率1.59

    ※ 17秋:MVP 17秋:最優秀投手 17秋:ベストナイン
      17秋:特別表彰(新リーグ記録を更新の62イニング連続無失点)

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16神: 1     4  2  4  0  0 145㌔(神宮) 明治大
   17神: 1 先  6.1  5  6  0  2 144㌔(神宮) 創価大 ●
   通算: 2   10.1  7  10  0  2 防1.74
       被安打率6.10 奪三振率8.71 四死球率0.00

 【 国際大会 】 
      試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   17日米: 3   8  1  11  3  0 ※ 敢闘賞 
           3  1  3  0  0 第1戦
           4  0  5  3  0 第3戦 ○
           1  0  3  0  0 第4戦
   17ユニバ: 4  3.2  2  4  4  1
           1  0  2  0  0 MEX
           1  1  1  2  1 USA
          0.2  0  0  2  0 KOR
           1  1  1  0  0 USA
   通 算: 7 11.2  3  15  7  1 防0.77
      被安打率2.31 奪三振率11.57 四死球率5.40

 ■ 甲子園成績

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責  
   12春: 2  6.1  6  7  2  2
          3  3  4  1  1 140㌔ 地球環境 ○
         3.1  3  3  1  1 139㌔ 愛工名電
   13春: 1   2  1  2  0  0 142㌔ 岩国商業
   通算: 3  8.1  7  9  2  2 防2.16
      被安打率7.56 奪三振率9.72 四死球率2.16

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   関学大     1  1  1  0  0
          1.1  3  1  1  3
   立命大    0.2  5  0  0  2
           3  9  2  1  5 防15.00
      被安打率27.00 奪三振率6.00 四死球率3.00

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   近畿大     0  1  0  4  2
   同 大     2  0  1  1  0
   立命大     1  0  1  0  0
           1  1  0  1  0
   関学大    6.1  2  7  1  0 ○
         10.1  4  9  7  2 防1.74
      被安打率3.48 奪三振率7.84 四死球率6.10

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   近畿大 先 11.1  3  10  1  0…8回までノーヒット
   同 大 先  5.1  7  7  1  2 ●
   京都大 先   9  5  9  1  1 ○
   立命大 先   5  3  4  2  2 ●
   関学大 先   9  7  13  0  0 ○
         39.2  25  43  5  5 防1.13
      被安打率5.67 奪三振率9.76 四死球率1.13

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京都大 先   9  4  8  1  0 ○
           3  0  3  0  0 ○
   同 大 先   6  9  5  2  4
           2  1  3  0  0 ○
   立命大 先   7  5  6  0  2 ● 
           1  2  1  0  0
   近畿大 先  15  7  11  4  0 
       先   7  4  7  1  0
       先   8  9  12  1  3 ●
   関学大 先  7.2  7  9  2  3 ●
       先   9  10  7  3  1 ○
         74.2  58  72  14  13 防1.57
      被安打率6.99 奪三振率8.68 四死球率1.69

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   近畿大    0.1  0  0  0  0
   同 大     3  3  1  0  0
           1  1  0  0  0
   京都大    3.2  3  5  0  0 ○
   立命大     2  4  3  0  2
          1.2  5  2  3  3
   関学大     1  5  0  0  2
           2  3  2  0  1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   立命大    3.2  3  1  1  0…優勝決定戦
          18  27  14  4  8 防4.00
      被安打率13.50 奪三振率7.00 四死球率2.00

   16秋代決  回数 被安 奪三 四死 自責
   奈良学     4  0  7  2  0 ○

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京都大 先   8  4  6  1  0 ○
   同 大 先   9  10  7  2  1 ○
   近畿大 先 11.2  12  12  5  5 ●
   立命大 先   6  4  5  3  0 ●
       先   9  8  5  2  0 ●
   関学大 先   7  6  5  0  2 ●
       先   6  6  5  0  1
         56.2  50  45  13  9 防1.43
      被安打率7.94 奪三振率7.15 四死球率2.06

   17秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   京都大 先   7  7  6  0  3 ●
       先   9  3  9  0  0 ○封
   同 大 先   9  5  5  1  0 ○封
   近畿大 先  15  6  13  1  0
   立命大 先   9  5  6  2  0 ○封
       先   9  6  6  0  0 ○封
   関学大 先   9  5  5  0  0 ○封…62回連続0封
          67  37  50  4  3 防0.40
      被安打率4.97 奪三振率6.72 四死球率0.54

   17秋代決  回数 被安 奪三 四死 自責
   大商大 先   7  7  2  0  2 ●

  最新記事

 ■ 関大・阪本大 完封勝利 連続無失点62回に(スポニチ) 17/10/25

 関大の阪本大樹投手が完封し、9月9日の京大戦から続く連続無失点を62回に伸ばした。初回に味方の失策絡みで1死二、三塁のピンチ。「1点もやらないつもりで気持ちを入れた」。直球勝負で切り抜けると、2回以降もゼロを並べた。山口氏は「オレの気持ちもややこしいから、明日(勝って全日程を)終わらせてくれ」と、2回戦に先発予定の山本に冗談交じりに声をかけた。阪本大に登板機会があるかは微妙だが「神宮に行って勝つことが目標なので、記録よりもチームの勝利が優先」と、明治神宮大会の切符が懸かる関西地区大学野球選手権を見すえた。

      試合 回数 被安 奪三 四死 防御率 被安率 奪三率 四死率
   18都予: 3  15  10  15  4  1.80  6.00  9.00  2.40

 ■ 阪本大が53回連続無失点(西日本スポーツ) 17/10/20

 関大の4年、阪本大樹投手が秋季リーグ戦で、53回連続無失点をマーク。プロ野球の阪急で活躍した山口高志が関大時代の1971年秋に記録した68回の記録(旧リーグ)を更新する可能性を残す。169センチ、74キロの右腕。京大戦で3失点して以降、15回を投げて0-0で引き分けた近大戦を含め、5試合でゼロを並べる。第6節の立命大戦では1、3回戦で完封。ライバルを完璧に封じ込んだ。8月にユニバーシアードを経験したことが大きく生きているという。これまでは直球にこだわって打ち込まれるケースもあったが「いい打者ほど緩い球が通用した」。より変化球を生かすように配球を工夫するようになった。阪神の投手コーチも務めた山口氏が、昨年からアドバイザリースタッフに就任。「体は熱く、心は冷静に」との助言を受け、意識している。卒業後は社会人野球の大阪ガスに進む予定で、将来的にはプロ野球でプレーすることを希望する。

 ■ 関大・阪本大樹、宮西超え53イニング連続0封 新リーグ最長(スポーツ報知) 17/10/12

 首位の関大が立命大に勝ち越し、勝ち点を4に伸ばして2季ぶり優勝へ大きく前進した。先発した大学日本代表右腕・阪本大樹は、相手打線を6安打に抑え4試合連続完封53イニング連続無失点とし、関学大・宮西尚生(日本ハム)の48回1/3を上回り、1982年の新リーグ創設以降、新記録を打ち立てた。初回に1死一、二塁のピンチを招いたが、無失点でしのぐとその後は危なげなし。三塁を踏ませない快投に「持ち味は制球とキレ。良さが出せた」と声を弾ませた。

過去記事

 ■ 大学日本代表・善波監督「頼もしい」3回完全阪本◎(日刊スポーツ) 17/7/7

 大学日本代表が7日、平塚市のバッティングパレス相石ひらつかで三菱日立パワーシステムズと練習試合を行った。試合は特別ルールで行われ、2-5で敗れた。善波達也監督が高評価を与えたのが、関大・阪本大樹投手だった。3回を投げ、パーフェクト投球。3者連続三振を含む5三振を奪った。善波監督は「セレクションの時から、安定したピッチングをしてくれている。頼もしいです」と期待した。

  プロフィール

 大阪府大阪市出身。
 阪本 大樹(さかもと・だいき)投手。
 鶴橋小学校時代から硬式野球を始め、鶴橋中では大阪生野ボーイズに所属。

 履正社高では1年時秋から控え投手としてベンチ入り。
 翌2年春の選抜全2試合にリリーフとして登板し、初戦・地球環境高戦で全国白星を記録した。
 2年秋、3年春の2大会で主戦を務め、3年春の選抜初戦(0-1)で142㌔を計測。
 続く春季大会初戦2回戦で13Kの好投を演じ、八尾相手に1-0(ゴロ12)完全試合を達成した。
 同学年のチームメイトに東野龍二東範幸宮本丈ら。

 関西大では1年時秋から救援でリーグ戦に出場。
 翌2年秋のリーグ戦で先発2番手の座を掴み、2勝(2完)2敗、防1.13で投手十傑入りを果たす。
 と投げ合った翌3年春の近大1回戦で、15回189球、0-0完投の力投を披露。
 主戦として13戦中11試合をこなし、74.2回で72K、4勝(2完)3敗、防1.56の好結果を残した。
 ケガで出遅れた影響で3年時秋のリーグ戦(4季ぶり優勝)には救援として出場。
 続く代表決定戦・奈学大戦(10回TB7-5)で、4回無安打7K2失点の好救援を演じている。
 4年時春から再び主戦としてチームを支え、計15勝10敗、防御率1.90をマーク。
 4年秋のリーグ戦で最多5勝(5完5封)を挙げ、優勝の原動力としてMVPなど3冠を受賞した。
 宮西尚生が持っていた新リーグ記録を更新する62イニング連続無失点を樹立。 
 合計67回でわずか4四死球(率0.54)、3失点(自責3)、防0.40(1位)の好成績を残している。
 全国大会には3年秋、4年秋の明治神宮大会(いずれも初戦で敗退)に出場。
 先発・救援で2試合10.1回に登板し、0勝1敗、7安打10奪三振、無四球2失点を記録した。
 4年時になって日本代表入りを果たし、日米野球及びユニバに救援として出場。
 日米野球で8回1安打11K0封の好救援を演じ、敢闘賞(2勝3敗でV逸)のタイトルを獲得した。
 通算46試合(先発27)、15勝(9完5封)10敗、266回、防1.52。

 大阪ガスでは1年目から公式戦ベンチ入り。
 春先から先発の一角として登板機会をつかみ、都対予選で計15回15K、防1.80の実績を残す。
 本大会(優勝)5試合中2試合に先発起用されるもいずれも試合前半で降板。
 同秋の選手権2回戦で好救援を見せたが、6回2失点、12回TB1-3で敗れ負け投手となった。
 翌2年目夏の都市対抗初戦・JFE東戦で最速を1キロ更新する146㌔を計測。
 タイブレーク負けの中で6回までを無四球5K無失点(0-0で降板)に抑える粘投を披露している。
 二大大会9試合、3勝1敗、52.1回、防御率1.38。

 168cm79kg、ガッチリとした小柄な右腕。
 セットポジションから上体を傾けて重心を下げ、着地早めに右肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速146㌔、常時140㌔前後から140㌔台前半(先発時)の力ある真っ直ぐと、
 130㌔前後から140㌔強のカット、130㌔前後の縦スラ、110㌔台のカーブ、120㌔台のチェンジ。
 140㌔を超えるストレートとカットボール・スライダーとのコンビネーションが持ち味。
 高めに浮くボールもあるが与四死球率1.21(二大大会)のコントロールで両サイドに投げ分ける。
 国際大会で11.2回15K1失点と好投した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年10月09日(水)|2019年社会人投手 | 関西学生 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
大学時代の実績を考えたらドラフト上位なんだけどなあ
背を伸ばす練習もすればよかったですね
| 匿名 | 2019年02月20日(Wed) 22:41 | URL #- [ 編集]
安定感とコントロールに関してははピカイチだと思う。
今すぐにプロ入りしてもそれなりの活躍は期待できそうですね。
3年後に期待したいところです
| 名無しさん | 2017年10月21日(Sat) 03:16 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人投手 | 関西学生 コメント(2) Page Top↑