岩見 雅紀(慶大)

ここでは、「岩見 雅紀(慶大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



岩見 雅紀(慶大)

187cm107kg 右右 外野手 遠投110m 50m6秒4 比叡山高
リーグ通算15本塁打、飛距離が光る右の長距離砲。3年秋の早大3回戦でレフト上段ソロを放った。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春:          出場無し
   14秋:          出場無し
   15春: 3 .000  3  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   15秋: 9 .500  10  5 0 0 2 4 1 0 0  .500 1.100
   16春: 13 .318  44 14 1 1 4 13 16 3 1  .362  .659(9位)
   16秋: 9 .345  29 10 2 0 3 10 7 2 0  .387  .724
   17春: 14 .224  49 11 0 0 5 13 15 8 0  .333  .531
   通算: 48 .296 135 40 3 1 14 40 40 13 1  .358  .644
    ※ 17春:ベストナイン

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17日米: 3 .000  6  0 0 0 0 0 2 1 0  .143  .000
   17ユニバ: 6 .333  6  2 2 0 0 2 3 4 0  .600  .667
   通 算: 9 .167 12  2 2 0 0 2 5 5 0  .412  .333

  最新記事

 ■ 慶大・岩見が逆転3ラン 東大に36年ぶり勝ち点許さず(スポニチ) 17/9/20

 慶大が東大に13―10で競り勝ち、2勝1敗で勝ち点を獲得した。今秋ドラフト候補の岩見雅紀外野手が東大・宮台康平投手から今秋リーグ戦1号を放つなど2安打4打点の活躍。岩見が負ければ36年ぶりに東大から勝ち点を落とす危機を救った。1点を追う3回2死一、三塁から宮台の直球を捉えて左翼へ逆転3ラン。ドラフト候補左腕からの一発に「相手が本調子じゃない時に打てなかったら話にならない。今日は絶対に打ってやろうと思っていた」と第1戦の146キロから最速が4キロ落ちた左腕に手痛い一撃を見舞った。進路をプロ一本に絞る大砲は、これで現役最多15本塁打。早大・石井浩郎(元近鉄)らに並ぶ歴代12位タイとなり「歴代のスーパースターの方たちと一緒に名前が載ることはうれしく思う。でも、本塁打か勝ち点のどっちを取れと言われるなら勝ち点の方がいい」と語る。日本ハムの大渕隆スカウト部長は「(将来的には)プロで20、30本打つ力はある」と評価した。
 ▽楽天長島スカウト部長「飛距離は魅力がありますし、(プロ12球団でも)貴重な右の長距離砲」(日刊スポーツ)

    1号:青木 勇人(法政大)  15/ 9/26  左越え3ラン
    2号:小島 和哉(早 大)  15/10/31  左越えソロ弾
    3号:有坂  望(東京大)  16/ 5/ 1  左中間ソロ弾
    4号:有坂  望(東京大)  16/ 5/ 1  左越えソロ弾
    5号:大竹耕太郎(早 大)  16/ 5/28  左中間2ラン
    6号:竹内  諒(早 大)  16/ 5/29  先制左2ラン
    7号:有坂  望(東京大)  16/ 9/17  左中間2ラン
    8号:手塚  周(立教大)  16/10/16  右越えソロ弾
    9号:二山 陽平(早 大)  16/10/31  先制左ソロ弾…上段への特大弾
    10号:宮台 康平(東京大)  17/ 4/15  左越え2ラン…上段への130m弾
    11号:小林 大雅(東京大)  17/ 4/16  中越え先制弾…135mの特大ソロ
    12号:田中 誠也(立教大)  17/ 4/25  左中間満塁弾
    13号:長谷川裕也(法政大)  17/ 5/ 8  左越えソロ弾
    14号:長谷川裕也(法政大)  17/ 5/ 8  中越え2ラン
    15号:宮台 康平(東京大)  17/ 9/19  逆転左3ラン

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17秋: 3 .273  11  3 0 0 1 4 0 3 0  .429  .545

 ■ 大学侍岩見 小学生以来「一塁」(スポーツ報知) 17/7/7

 日米大学野球選手権に出場する大学日本代表の直前合宿が6日、神奈川・平塚市内で始まった。187センチ、107キロの大型スラッガーで、今秋ドラフト候補の慶大・岩見雅紀外野手は一塁にも挑戦。「シーズンが終わってから準備してきた。(サインプレーなども)心配していない」と自信をのぞかせた。本職は左翼で、一塁は小学生以来。今春の東京六大学リーグで5本塁打を放った打撃を生かすため、DHの可能性も含めて出場機会を増やすことが狙いだ。打撃練習ではサク越えを連発し、視察に訪れた9球団のスカウトにアピール。4番候補として期待される岩見は「今までやってきたことを変える必要はない。4番を打つつもりでやりたい」と意気込んだ。

 ■ 慶大、“岩見ネット”完成へ!右翼には由伸ネット(SANSPO) 17/6/27

 慶大野球部グラウンドの外野後方の防球ネット、通称“岩見ネット”の増設工事が終了間近となった。球場は両翼97メートル、中堅118メートルあるが、ドラフト候補の4番・岩見雅紀外野手がフリー打撃で飛距離135メートル超の打球を飛ばして左中間後方の保育施設の屋根に当てるため、事故防止として工事が行われた。ネットの高さは左翼ポール際が15メートルから20メートルに、左中間から中堅は10メートルから18メートルで張られる。大久保監督は「右翼に(高橋)由伸ネットがあり、左中間が岩見ネットになるのだから記憶だけでなく、記録、勝利につなげてほしい」と話している。

過去記事

 ■ 慶大の“エルド”岩見が連発!オリスカウト「ピンポン球打ってる感じ」(SANSPO) 17/5/9

 法大が慶大を8-4で下し、2勝1分けで勝ち点2とした。慶大は3番・岩見雅紀外野手の2打席連続本塁打などで追い上げたが、及ばなかった。慶大の3番・岩見が豪快に2本塁打を放った。六回に下手投げ右腕、長谷川から左翼席へソロ七回にも中越えに今季5号、通算14号となる2ランを運んだ。「うまくバットに乗せられた。最初の2打席は詰まっていて、その後に打席で修正できた」。いずれも推定飛距離125メートルの特大弾で、視察したオリックス・由田スカウトを「一人だけピンポン球を打っているような感じ。風は全く関係ない」とうならせた。その飛距離から、広島の大砲をもじって“慶大のエルドレッド”の異名を取る。「プロへ行けなかったら野球をやめるつもり」と志望はプロ一本。その前に「四死球で勝てればそれでいい。だけど、自分が大事なところで本塁打を打って優勝したい」と大きな目標がある。
 広島苑田スカウト統括部長「打球の速さや飛距離はプロでもトップクラスうちのエルドレッドみたい」(日刊スポーツ)

 ■ 岩見の弾丸満塁弾にスカウト驚いた「エルドみたい。パワーは一番」(スポーツ報知) 17/4/26

 今秋ドラフト候補で大学NO1スラッガー・慶大の岩見雅紀左翼手が、立大4回戦でリーグ戦自身初となる満塁本塁打を放った。立大の左腕エース・田中誠のチェンジアップを振り抜いた打球は、左中間席に跳ね返ってグラウンドに戻ってくるほどの弾丸ライナーだった。両チーム無得点の4回に6点を挙げ、なおも1死満塁からのグランドスラム。リーグ通算90本目のメモリアル満塁弾となり「先輩たちが築いてきたもの。うれしい。光栄です」と笑顔。視察に訪れた4球団のスカウトも目を丸くした。今季の3本塁打全てを見ている広島・苑田スカウト統括部長は「ウチのエルドみたいだねパワーも違うし、打球の速さが違う今のアマチュアではパワーは1番」。DeNA・欠端スカウトは「パワーもあるし、球の捉え方がいいインコースに厳しくてもファウルにしているし、変化球にも対応できている」。中日・松永編成部長は「飛ばせる力は魅力。人にはないものを持っている」と評価した。規格外のパワーに、慶大・日吉グラウンドには“岩見ネット”が誕生した。97メートルの左翼には約15メートルの高さの防球ネットがあった。だが今春、左翼フェンス後方に「下田みんなの保育園」が開園。ちびっ子を守るために、ネットを新設したり、5メートルほど高くして対応。それでも柵越えの危険性があるため、岩見は他の選手より5メートルほど下がって打撃練習をしているという。「ホームランの数は気にしていない。打点が勝利に直結する。勝ち点が取れたのは大きい。優勝するのが第一の目標。極端に言うと、自分が全部バントしてでも、チームが勝てるならそれでいい」と言い切る。頼りになる主砲が、バットで勝利を呼び込む。
 ▽広島苑田スカウト統括部長「打球が違いますよね。飛ばす力は天性」(日刊スポーツ)
 広島・苑田スカウト統括部長は「打球が強いし速い。スタンドに突き刺さる感じの本塁打を打つ選手は珍しい筒香(DeNA)みたいだね」と評価していた。(SANSPO)
 広島の苑田聡彦スカウト統括部長は「コンクリートを砕くんじゃないかというくらいグワーンと(ライナーで)いくプロで50本くらい打つかもしれない」と高評価した。(スポニチ)
 ネット裏で見守ったDeNA・吉田編成部長が「バッティングはいいね。長打力は魅力だね」と語れば、楽天・沖原スカウトも「飛距離はものすごいよ」と評価した。

 ■ 慶大・岩見が「完璧」135メートルバックスクリーン超え弾(スポーツ報知) 17/4/17

 今秋ドラフト候補で大学NO1スラッガーの慶大・岩見雅紀左翼手が、神宮を“岩見劇場”に変えた。2回先頭。東大の左腕・小林大雅の初球127キロを強振した。「完璧でした。手応えも今までで一番良かった。センターへのホームランは、大学では初めて」という通算11号は、神宮球場の高さ約7・65メートルのバックスクリーンを越える、推定135メートルの特大アーチ。シーズンをまたいで3戦連発となった。驚異の本塁打率だ。2年春から通算36試合で、90打数31安打。そのうち11本がホームランで、1本塁打に要する打数は8・18。慶大・高橋由伸、法大・田淵幸一、早大・岡田彰布ら六大学の球史を彩った強打者の本塁打率が15台であることからも、岩見の量産ぶりが分かる。視察した広島・苑田スカウト統括部長も「すごいね。弾丸のような打球で、あんなに飛距離が出るあんなホームラン、久しぶりに見た。アマでは1番だろう」と絶賛。元近鉄で、社会人のJX―ENEOSでも指揮した大久保秀昭監督も「あの飛距離は社会人でも見たことがない。見てきた中ではナンバーワン。人にはない魅力を持っている」と高く評価した。昨秋の東大2回戦では、ファウルボールを追って三塁側ブルペンにつまずいて転倒。負傷離脱した苦い経験もあるが、この日は守備でも魅せた。3回先頭。勢いよく背走しながら好捕し、そのままフェンスに激突した。「勝手にグラブに入ってました。うれしかったですね」。4回に代走を送られ、都内の病院でCT検査を受けたが、軽い脳しんとうで異常なしとの診断が下された。その後は球場に戻り、笑顔で取材に応じた。
 視察した広島・苑田スカウト統括部長は「アマで飛距離は一番中田(日本ハム)より打つようになる可能性がある右打者」と絶賛した。(SANSPO)

 ■ 慶大・岩見が特大弾「プロでもトップ級」とスカウト(日刊スポーツ) 17/4/16

 ドラフト候補の慶大・岩見雅紀外野手が初回に推定130メートルの特大2ランを放って援護した。リーグ通算10号アーチは左翼席上段まで飛んだ。「感触は良かったのでいっただろうと思った。1年生が投げてるので気を楽にしてあげたかった。四球を2つ選べたのも良かったです」と笑顔。オリックス由田スカウトは「飛距離はプロでもトップクラス」と評価した。
 当たれば飛ぶことをあらためて見せつけたが課題はもろさだったボール球に手を出してしまうから、低めで勝負されて仕留められていた。このオフはその克服に取り組み、2四球につながった。「いままで四球が少なかった。練習から、たとえ打てたとしてもボール球は振らないようにした」。ソフトバンクの山本スカウトは「ボールをよく見るようになった」と評価した。(西日本スポーツ)

 ■ 慶大のドラフト候補大砲・岩見の初練習に巨人、DeNAが視察(デイリースポーツ) 17/2/6

 慶大が5日、横浜市内の同大グラウンドで今年のチーム初練習を行った。今秋ドラフト候補の岩見雅紀外野手は、フリー打撃で鋭い打球を披露。「年末年始も太らないように、動けるように過ごしていた。例年よりいい感じ」と、心地よさそうに汗を流した。現役最多のリーグ戦通算9本塁打。昨秋も130メートル級の特大弾を放つなど、飛距離は群を抜く。アーチ量産にも期待がかかる右の大砲は「個人というより、とにかく勝つこと、優勝することが大事。そのために、僕の数字が上がればいい」と、チーム第一を強調。最終学年を迎えるが「上(プロ)でやりたい気持ちはあるけど、今まで通りしっかりやることが大事」と、落ち着いて抱負を語った。この日は巨人DeNAのスカウトが練習を視察した。

 ■ プロ注目慶大・岩見、レベル↑A・ロッド級活躍誓う(日刊スポーツ) 16/12/18

 東京6大学リーグの慶大が18日、横浜市内の同大グラウンドで年内の練習を納めた。来秋ドラフト候補の岩見雅紀外野手(3年=比叡山)はリーグ現役トップの9本塁打を放つ。187センチ、108キロ、太ももは68センチという恵まれた体で、フリー打撃でも柵越えを連発する。先月には大学日本代表の候補合宿にも参加。「今まで関わっていない世界だった」と一定の刺激を受けた。憧れは、ヤンキースなどで通算696本塁打をマークしたアレックス・ロドリゲス。「目標はプロです。来年は今年より警戒されると思いますが、厳しいところで打てないと。ひと回り、ふた回りレベルを上げたい」と言った。

 ■ “慶大のバレ”岩見に打撃制限令!飛ばしすぎは園児に危険(SANSPO) 16/11/25

 来秋のドラフト候補、慶大・岩見雅紀外野手(3年)に“打撃練習制限”が検討されていることが24日、分かった。昨秋の東京六大学リーグ戦での2本を皮切りに大学通算9本塁打をマークする右打ちの大砲。両翼97メートル、中堅118メートルを誇る慶大グラウンド(横浜市港北区)でも、フリー打撃の打球がネットを越えることがしばしばで、大久保監督も危険を察知し、バックスクリーン奥の敷地内駐車場から愛車を移動させたほどだ。そのパワーから、つけられた愛称は「慶大のバレンティン」。ところが、グラウンドの左中間方向に保育施設が新設されたことで、思わぬ“問題”が浮上した。打球が園児に当たらないよう打席を5メートル後方に移動して対応していたが、来春からはフリー打撃の時間などを制限する案が浮上。(1)園児が施設に来る前の午前8時まで(2)園児帰宅後の午後6時以降(3)室内限定-などを検討しているという。

  プロフィール

 滋賀県大津市出身。
 岩見 雅紀(いわみ・まさき)外野手。
 仰木小学校2年時から野球を始め、比叡山中を経て比叡山高に進学。

 比叡山高では旧チームから左翼手でレギュラー。
 通算47発を積み上げた強打でチームに貢献し、3年春に13年ぶりの滋賀大会優勝を達成した。
 続く近畿大会1回戦で先発(5回5失点)を務めるなど大型右腕としても活躍。
 3年夏(2012年)予選を準々決勝敗退で終え、1浪を経てAO入試で慶應義塾大に進学した。
 県V、近畿1回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 慶大進学後は2年春からベンチ入り。
 同年秋のリーグ戦9試合に主に代打で出場し、合計10打数で5安打、2発4打点の実績を残す。
 翌3年春に5番・左翼手の座を掴み、打率.318本4点13でベスト10入りを達成。
 東大2回戦で2打席連続の左越えソロアーチ、早慶戦で2試合連続左越え2ランを記録した。
 続く3年秋のリーグ戦9試合(怪我により規定打席未到達)で3本塁打をマーク。
 1対0の接戦となった早慶3回戦で甘い直球をレフト上段まで飛ばす特大ソロ弾を放っている。
 立教大2回戦で外変化球を逆方向、右翼スタンド前列に放り込むソロ本塁打。
 六大学選抜で同年11月のヤクルト戦に出場し、台北ユニバ大学日本代表候補にも選ばれた。
 通算48試合、打率.296、40安打、14本塁打、40打点。

 187cm107kg、恵まれた体格の強打の外野手。
 力強く振り切るスイングから強い打球を放つ右の長距離砲。飛ばす力、パワーがセールスポイント。
 3年春から5番・左翼手でレギュラー。同年秋のリーグ戦では3番打者を任された。
 リーグ通算15本塁打(早慶戦で4発)、甘く入れば神宮球場の左翼席上段まで豪快に飛ばす。
 レギュラーを務めた3年春秋のリーグ戦22試合で7本塁打、23三振、四死球5個。
 竹内諒相手の3年秋・早慶2回戦で3K(外低めスラ、低めスラ、内直球)を喫するなど脆さも残る。
 ベンチプレス150キロ。遠投110m、50m走6秒4。

  スカウトコメント

楽天・長島スカウト部長|17/9/20
 「飛距離は魅力がありますし、(プロ12球団でも)貴重な右の長距離砲」
日本ハム・大渕隆スカウト部長|17/9/20
 「(将来的には)プロで20、30本打つ力はある」
広島・苑田スカウト統括部長|17/5/9
 「打球の速さや飛距離はプロでもトップクラス。うちのエルドレッドみたい」
オリックス・由田スカウト|17/5/9
 「一人だけピンポン球を打っているような感じ。風は全く関係ない」
広島・苑田スカウト統括部長|17/4/26
 「ウチのエルドみたいだね。パワーも違うし、打球の速さが違う。今のアマチュアではパワーは1番」
 「打球が違いますよね。飛ばす力は天性」
 「打球が強いし速い。スタンドに突き刺さる感じの本塁打を打つ選手は珍しい。筒香(DeNA)みたいだね」
 「コンクリートを砕くんじゃないかというくらいグワーンと(ライナーで)いく。プロで50本くらい打つかもしれない」
DeNA・欠端スカウト|17/4/26
 「パワーもあるし、球の捉え方がいい。インコースに厳しくてもファウルにしているし、変化球にも対応できている」
中日・松永編成部長|17/4/26
 「飛ばせる力は魅力。人にはないものを持っている」
DeNA・吉田編成部長|17/4/25
 「バッティングはいいね。長打力は魅力だね」
楽天・沖原スカウト|17/4/25
 「飛距離はものすごいよ」
広島・苑田スカウト統括部長|17/4/17
 「すごいね。弾丸のような打球で、あんなに飛距離が出る。あんなホームラン、久しぶりに見た。アマでは1番だろう」
 「アマで飛距離は一番。中田(日本ハム)より打つようになる可能性がある右打者」
オリックス・由田スカウト|17/4/16
 「飛距離はプロでもトップクラス」
ソフトバンク・山本スカウト|17/4/16
 「ボールをよく見るようになった」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-09-20(水)|2017年大学生野手 | 東京六大学 コメント(11) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
三振率の高さ、速球対応ができない、代表での成績、守備が良くない…
即戦力とするのは難しいと感じられる
| hoc | 2017年08月21日(Mon) 16:23 | URL #- [ 編集]
岩見くんの試合を見た感じだと同じ慶応大学出身のスラッガーで2015年・日ハムドラフト6位だった横尾と比較すると岩見くんの方が体格が一回り大きいですが、横尾は外野手と比べると需要がある内野手(サード)だったのに6位でした。
プロレベルだと西武の山川みたいにファースト専かDHのみの可能性がある岩見くんは不作のドラフト年とは言え、その辺で意見が分かれそうですね。
ホークスの柳田でさえ規定打席に到達したのはプロ入り4年目ですし、柳田と違って打撃特化型の岩見くんを上位指名する球団があるかどうかはわからないですが指名順位が難しいですねホント。
全盛期のラミレス(現DeNA監督)みたいに守備力をカバーできるくらいな打撃力があれば良いんですけどね。
打撃力、守備力含めて試合を見た感じだと個人的には4位以下、できれば5位か6位で欲しいところ。
それより上の順位で指名されたら縁がなかったって思うレベルですが2位くらいならあるかも知れませんね評価的に。
それを考えたら横尾は6位なのでダメ元精神で長い目で見ていられる存在です。
ただ、これが上位指名だと打撃特化型の選手はキツいです。
あと岩見くんは140キロ後半以上のストレートや落ちる系の変化球に対応できるかどうかがカギですかね。
| ぽにぽにぽにー | 2017年06月28日(Wed) 06:14 | URL #- [ 編集]
貴重な右のスラッガー
横浜、ホークスにいないのでこの2球団は是非検討してほしい
秋の成績次第では3~4位の中位指名で消えるのでは??
| 鷹De | 2017年06月25日(Sun) 21:42 | URL #- [ 編集]
間違いなくプロで活躍する!確実性もパワーも凄い。改善能力もある。しいて言えば調子の波が心配だが。
| 宇宙人たけし | 2017年06月19日(Mon) 12:48 | URL #foglHflk [ 編集]
どこの球団も和製大砲の需要が高まってきているので
レフト専とはいえ右打ちだし2位か、もしかするとハズレ1位でかかるかもしれない
後は優勝して大学選手権に出れるか、出たらいつもは対戦しない相手に打てるかが注目
まさか田村伊知郎、澤田、田中和基、佐藤拓也らがごっそり抜けた立教と優勝を争うことになるとは思わなかったが
| 匿名 | 2017年05月23日(Tue) 19:26 | URL #- [ 編集]
三振かホームランか!みたいな選手はロマンありますよね~。
ファーストかDH、またはレフトが空いてるチームなら1位か2位で獲るかも知れませんね。
| ぽにぽにぽにー | 2017年05月23日(Tue) 03:45 | URL #- [ 編集]
巨人いい加減こういう魅力ある選手を取れよな。
| 匿名 | 2017年02月14日(Tue) 14:22 | URL #- [ 編集]
強打の外野手か。面白れえじゃねえか。
| 匿名 | 2017年01月12日(Thu) 20:08 | URL #- [ 編集]
10打席に1本はホームランという凄まじい打棒ぶりで、1年からレギュラーで出ていれば大学通算で30本くらいホームランを打てたかも。
岩見のバッティングフォームを見ていると、実に理に適った打ち方をしていて、この成績がフロックでないことがわかる。

野村克也氏いわく「最近の選手はバッティングを難しくしている」と。無駄に大きく足を上げることで頭がブレたり、トップの状態でグリップを動かしたり、ヘッドがピッチャーの方を向いていたり・・・。
そうではなくて、トップではグリップを胸元の高さで体の近いところに置き、足の上げ幅も大きく捻らず軽くステップする程度。後はシンプルにバットをボールにぶつけてやれば、ヘッドの重みで勝手にボールは飛んでいく。

プロの現役選手で、一番そういうシンプルなバッティングをしているのが西武の中村剛也。同僚の山川は、大学時代は無駄なグリップの移動があったけど、プロ入り後にトップでのグリップを低く体に近いところにセットすることで、今年大ブレイクしたね。

翻って岩見、天性の角度と飛距離は中村に相通じるものがあり、しかも体躯は岩見の方が恵まれている。
打撃フォームは2年時の方が無駄のないフォームだったので、そこは戻した方が良いかな。(特にトップの状態でのグリップ位置。)

本人いわく、大学通算で15本打ちたいということだが、そんな目標は低い低い。今からの2シーズンで11本打って、20本の大台を狙えと言いたい。
今年は高校生のスラッガーが人気を集めているけど、プロでホームランが打てる、それも右打者という希少性を考えると、清宮はともかく安田や岡田あたりよりも、私は岩見に魅力を感じるな。
| 東京漢(とんちんかん) | 2017年01月06日(Fri) 00:04 | URL #mQop/nM. [ 編集]
この体型で外野手か、肩もいいから欲しいわ
| 匿名 | 2016年11月27日(Sun) 12:20 | URL #- [ 編集]
西武向き、ライオンズな育てられる
| 匿名 | 2016年11月26日(Sat) 14:36 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生野手 | 東京六大学 コメント(11) Page Top↑