丸山 和郁(明大)|ドラフト・レポート

丸山 和郁(明大)

ここでは、「丸山 和郁(明大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



丸山 和郁(明大)

173cm74kg 左左 MAX144km 外野手 遠投100m 50m5秒8 前橋育英
一塁到達4.0秒前後、俊足強肩の小柄な外野手。高3夏の甲子園で1大会最多タイ8盗塁を決めた。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18春:          出場無し
   18秋:          出場無し
   19春: 12 .318  44 14 4 0 0 4 7 0 0  .318  .409
   通算: 12 .318  44 14 4 0 0 4 7 0 0  .318  .409

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19選: 4 .313  16  5 2 0 0 1 1 1 2  .353  .438(2番・中)
   通算: 4 .313  16  5 2 0 0 1 1 1 2  .353  .438

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   16夏: 1 .250  4  1 1 0 0 0 0 0 0  .250  .500(5番・中堅)
   17春: 2 .143  7  1 0 0 0 1 2 1 0  .250  .143(1番・投中)
   17夏: 3 .250  8  2 0 0 0 0 0 6 8  .571  .250(1番・中投)
   通算: 6 .211 19  4 1 0 0 1 2 7 8  .423  .263
    ※ 京都一商・原田安次郎、健大高崎・平山敦規と並ぶ1大会個人最多タイ8盗塁

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   U18W杯: 9 .250 20  5 2 0 0 2 5 3 1  .348  .350
   通 算: 9 .250 20  5 2 0 0 2 5 3 1  .348  .350

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   16秋         回数 被安 奪三 四死 自責
   群馬準々決:高崎商附   1  0  2  0  0
     決勝戦:健大高崎   2  1  1  4  1
   関東1回戦:白鴎足利   4  2  2  1  0
     準々決:慶應義塾   5  2  6  2  0 143㌔
     準決勝:東海望洋   6  1  6  2  0
               18  6  17  9  1 防0.50
           被安打率3.00 奪三振率8.50 四死球率4.50

 【 甲子園成績 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16夏: 1     1  2  1  1  0 138㌔ 嘉手納
   17春: 2    12  7  8  2  0
        先   5  3  6  2  0 144㌔ 中村高 ○
            7  4  2  0  0 142㌔ 報徳学
   17夏: 2    3.1  7  2  3  5 
           0.1  0  1  0  0 137㌔ 明徳義
        先   3  7  1  3  5 139㌔ 花咲徳 ●
   通算: 5   16.1  16  11  6  5 防2.76
       被安打率8.82 奪三振率6.06 四死球率3.31

  最新記事

 ■ 明大にいだてん!丸山和郁が快足飛ばし内野安打3本(日刊スポーツ) 19/4/21

 明大に新たなスピードスター誕生を感じさせた。丸山和郁外野手(2年)がリーグ戦初安打を含む3安打を重ね、勝利に貢献。3本とも全て内野安打だった。1年春のオープン戦で右肩を脱臼した。高校時にも3回、脱臼しており、手術に踏み切った。脱臼は利き腕とは違うが、投手は諦めた。この日は、守備でも光った。2回1死から、立大・藤野の左中間への飛球に俊足を飛ばし、滑り込みながらキャッチ。善波達也監督は「(内野安打3本で)ああいう形は彼の一番の持ち味。守りでも、マルのところは一定の安心感が出ている」と目を細めた。

   【一塁到達タイム】19春選手権(2回戦):3回4秒08(一ゴ)
            19春選手権(決勝戦):7回4秒03(二ゴ)
            19春選手権(2回戦):1回3秒70(投ゴ)…セーフティバント
            19春選手権(決勝戦):4回3秒68(捕ゴ)…セーフティバント

 ■ 前橋育英“神の足”丸山、1大会最多8盗塁も散る(スポーツ報知) 17/8/20

 前橋育英のリードオフマン・丸山和郁が2盗塁を成功。甲子園大会最速の3試合で、個人1大会最多の8盗塁に並んだ。「クセもわかっていたし、モーションを盗めた」。初回の三盗は、二塁けん制悪送球を誘って一気に生還。5回の二盗は、捕手の悪送球を誘い三進した。群馬・高崎市の山あいにある、倉渕中の軟式出身。過疎化が進み慢性的な部員不足で、左投げながら遊撃や捕手も務めた。捕手の位置から一塁へのバックアップが、打者走者よりも速かったという“伝説”を持つ。この日は「1番・投手」で先発。初回の4失点など3回5失点に「自分のピッチングができなくて悔しい」と唇をかんだ。最速144キロを誇る二刀流左腕は大学進学予定で、4年後のプロ入りを目指していく。
 1921年の京都一商・原田安次郎、2014年の健大高崎・平山敦規に肩を並べた。(デイリー)
 明徳義塾戦で痛めた左手首も痛み止めの注射を打っての出場だった。(日刊スポーツ)

 ■ 前橋育英・丸山、びっくり“6球セーブ” 試合後は足がけいれん、医務室へ(スポニチ) 17/8/16

 センターを守っていた丸山和郁自身が驚いた。前橋育英が3点リードで迎えた9回2死。ここから先発の皆川喬涼が長短打を浴び1失点。続く4番のカウントが2ボールとなったところでベンチからタイムがかかった。またマウンドに集合するのかと思っていたら、救援指令だった。この日も2盗塁に守っても大飛球をキャッチするファインプレーなど攻守で大活躍。1番打者としてフル回転したため、9回の守りから右足のふくらはぎがつり、守備も不安な状態だった。そこに救援指令。「足がダメだから投げれませんなんて言えませんよ」とマウンドに登り、最後は135キロの速球で三振を奪い試合を終わらせた。しかし代償は大きかった。控え室に戻ったらふくらはぎばかりでなく、両足の太もも裏もつってインタビューも座ったままとなった。報道陣の質問に答えている途中「やばい!ほんとにやばい!」と足がけいれん。トレーナーがマッサージを行い、チームとは別に医務室で治療を受けた。

過去記事

 ■ 前橋育英3発12点圧勝、全国制覇した13年以来の初戦突破(スポーツ報知) 17/8/9

 前橋育英が2013年以来の夏初戦突破を果たした。初回に4番・飯島の左前適時打で先制。3回には小池の左越えへの2ランなど5安打を集めて5点。6回にも飯塚の3ランなどで4点と猛打で12点を奪った。長打力とともに機動力も光った。1番・丸山が4盗塁、8番・飯塚が3盗塁など計8盗塁。特に丸山は1、3回と三盗を決め、得点につなげた

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   17夏予: 6 .353 17  6 2 0 0 2 1 8 7  .560  .471

 ■ 【小川SDチェック】前橋育英・丸山、打撃にもセンス感じた(SANSPO) 17/3/21

 1メートル70、69キロと小柄だが、体をめいっぱい使って腕を振り、最速144キロの切れのある直球を中心に6三振を奪った。安定した投球だった。身体能力は高い。さらに変化球の質や切れが加われば楽しみだ。甲子園に出場する投手では珍しい打順の「1番」。4打数1安打1打点で2三振と、結果はそれほどではなかったが、一塁まで走るスピードを確認できた打撃にも、センスを感じた

 ■ 前橋育英に強力四本柱(デイリースポーツ) 17/1/18

 最速140キロ超の3投手に加え、プロ注目の192センチ長身右腕を擁する陣容は全国的にも異例。143キロ左腕・丸山和郁外野手は、試合の流れを変えられるリリーバーだ。キレのある直球と鋭いスライダーは、腕の振りが変わらない。熊やハクビシンも出没する山あいの村で育った“野生児”は、50メートル走5秒9の身体能力と野球センスも抜群。「全国の投手にも負けたくない。清宮君とかすごい人とやってみたい」と、闘志をたぎらせた。

 ■ 前橋育英がサヨナラ4強 左腕丸山、好救援で流れ呼ぶ(デイリースポーツ) 16/12/1

 前橋育英がサヨナラ勝ちで4強入り来春センバツ出場を確実にした。五回に中堅からリリーフ登板した左腕・丸山和郁外野手(2年)が、5回2安打無失点の好救援最速143キロの直球を軸に6三振を奪う力投で、逆転への流れを呼び込んだ。「あんまり緊張しなかった。強い打線に自分の直球がどれだけ通用するか楽しみだった」という強心臓ぶり。「投手の方が好きだけど、チームのためになれればいい。夏はヒット1本だけだったので、甲子園に行けたら全部打ちたい」と、意気込んだ。

  プロフィール

 群馬県高崎市出身。
 丸山 和郁(まるやま・かずや)外野手。
 倉渕小1年時から軟式野球を始め、倉渕中時代は軟式野球部に所属。
 当時は投手、捕手、遊撃手として起用されていた。 

 前橋育英高ではセンター兼ピッチャーとしてプレー。
 旧チーム時代から正CFの座を任され、2年時春に関東V、同夏に3年ぶりの全国進出を果たす。
 夏の県大会準決勝・前橋工業戦で、勝ち越し&決勝打となる右2ランを記録。
 甲子園初戦・嘉手納戦に5番CFとして出場し、4回裏の打席で右線二(低フォーク)を放った。
 3対10の9回から4番手でマウンドに上り、2安打を打たれながらも138㌔を計測。
 中堅手としても8回2死満塁からの遊撃トンネルで2走を本塁で刺す好プレーを披露している。
 続く2年秋の関東大会で核弾頭を務め、計14打数で5安打、打率.385をマーク。
 リリーフで全3試合、合計15イニングに登板し、5安打5四死球、14三振0封の実績を残した。
 翌3年春の選抜に1番・主戦として臨み、144㌔直球を武器に12回0封と好投。
 初戦・中村戦で先発白星(5.0回無失点)、2回戦・報徳戦(0-4)で7回0封を記録している。
 3季連続出場となる3年夏の甲子園には背番8の1番・中堅兼投手として出場。
 1回戦で4盗塁を記録するなど、最多8盗塁(三盗4)を決め、身体能力をプロから評価された。
 この活躍により日本代表入りを果たし、9月のU-18W杯に正中堅手として参加。
 全9戦中7試合に先発で起用されたが、打撃振わず、計20打数で5安打、打率.250に留まった。
 同期のチームメイトに皆川喬涼、吉沢悠、根岸崇裕ら。

 明大進学後1年春の右肩手術で投手を断念。
 2年時春のリーグ戦で2番・中堅手の座を獲得し、44打数で14安打、打率.318の結果を残した。
 全国大会には2年時春の第68回全日本選手権大会(38年ぶり優勝)に出場。
 全4試合に2番・中堅手スタメンとして臨み、計16打数で5安打、打率.313点1盗2を記録した。
 初戦・福井工大戦で7回コールド勝ちを決める中越え適時2塁打(低め直球)。
 東農大北海道相手の準決勝で左2塁打(外高め直球)&右2塁打(高め直球)を放っている。
 通算12試合、打率.318、14安打、0本塁打、4打点。

 173cm74kg、身体能力が高い小柄な外野手。
 高校通算15本塁打、左右にはじき返す左の巧打者。前橋育英では先頭打者として活躍した。
 一塁までを4.0秒前後でかけ抜けるスピードが魅力。セーフティで3秒68を計時。
 外野の要センターを担う俊足を生かした守備も持ち味のひとつ。好送球で補殺をマークする。
 高3夏の甲子園で史上3人目となる個人最多8盗塁(二盗4、三盗4)を記録。
 大学2年春の選手権では東洋大・佐藤都志也の強肩(到達1秒85)を上回って二盗を決めた。
 遠投100m、50m5秒8。脚力にはプロも注目する。

 キレの良い直球を持ち味とする救援左腕。
 ノーワインドアップから溜めて重心を下げ、早めに着地し、ヒジを使った鋭い腕の振りから投げ込む
 最速144㌔、常時130㌔台前半から140㌔前後(高3春)のキレの良い直球と、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、110㌔台から120㌔前後のチェンジアップ、その他にカーブ。
 強肩と瞬発力を生かして140㌔台をマークする。

  スカウトコメント

日本ハム・大渕スカウト部長|17/8/28
 「野性的な足」
プロスカウト|17/4/6
 「身長170センチと小柄ながら、体の使い方がうまく、センバツでは最速144キロをマークした。中学時代は捕手、遊撃手を務めるなど、運動能力は抜群。5秒9と俊足でポテンシャルの高さは全国でも屈指のレベルと言える」
ヤクルト・小川淳司シニアディレクター|17/3/21
 「小柄だが、体をめいっぱい使って腕を振り、最速144キロの切れのある直球を中心に6三振を奪った。安定した投球だった。身体能力は高い。さらに変化球の質や切れが加われば楽しみだ。一塁まで走るスピードを確認できた。打撃にも、センスを感じた」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年06月21日(金)|2021年大学生野手 | 東京六大学 コメント(4) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
明治大学
| 匿名 | 2017年09月16日(Sat) 10:18 | URL #- [ 編集]
甲子園でみてサイズはないけど素直に良い選手だと思いました。
投手もやってますが、上でやるなら野手だと思います。
タイプは違いますが、去年の候補で亜大に進んだ常葉菊川の栗原を思い出す。
正直、彼にはロマンを凄く感じたが、この選手にも同じような匂いを感じる。
大学進学希望とのことで残念だが、四年間で中途半端にならずに一皮剥けて欲しい。
| タラバ | 2017年08月29日(Tue) 23:01 | URL #K47MgfVQ [ 編集]
左投げなのに中学時代は捕手や遊撃手をやっていたのか
| @@@ | 2017年04月18日(Tue) 06:16 | URL #GCA3nAmE [ 編集]
もっと注目されてもいい選手だと思う
| 匿名 | 2017年04月10日(Mon) 00:07 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生野手 | 東京六大学 コメント(4) Page Top↑