大平 達樹(JX-ENEOS)

大平 達樹(JX-ENEOS)

ここでは、「大平 達樹(JX-ENEOS)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



大平 達樹(JX-ENEOS)

176cm77kg 右右 捕手 桜美林高→桜美林大 1年目
二塁送球2秒を切る強肩捕手。勝負強い打撃の5番。3年秋の神宮大会で2試合連続弾を放った。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16秋: 11 .333  39 13 1 0 2 9 6 2 0  .366  .513(6位)
   17春: 12 .283  46 13 3 0 0 4          .348
   17秋: 11 .286  42 12 0 0 0 3          .286二部
   一部: 23 .306  85 26 4 0 2 13          .424(不明分除く)
   二部: 11 .286  42 12 0 0 0 3          .286
    ※ 16秋:ベストナイン(捕手)

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   16神: 3 .429  14  6 0 0 2 3 1 0 1  .429  .857

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17日米: 3 .500  2  1 0 0 0 0 1 2 0  .750  .500
   17ユニバ: 7 .471 17  8 2 0 1 4 1 7 1  .625  .765
   通 算: 10 .474 19  9 2 0 1 4 2 9 1  .643  .737

  最新記事

 ■ プロ注目の桜美林大・大平「千隼さんと同じ舞台に」(日刊スポーツ) 17/1/9

 首都大学リーグの桜美林大が9日、東京・町田市の同大グラウンドで連覇へ向けて始動した。ロッテ1位の佐々木千隼投手(4年=日野)を擁し、昨秋リーグ初優勝。佐々木をリードしたプロ注目の大平達樹捕手(3年=桜美林)は明治神宮大会で2試合連続弾を放った。二塁送球タイムは1・9秒。「高校の時は1・81秒でした。この冬は、もう少し体に切れを出して1歩目を速くしたい。いつか千隼さんと同じ舞台に立ちたいです」と言った。

 ■ 桜美林大・大平、首都大学リーグ連覇&飛躍誓う「課題ばかり」(SANSPO) 16/12/25

 ロッテD1位・佐々木とバッテリーを組み、明治神宮大会で初の準優勝に導いた桜美林大・大平が24日、首都大学リーグ連覇と飛躍を誓った。神宮で2本塁打を放ったが「捕手としてまだまだ。先輩のようになるには、送球など守備で課題ばかり」。津野監督は「チームも選手も(佐々木に)続くように鍛えていきたい」と話した。

 ■ 桜美林大、日大破り決勝進出!エース佐々木温存で快勝(スポーツ報知) 16/11/15

 大会初出場の桜美林大(関東5連盟第1)が、日大(東都大学)に快勝して決勝進出を決めた。0―0の2回先頭で大平達樹捕手(3年=桜美林)が、2試合連続アーチとなる左越えソロで先制。先発した2年生右腕の安田颯(2年)が6回途中1失点と好投し、4投手のリレーで逃げ切った。

  プロフィール

 神奈川県相模原市出身。
 大平 達樹(おおひら・たつき)捕手。
 相原小学校時代から野球を始め、相原中では八王子シニアで捕手。

 桜美林高では1年秋に正捕手の座を獲得。
 3年夏の西東京大会は明学東村山高に1対2(4打数2安打)で競り負け初戦敗退に終わった。
 主に5番打者として活躍。甲子園出場実績は無し。

 桜美林大では3年春途中から正捕手としてプレー。
 5番・捕手として攻守両面に渡ってチームを支え、同年秋に創部8年目での初優勝を達成する。
 11試合13安打3長打、打率.333本2点9の活躍で、捕手のベストナインを受賞。
 松本航から左越え弾を放つなど、日体1回戦で2打席連発、3安打5打点の大暴れを見せた。
 続く横浜市長杯準決勝で二塁到達タイム1.96秒(低めスラ)の好送球を披露。
 左適安(外低め変化球)、左安(内直球)と、打者としても2安打1打点の活躍を演じている。
 翌4年春のリーグ戦で4・5番を務めるも、2勝10敗、勝ち点0と苦しみ6位に転落。
 続く入替え戦(1回戦でソロ)を2連敗で落とし、最終季(優勝・1部に復帰)を2部で過ごした。
 全国大会には3年秋の神宮大会(初出場準V)に5番・キャッチャーとして出場。
 2回戦、準決勝で2試合連続先制弾を放ち、計14打数6安打、打率.429点3の実績を残した。
 2回戦で左越えソロ(初球スライダー)、準決勝で左越えの2ラン(高めチェンジ)。
 柳裕也から右安(外高め変化球)、二塁牽制補殺と、敗れた決勝でも攻守の奮闘を見せた。
 国際大会には4年夏の日米大学野球及び台北ユニバーシアード大会に出場。
 韓国戦でソロを放つなど5番・一塁手を任された台北ユニバで打率.471の好成績を残している。
 1学年上のチームメイトに佐々木千隼(ロッテ16年1位)ら。

 176cm77kg、バランスの取れた好捕手。
 勝負強い打撃で5番バッターを務める右の好打者。首都リーグ通算3本塁打の長打力を秘める。
 守っては最速1.81秒、常時1.9秒台から2.0秒台の好スローイングで補殺を記録。
 佐々木千隼(ロッテ16年1位)を好リードで支え、3年秋の明治神宮大会で準優勝を成し遂げた。
 17年大学代表。プロからも注目されている。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-01-20(土)|2019年社会人野手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人野手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑