中日ドラゴンズ/ドラフト2017

ここでは、「中日ドラゴンズ/ドラフト2017」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらでは中日ドラゴンズ2017年ドラフト情報をまとめて掲載しています。
※ コメントはコテハンでお願いします。

  2016年指名選手

 【1位】柳 (明治大)投 【2位】京田(日本大)内 【3位】石垣(酒田南)
 【4位】笠原(新医福)左 【5位】藤嶋(東邦高)投 【6位】丸山(東海大)
 【育1】木下(徳島IS)
  過去記事:2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
       2008年 過去ドラフト指名選手

  注目選手リスト・リンク

 【1位】 清宮(早 実)
 【上位】 安田(履正社)内 田嶋(JR東)左 鈴木(ヤマハ)投 鈴木(日 立)
     高橋(亜 大)左 嶋谷(宇部鴻)内 村上(九州学)
 【候補】 

-- コメント ---------------------------- 
 【右】 吐前(東海学)  椎野(国士大) | 宮原(宇山商)  森 (富山一)
                    | 伏見(高岡商)
 【左】 宮台(東京大)  渡辺(横商大) | 池谷(静岡高)
 【捕】                 | 古賀(福大濠)
 【内】                | 峯村(木 総)
 【外】                | 岡田(龍平安)  寺西(星稜高)
-- 視察情報 ---------------------------- 
 【右】                | 金久保(望洋)
 【左】                |  
 【捕】                | 
 【内】                | 
 【外】 佐藤(横商大)         | 

  最新記事

 ■ 2017年の中部地区の主なドラフト候補(中日スポーツ) 17/2/16

 ■ 清宮筆頭に上位候補15人(中日スポーツ) 17/1/8

 中日は7日、名古屋市中川区の選手寮「昇竜館」で2017年最初のスカウト会議を開き、約200人をリストアップ。今秋ドラフト最大の目玉である早実・清宮幸太郎内野手を筆頭とする15人上位候補とした。約2時間半の会議を終えた中田宗男スカウト部長は「清宮評価はトップ。際だっていい」と高校通算78本塁打のスラッガーを改めて現時点での1位最有力候補に挙げた。清宮の他に大学、社会人ではJR東日本の左腕・田嶋大樹投手(20)とヤマハの154キロ右腕・鈴木博志投手(19)、日立製作所の186センチ右腕・鈴木康平投手(22)、亜大の左腕・高橋遥人投手を高評価。高校生では清宮と並ぶ強打者の履正社・安田尚憲三塁手や宇部鴻城・嶋谷将平遊撃手、九州学院・村上宗隆捕手の名前が挙がった。また、中田部長は「素材のいい選手を追い掛けたい」と近年指名が少なかった高校生を重点チェックする方針を示した。
 中田スカウト部長は「清宮君は現段階で際立っている。トップの評価。今年は現時点で不作でも大豊作でもない。これから伸びるかもしれない素材のいい高校生は、しっかり追いかけていこうという話だった」と説明した。(日刊スポーツ)

 ■ 中日来秋ドラ1に早実・清宮浮上!密着マークだ!(デイリースポーツ) 16/12/31

 中日が来秋ドラフトの1位指名最有力候補として、早実・清宮幸太郎内野手をリストアップした。「ナゴヤドームで30発打てる素材だと思います。バッティングを見た印象では、(日本ハム)中田以来の衝撃を受けた。指名すれば競合になるでしょうけど、それでも指名したくなる選手」。中田スカウト部長はこう力説した。正津スカウトを担当として置くことも決まっており、年明けの始動から張り付く。出場が確実視されている来春のセンバツも、もちろん徹底マークする方針だ。「あとは、彼がプロ志望届を出すかどうかです」と中田スカウト部長。今後のスカウト会議で話し合いが進められていくが、常に清宮の動向が議題の中心になる。

過去記事

 ■ 中日・落合GMが退任へ 「請け負った仕事全うした」(asahi.com) 16/12/20

 中日の落合博満GM(63)が任期満了となる来年1月末でGMを退任することが19日、分かった。球団側も落合氏側も、契約を更新しない方針。朝日新聞の取材に対し、落合氏の個人事務所であるオチアイ企画は「球団との契約は落合個人ではなく、会社同士の契約。落合は請け負った仕事は全うした。今回は両者合意の下、円満な契約満了」としている。落合氏は2013年10月に球団初のGMに就任。監督時代の8年間で中日をリーグ制覇4度、日本一に1度導いた落合氏は、「戦力を作れなければ、すべて責任は私に来る」と12年ぶりにBクラスとなった球団の再建に乗り出したが、チームはその後も低迷。今年は8月に谷繁元信監督が成績不振で事実上の解任となったのをはじめ、19年ぶりの最下位で1950年の2リーグ制以降で球団初となる4年連続のBクラスとなった。GM就任後は選手の総年俸の大幅な削減を行い、チームの若返りに着手。関係者によると、白井文吾オーナーは「落合GMはチームを勝たせる土台を作ってくれた」と手腕を評価していたという。しかし、ドラフトで即戦力として指名した選手が伸び悩むなど戦力を整え切れず、ファンからはフロントの責任も問われていた。

  スカウトコメント

清宮幸太郎(早実)|中田スカウト部長|17/1/7
 「清宮君は現段階で際立っている。トップの評価。今年は現時点で不作でも大豊作でもない。これから伸びるかもしれない素材のいい高校生は、しっかり追いかけていこうという話だった」
清宮幸太郎(早実)|中田スカウト部長|16/12/31
 「ナゴヤドームで30発打てる素材だと思います。バッティングを見た印象では、(日本ハム)中田以来の衝撃を受けた。指名すれば競合になるでしょうけど、それでも指名したくなる選手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-16(木)|球団別情報 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
来年は田嶋と増田獲得MUST
| 匿名 | 2017年01月15日(Sun) 21:16 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(1) Page Top↑