若林 晃弘(JX-ENEOS)

ここでは、「若林 晃弘(JX-ENEOS)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



若林 晃弘(JX-ENEOS)

180cm81kg 右両 二塁手 遠投120m 50m5秒8 桐蔭学園→法大 2年目
シュアな打撃が持ち味のスイッチヒッター。脚力を生かして二、三塁打を記録。セカンドを堅実にこなす。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   16日: 1 .000  4  0 0 0 0 0 1 0  .000  .000

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12春: 4 .000  1  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   12秋:          出場無し
   13春: 5 .308  13  4 1 0 0 2 3 1 0  .357  .385
   13秋: 5 .100  10  1 1 0 0 0 3 0 0  .100  .200
   14春: 8 .250  12  3 1 0 1 2 3 3 1  .400  .583
   14秋: 11 .158  38  6 1 0 0 3 6 7 1  .289  .184
   15春: 12 .390  41 16 2 3 0 7 4 5 4  .457  .585(2位)
   15秋: 14 .279  61 17 1 0 3 6 9 6 4  .343  .443
   通算: 59 .267 176 47 7 3 4 20 29 22 10  .348  .409
    ※ 15秋:ベストナイン(二塁)

  最新記事

 ■ 猛練習効果だ!法大・若林、勝ち越し三塁打/東京六大学(SANSPO) 15/4/22

 東京六大学野球春季リーグ第2週第4日(21日、立大3-7法大、神宮)3回戦1試合を行い、法大が立大に7-3で逆転勝ちし、2勝1敗で勝ち点2とした。法大は3-3で迎えた七回、若林晃弘内野手(4年)の中越え三塁打などで2点勝ち越し。「ここで勝ち越せれば、とたたきつける感じで振った。下級生の足を引っ張っていたし…」と4年生らしい頼もしさを発揮して笑顔。「グラウンドで倒れるくらい練習している」という豊富な練習量を好結果につなげた。

    1号:山崎 福也(明治大)  14/ 5/ 5  左越えソロ(右打席)
    2号:宮台 康平(東京大)  15/ 9/19  左中間ソロ(右打席)
    3号:三宮  舜(慶応大)  15/ 9/26  左中間ソロ(右打席)
    4号:小島 和哉(早 大)  15/10/17  左越3ラン(右打席)

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
    16年: 28 .343 105 36 5 2 1 18 15 13  .415  .457

  プロフィール

 東京都中野区出身。
 若林 晃弘(わかばやし・あきひろ)二塁手。
 中野区立第九中学校時代は目黒西シニアで投手としてプレー。

 桐蔭学園では内外野手兼投手として活躍。
 1年夏予選で先発1試合、救援2試合を経験し、同年秋に外野手でレギュラーの座を獲得する。
 主戦・石垣、4番・茂木らを擁して県大会準V、関東大会ベスト8進出を達成。
 翌2年夏予選で5番・レフト兼ピッチャーを務め、計12打数で6安打4打点の好成績を残した。
 3年夏の予選は柏原史陽松井裕樹擁する桐光に4対5で競り負け4強敗退。
 プロ注目左腕・古村徹から3安打を放つなど、3番・遊撃手兼投手で打率.350点2を記録した。
 同学年のチームメイトとして茂木栄五郎藤岡雅俊ら。

 法大では1年春からリーグ戦に出場。
 3年春までの5季で外野スタメンを8試合経験し、3年春の明大戦で山崎福也から1号弾を放つ。
 3年秋に二塁手レギュラーの座を掴み、4年春に初の打撃ベスト10入りを達成。
 主に6・7番の下位打線で16安打5長打を放ち、打率.390(2位)、12試合4盗塁をマークした。
 4年秋(1・3番)に17安打3発、打率.279点6で、二塁手ベストナインを初受賞。
 宮台康平から左中間ソロ弾、三宮舜から左中間ソロ弾、小島和哉から左越えの3ランを放った。
 通算59試合、打率.267、47安打、4本塁打、20打点。

 JX-ENEOSでは1年目から二塁手でレギュラー。
 主に3番で28試合(3番14、1番7)に出場し、計105打数で36安打、打率.343本1の実績を残す。
 9月の県企業大会・東芝戦で善武士から右中間2ランアーチ(左打席)を記録。
 秋の選手権で9番・二塁手を務めたが、ノーヒットと振わず、チームも0対1で1回戦敗退となった。
 二大大会1試合、打率.000、0安打、0本塁打、0打点。

 180cm81kg、好打堅守俊足の二塁手。
 六大学通算4発(いずれも右打席)、打ち損じもあるがシュアな打撃が持ち味のスイッチヒッター。
 主に3番打者(その他1番)としてプレー。脚力を武器に二、三塁打を記録する。
 遠投120m、50m5秒8、高い身体能力の持ち主。高校までは投手としても起用されていた。
 法政大では二塁手に転向した3年秋のリーグ戦になってレギュラーの座を獲得。
 以降3シーズン37試合で失策2個の堅守を見せた。エネオスでは1年目から二塁手でレギュラー。
 元大洋ホエールズ・若林憲一氏を父に持つ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-01-15(日)|2017年社会人野手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
この人の身体能力なら遊撃も行けると思うけどなあ
| 。・。 | 2017年08月15日(Tue) 23:55 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人野手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑