山田 龍聖(高岡商)

ここでは、「山田 龍聖(高岡商)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



山田 龍聖(高岡商)

182cm76kg 左左 MAX148km
最速148㌔の威力ある真っすぐを武器とする本格派。2年春の予選15.2回で27三振を積み上げた。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   17夏: 1  1.1  4  1  3  4 143㌔ 東海菅生
   通算: 1  1.1  4  1  3  4 防27.00
     被安打率27.00 奪三振率6.75 四死球率20.25

  最新記事

 ■ 王者・高岡商、ヒヤリ 初陣1点差(スポーツ報知) 17/7/18

 2回戦8試合が行われた。春夏連続の甲子園出場を目指す高岡商は、148キロ左腕・山田龍聖(2年)が好リリーフし、6―5で滑川に辛勝した。エース左腕の土合伸之輔(3年)が7回に5失点し、8回無死一塁の場面で緊急登板。ストレートを狙われていたが、相手の予想を上回る球威で、2イニングを無安打、3奪三振。最後の打者を中飛に仕留めると、両手拳を握って雄たけびを上げた。

   17夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:滑川高校    2  0  3  2  0
   準々決:富山高校    1  0  3  1  0
   決勝戦:高朋高校 先  9  5  9  5  2
              12  5  15  8  2 防1.50(失点から計算)
          被安打率3.75 奪三振率11.25 四死球率6.00

 ■ センバツ出場の高岡商・山田、7回11K!「もう1回、夏に行く」(スポーツ報知) 17/4/24

 1、2回戦11試合が行われ、今春のセンバツ甲子園に出場した高岡商は、MAX142キロ左腕・山田龍聖(りゅうせい、2年)が公式戦初先発で初勝利を挙げた。威力抜群のストレートを武器に7回まで3安打11奪三振で、自責点1と好投。2回には6点の大量援護を受け、9―2の7回コールドで富山工に圧勝した。体全体を使ったダイナミックなフォームから、伸びのある速球を披露。打者の手前で浮き上がるようなストレートで、初回に2三振を奪うと、2回は3者連続の空振り三振に仕留めた。制球で粗削りな面も残すが、その将来性は高い。あるスカウトは「体つきがいい。素材としては(富山商出身の左腕)森田駿哉(法大3年)よりも上」と評価する。昨秋の県大会では1~2イニング限定だったが、この日は先発に抜てきされた。吉田真監督は「秋よりたくましくなり、球威も増している。ランナーを背負っても粘れるようになった」と太鼓判を押す。5回には不運な内野安打や守備のミスで2失点したが、動じることはなかった。冬場は週2~3回、筋トレで下半身を鍛え、食事量も増やした身長は1センチ伸びて182センチ、体重は5キロ増の76キロとなり、パワーアップを果たした。

   17春           回数 被安 奪三 四死 失点
   富 山2回戦:富山工 先   7  3  11     2
      準々決:桜井高 先  7.2  2  15     1
   北信越2回戦:星稜高     1  1  1  3  2
                15.2  6  27     5 防2.87(失点から計算)
                   被安打率3.45 奪三振率15.51

 ■ 高岡商、3本柱で49年ぶり1勝…出場32校決定(スポーツ報知) 17/1/28

 7年ぶり5度目のセンバツ出場を決めた高岡商は主将でエースの土合伸之輔(2年)を中心とした3枚看板の投手陣を武器に、1968年以来49年ぶりのセンバツ勝利を目指す。1年生左腕の山田龍聖は、チーム最速142キロの直球を武器とする本格派。北信越大会での登板機会はなかったが、昨秋の富山県大会では3試合に登板して4回で9三振を奪って無失点に抑えた。「2年生の間に145キロを目指して、高校で150キロを投げたい」と言う大器は、「今までは(土合と伏見の)2人に頼っていた部分があったが、甲子園では自分が先発を任されるように頑張りたい。そこは譲れない」と強気だ。
 最速は143キロと投手陣で一番速いが、自他ともに認める課題は制球力とメンタル。今冬の成長次第では本戦の登板もありそうだ。(毎日新聞)

   16秋      回数 被安 奪三 四死 失点  
   2回戦:新川高   1  0  2     0
   3回戦:富山高   2  0  4     0
   決 勝:富山東   1  0  3  1  0
            4  0  9  3  0 防0.00
       被安打率0.00 奪三振率20.25 四死球率6.75

過去記事

 ■ 高岡商2年連続16度目V…“ドクターK”山田、最終回全直球3K(スポーツ報知) 16/10/3

 決勝戦が行われ、高岡商が18―2で富山東に圧勝、2年連続16度目の優勝を決めた。打線が19安打18得点と爆発すれば、9回には、MAX141キロの速球を持つ1年生左腕・山田龍聖が登板。体全体を使ったダイナミックなフォームから、140キロ前後の速球を繰り出した。「自分の持ち味は、ストレートでガンガン押せること。最終回は吉田監督が任せてくれました」と初々しい笑顔で振り返った。変化球は敢えて封印し、すべてストレートで勝負した。地元の氷見西條中出身。その素質を見込まれ、卒業前には多くの高校から誘いを受けたが「昨夏の甲子園での試合が印象に残った」と高岡商を選択。入学当初は131キロだったが、今夏は1日8時間以上を走り込んで体力を強化。今大会は新川との2回戦で1回無安打2三振、富山との3回戦では2回無安打4三振と、三振を積み重ねてきた。

  プロフィール

 富山県氷見市出身。
 山田 龍聖(やまだ・りゅうせい)投手。
 窪小学校時代に軟式野球を始め、西條中では軟式野球部に所属。

 高岡商業では1年時から控えとしてベンチ入り。
 夏場の走り込みで直球の最速を10キロ伸ばし、1年秋予選で4回ノーヒット9K0封の実績を残す。
 県2回戦で1回2K0封、同3回戦で2回4K0封、同決勝戦で1回3K0封を記録。
 翌2年春の選抜を登板なく初戦敗退で終え、続く春季大会で15.2回27Kの好成績を挙げた。
 初先発を任された県2回戦・富山工戦で7回11三振2失点完投勝利をマーク。
 準々決勝・桜井高戦(4対1で勝利)で8回途中2安打15奪三振1失点の快投を披露している。
 1学年上のチームメイトに土合伸之輔、伏見拓真ら。

 182cm76kg、最速148㌔直球を持つ本格派左腕。
 セットから投げ下ろす最速148㌔の威力ある真っ直ぐがセールスポイント。高い奪三振率を誇る。
 夏場の走り込みで球速を10㌔超アップ。1年秋時点で最速143㌔を計測した。
 真っすぐ主体に打者を押す投球が持ち味。左ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ込んでいく。
 2年春の予選15.2回で27K(率15.51)を積み上げた。

  スカウトコメント

プロスカウト|17/6/16
 「順調にいけば来年のドラフト上位候補」
プロスカウト|17/4/24
 「体つきがいい。素材としては(富山商出身の左腕)森田駿哉(法大3年)よりも上」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-07-29(土)|2018年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
上背があるし鍛えれば面白い存在。春の甲子園が楽しみ。
| 賀前酉黒才 | 2017年02月04日(Sat) 01:34 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑