川辺 凛(京都産業大)

ここでは、「川辺 凛(京都産業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



191cm83kg 右右 MAX140km スライダー・カット 東山高
長身から角度のある直球とカットボール。2年春の大学選手権で5回1安打1失点の好投を見せた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   15春:         登板無し
   15秋:         登板無し
   16春: 5  1勝0敗  13.1  13  11  9  4  2.70
   16秋: 5  1勝2敗  24.1  19  18  16  12  4.44(9位)
   通算: 10  2勝2敗  37.2  32  29  25  16  3.82
          被安打率7.65 奪三振率6.93 四死球率5.97

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   16選: 1 先   5  1  3  5  1 139㌔ 富士大

投手成績詳細

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   大院大     2  2  2  2  2
   神院大    1.1  1  1  1  0
   龍谷大 先   5  2  6  3  0 ○
   大商大 先   2  4  0  1  1
       先   3  4  2  2  1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   大商大 先   6  2  2  1  0 ○…優勝決定戦
         19.1  15  13  10  4 防1.86
      被安打率6.98 奪三振率6.05 四死球率4.66

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   神院大 先  3.2  4  2  5  1 
   大商大 先   5  4  1  3  2 ●
   龍谷大 先   7  3  8  3  1 ○
   大院大 先   5  4  5  4  5 ●
   大経大 先  3.2  5  2  1  3
         24.1  19  18  16  12 防4.44
      被安打率7.03 奪三振率6.66 四死球率5.92

  最新記事

 ■ 京産大、崖っぷちからの大逆転優勝!勝村監督が男泣き(スポーツ報知) 16/5/28

 勝ち点と勝率で並んだ京産大と大商大が、1982年の新リーグ発足以降2度目のプレーオフを行い、京産大が3季ぶり11度目の優勝を決めた。初回に先制点を奪うと、先発した2年生右腕・川辺凛が6回2安打無失点の好投。チームを逆転優勝へとけん引した。川辺は2回戦からの3試合すべてに先発。2回戦は2回3失点、3回戦は3回1失点で降板したが「経験値が浅いだけで能力は高い」(勝村監督)と、最終決戦にも迷わず起用した指揮官に三度目の正直で応えた。

  プロフィール

 京都府・東山高出身。
 川辺 凛(かわなべ・りん)投手。

 東山高校では3年夏に4強入りを達成。
 背番号1で5試合中4試合にリリーフとして登板し、計9.2イニングで8安打7失点の結果を残した。
 京都大会4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 京産大では2年春からリーグ戦に出場。
 第五節の龍谷2回戦でリーグ戦初先発を果たし、5回6奪三振2失点の好投で初勝利を収める。
 大商大との優勝決定戦を6回2安打6三振0封ピッチで制して3季ぶりVを達成。
 以降、同期・湯川に次ぐ先発としてチームを支え、同年秋までに2勝、防3.82の実績を残した。
 2年秋に1勝2敗、防御率4.44の低調な成績ながら初の投手十傑入りを経験。
 龍谷大2回戦(7対1)で5者連続含む8三振、7回3安打3四死球1失点の好投を演じている。
 全国大会には2年春の全日本選手権(富士大に2対4で1回戦敗退)に出場。
 初戦・富士大戦の先発を任され、四死球5個を出しながらも、5回1安打1失点の結果を残した。
 通算10試合、2勝(0完投)2敗、 37.2回、防御率3.82。

 191cm83kg、長身細身の最速140㌔右腕。
 セットポジションから左膝を高く上げ、着地早めにインステップし、開き早めに肘を使った腕の振りから
 投げ下ろす最速140㌔、常時130㌔台前半から後半の角度のあるストレートと、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、ストレートとほぼ同じ球速帯で小さく動くカットボール。
 ストレートにスライダー、カットを織り交ぜる。左打者の内角を突く投球も持ち味。
 監督からポテンシャルを評価され、2年春に先発の座を獲得した。コントロールにはバラツキが残る。
 被安打率7.65、奪三振率6.93、四死球率5.97。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-03(金)|2018年大学生投手 | 関西六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 関西六大学 コメント(0) Page Top↑