中山 翔太(法大)

ここでは、「中山 翔太(法大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



中山 翔太(法大)

186cm90kg 右右 外野手 遠投105m 50m6秒5 履正社
パワフルな打撃が魅力の右の強打者。2年春の新人戦で1試合2発、2年秋のリーグ戦で3発を放った。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春:          出場無し
   15秋:          出場無し
   16春: 2 .333  3  1 0 0 0 0 0 0 0  .333  .333
   16秋: 11 .263  38 10 1 0 3 11 5 3 0  .317  .526
   通算: 13 .268  41 11 1 0 3 11 5 3 0  .318  .512

 ■ 甲子園成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春: 5 .176  17  3 0 0 0 4 5 3 0  .300  .176

  最新記事

 ■ 法大連勝で勝ち点2 4番中山フォーム修正し2ラン(日刊スポーツ) 17/5/8

 法大が引き分けからの2連勝で勝ち点2とした。2回に連打で無死一、三塁の好機をつくると、6番川口凌内野手(3年)が右翼へ2点適時二塁打を放ち先制。3回には4番中山翔太内野手(3年)が左翼席へ2ランを放って加点した。中山は「自分のダメなところを冷静に見直したボールに対して素直にバットを出すイメージだった」とフォームを修正して臨み、結果を出した。

    1号:高橋 裕也(明治大)  16/ 5/31  右翼席へのソロ弾
    2号:高橋 裕也(明治大)  16/ 5/31  左翼席へのソロ弾
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    1号:竹内  諒(早 大)  16/ 9/10  左翼席への2ラン
    2号:大竹耕太郎(早 大)  16/ 9/11  左翼席への3ラン
    3号:加藤 拓也(慶 大)  16/10/ 8  右中間への2ラン
    4号:柳澤 一輝(早 大)  17/ 4/ 9  左中間同点2ラン
    5号:内村 僚佑(慶応大)  17/ 5/ 8  左翼席への2ラン

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春: 10 .325  40 13 1 1 2 7 9 3 0  .372  .550

 ■ 法大・中山、リーグ戦初アーチ!早大に逆転勝ち(スポーツ報知) 16/9/10

 法大は中山翔太(2年)がリーグ戦初アーチを含む、4打数4安打4打点の活躍で、早大に逆転勝ちし、白星発進した。1点を追う2回、無死二塁で内角のスライダーをとらえ、左翼席に2ランをたたきこんだ。5回に2点を奪われるも、その裏の攻撃では、1死満塁から左中間へ逆転の2点二塁打。チームを勝利の波に乗せた。1年の5月、ベースランニング中に左足小指を骨折。8月に復帰したものの、同じ箇所を再び骨折し、昨年のリーグは未出場に終わった。筋トレが大好きで、指揮官から上半身のトレーニングに関して、ストップがかかるほど。力任せのスイングから、1年かけて下半身主導のバッティングを覚え、いまは20~30パーセントの力で振り込むことができるまでになった。
 ウエイトトレーニングが大好きで、ベンチプレスは140キロ。タレントの中山きんに君にちなんで「きんに君」と呼ばれる。しかし「上腕が強すぎて、力だけでいくスイングになっていた」と青木久典監督。指揮官からは上半身の筋力トレを「禁止」され、いかに力に頼らず鋭いスイングを繰り出すかの練習に時間を割いた。ようやく大舞台で力を発揮した大器は、「まだまだこれから。大学で20本塁打は打ちたいし、いずれはメジャーに行きたい。最終目標」と大きな夢を思い描いている。(スポニチ)

  プロフィール

 大阪府大阪市出身。
 中山 翔太(なかやま・しょうた)外野手。
 城星小時代に軟式野球を始め、本庄中では東成シニアに所属。

 履正社では2年秋からレフトでレギュラー。
 打撃力を買われて4番に抜擢され、10試合で19安打5長打、打率.463本2点19の実績を残す。
 近畿大会準々決・三田松聖戦で左翼スタンドに放り込むソロ本塁打をマーク。
 翌選抜全5試合で4番・レフトを務め、打率1割台ながらも、創部93年目で初の準Vを達成した。
 同期に八田夏、吉田有輝、1学年下に永谷暢章ら。

 法大進学後1年5月に左足小指を骨折。
 翌2年春になって代打でリーグ戦デビューを遂げ、続く新人戦・明大戦で左右へのソロ弾を放つ。
 2年秋に正レフトの座を掴み、計38打数で10安打、打率.263本3点11を記録。
 初スタメンの開幕戦・早大1回戦で左越え2ラン(内寄りスラ)など4安打の固め打ちを見せた。
 2回戦で左越え弾含む3安打を放ち、春季リーグから8打席続けて安打をマーク。
 加藤拓也と対戦した慶大1回戦で逆方向、右中間への2ラン(外寄高め直球)を放っている。
 この活躍で六大学選抜入りを果たし、11月のヤクルト戦に6番・DHとして出場。
 2回、4回に左中間を破る二塁打、9回に右安と、プロを相手に4打数3安打の好結果を残した。
 リーグ通算13試合、打率.268、11安打、3本塁打、11打点。

 186cm90kg、強打が魅力の大型外野手。 
 リーグ通算5本塁打、打ち損じもあるが力強いスイングから強い打球を弾き返す右のスラッガー。
 守備走塁に目立つものはなく長打力、パワーが売り。勝負強い打撃が持ち味。
 2年秋に左翼レギュラーを掴んだ。11月に松山代表候補合宿を経験。確実性アップを目指す。
 高校通算10本塁打、ベンチプレス140キロ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-09(火)|2018年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑