貫井 大地(駿河台大)

ここでは、「貫井 大地(駿河台大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm82kg 右右 MAX147km 川越総合高
最速147㌔直球を武器とする本格派右腕。2部通算23.1回で28奪三振。3年秋に147㌔を計測した。

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:         登板無し           二部
   14秋:         登板無し           二部
   15春: 1  1勝0敗   4  3  5  1  1  2.25二部
   15秋:         登板無し
   16春: 3  0勝2敗  4.2  5  6  4  6 11.57二部
   16秋: 6  1勝0敗  14.2  7  17  9  2  1.23二部
   通算: 10  2勝2敗  23.1  15  28  14  9  3.47二部
           被安打率5.79 奪三振率10.80 四死球率5.40

投手成績詳細

   15春2部    回数 被安 奪三 四死 自責
   淑徳埼玉     4  3  5 1   1 ○

   16春2部    回数 被安 奪三 四死 自責
   首都東京    0.1  0  1  0  0
   日本工大    4.1  3  5  1  1 ●
   東京学芸 先   0  2  0  3  5 ●
           4.2  5  6  4  6 防11.57
       被安打率9.64 奪三振率11.57 四死球率7.71

   16秋2部    回数 被安 奪三 四死 自責
   東京理科    0.2  0  0  0  0
   日大生物     1  0  2  0  0
            2  1  4  0  0
   東京理科 先   4  1  4  4  0
   首都大学    2.1  2  3  2  2 
   東京学芸    4.2  3  4  3  0
          14.2  7  17  9  2 防1.23
       被安打率4.30 奪三振率10.43 四死球率5.52

  最新記事

 ■ 駿河台大が1部快進撃狙う 東京新大学リーグ(東京中日スポーツ) 17/1/31

 駿河台大が今春リーグ戦で3季ぶりに1部復帰する。近鉄、ヤクルトなどで内野手としてプレーした野林大樹監督が率いて5シーズン目147キロ右腕、貫井大地投手(3年)、主将としてチームをけん引する倉田拓也捕手(3年)らを中心に、まずは1部での初勝利、そして上位進出を狙う。今春のリーグ戦の秘密兵器が、昨年急成長したエース貫井。「春のリーグ戦の結果がふがいなくて、夏はただただ走っていました」。猛練習しても壊れない頑丈さを野林監督もプロ向きと評価。ズボンのサイズはLからOになり、体重も7キロ増えて82キロ。春は130キロだった球速も秋は最速147キロに。リーグ戦こそ同級生の和田に活躍を譲ったが、高千穂大との入れ替え戦は3連投。1回戦は先発して2失点で負け投手になったが、2、3回戦はともに中盤からの救援で連勝。中央球界では無名だが、プロスカウトの目にとまる可能性も十分。「野球をやめて就職活動ということも考えていましたが、上に行きたいという気持ちになりました」。4月2日開幕の春季リーグ戦に向け夢は膨らむ。

  プロフィール

 埼玉県川越市出身。
 貫井 大地(ぬくい・だいち)投手。
 川越フェニックスで軟式野球を始め、川越砂中では川越シニアに所属。

 川越総合では1年時から外野手としてベンチ入り。
 3年夏の県大会(4番・エース)は大宮南に8回コールド2対9で敗れ初戦2回戦敗退に終わった。
 県大会2回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 駿河台大では2年春から2部リーグ戦に出場。
 3年夏に行った走り込みで球速大幅増を果たし、秋の2部リーグ戦で3季ぶりの優勝を達成する。
 主にリリーフで6試合14.2回17奪三振、7安打9四死球、防1.23の力投を披露。
 続く入替戦全3試合(先発1、救援2)に登板し、計16.1回1失点の好投で1部昇格に貢献した。
 2部通算10試合、2勝2敗、23.1回、28奪三振、防御率3.47。

 178cm82kg、ガッチリした体格の147㌔右腕。
 最速147㌔ストレートを武器とする本格派。主にリリーフを務める。2部通算2勝と実績は少ない。
 元プロ野球選手・野林大樹監督からプロ向きと評価される頑強な体の持ち主。
 3年春のリーグ戦後に行った体作りで球速大幅アップを達成。3年秋に最速147㌔を叩き出した。
 被安打率5.79、奪三振率10.80、四死球率5.40。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-26(日)|2017年大学生投手 | 東京新大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 東京新大学 コメント(0) Page Top↑