大野 亨輔(三菱日立パワーシステムズ)

ここでは、「大野 亨輔(三菱日立パワーシステムズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



172cm75kg 右左 MAX144km カット・チェンジ・スライダー・カーブ 星稜→専大 2年目
140㌔前後の直球と130㌔台のカット。実戦的な技巧派右腕。U23W杯でリリーフ2試合を経験した。

  動 画

  投手成績

   16都      回数 被安 奪三 四死 自責 
   日本生命  先  7.1  5  5  3  0 141㌔ ○
          被安打率6.14 奪三振率6.14 四死球率3.68

 【 国際大会 】
        試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   16年U23W杯: 2   3  2  5  1  0

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   12春: 5 0勝1敗  16.2  10  18  2  5  2.70二部
   12秋: 7 1勝1敗  20.1  17  17  4  5  2.21二部
   13春: 6 1勝3敗  26.1  22  21  12  12  4.10(10位)
   13秋: 4 1勝2敗   6  9  7  3  5  7.50二部
   14春: 3 0勝0敗   4  3  6  1  3  6.75二部
   14秋: 2 0勝0敗  3.1  1  4  3  0  0.00二部
   15春: 7 4勝1敗  46.1  30  45  11  8  1.55( 1位)
   15秋: 10 3勝2敗   41  31  36  12  10  2.20( 3位)
   一部: 23 8勝6敗 113.2  83 102  35  30  2.38
         被安打率6.57 奪三振率8.08 四死球率2.77
   二部: 21 2勝4敗  50.1  40  52  13  18  3.22
         被安打率7.15 奪三振率9.30 四死球率2.32
    ※ 15春:最優秀投手 15春:ベストナイン

 【 全国大会 】
   15選   回数 被安 奪三 四死 自責 
   早大 先   7  4  3  3  3 141㌔(神宮) ●

投手成績詳細

   12春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大     1  0  2  0  0
           3  0  2  1  0
   立正大     6  2  6  0  0
          3.2  7  3  1  4 ●
   国士大     3  1  5  0  1
         16.2  10  18  2  5 防2.70
      被安打率5.40 奪三振率9.72 四死球率1.08

   12秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東農大    3.1  4  3  0  4 ○
   国士大     5  2  6  0  0
   立正大     3  2  2  0  0
   日本大    1.2  1  1  2  0
           2  5  2  0  0
   拓殖大     3  1  1  0  0
          2.1  2  2  2  1 ●
         20.1  17  17  4  5 防2.21
      被安打率7.52 奪三振率7.52 四死球率1.77

   13春     回数 被安 奪三 四死 自責
   駒沢大    5.2  5  4  0  2 ●
   国学大     6  3  5  1  0 ○
          3.2  2  3  2  0
   亜 大 先   6  6  5  3  2
   中央大 先   4  3  3  4  3 ●
   青学大     1  3  1  2  5
         26.1  22  21  12  12 防4.10
      被安打率7.52 奪三振率7.18 四死球率4.10

   13秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大     1  2  1  0  1 ●
   日本大     2  0  3  2  0
           1  5  0  0  3 ●
   東農大     2  2  3  1  1 ○
           6  9  7  3  5 防7.50
     被安打率13.50 奪三振率10.50 四死球率4.50

   14春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   日本大     1  1  1  0  1
   立正大    2.1  0  3  0  0
          0.2  2  2  1  2
           4  3  6  1  3 防6.75
      被安打率6.75 奪三振率13.50 四死球率2.25

   14秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大     3  1  4  3  0
   国士大    0.1  0  0  0  0
          3.1  1  4  3  0 防0.00
      被安打率2.70 奪三振率10.80 四死球率8.10

   15春     回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大 先  12  4  11  3  0 ○封
   亜 大 先  4.2  6  4  1  1
   駒沢大 先   5  4  8  3  2
       先   9  1  9  1  0 ○封
   国士大 先  4.2  7  1  2  4
   拓殖大    6.1  4  8  0  1 ○
          4.2  4  4  1  0 ○
         46.1  30  45  11  8 防1.55
      被安打率5.83 奪三振率8.74 四死球率2.14

   15秋     回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大 先   9  5  9  3  1 ○
          6.1  3  8  2  0 ○
   駒沢大 先   9  1  7  2  0 ○封
   日本大 先   3  6  2  0  1 
           5  5  2  1  2 ●
          0.1  2  1  0  1
   国学大 先   1  1  1  2  2
   中央大     1  1  1  0  0
          5.1  4  2  2  2 ●
           1  3  3  0  1
          41  31  36  12  10 防2.20
      被安打率6.80 奪三振率7.90 四死球率2.63

  最新記事

 ■ 入社1年目、三菱日立PS横浜の大野 王者食った!(スポニチ) 17/2/27

 開会式に続いて行われた1回戦では、2年ぶり8度目出場の三菱日立パワーシステムズ横浜が、連覇を狙った日本生命を4―0で下した。ルーキー右腕の大野亨輔投手が、7回1/3を5安打無失点に抑える好投。昨年、都市対抗と日本選手権の2冠に輝いた強豪相手に金星を挙げた。「緊張は全然しなかった。走者を出しても気にしない。逆に燃えるんです」。4回は失策で、5~8回は4イニング連続で先頭打者に安打を許した。それでもホームは踏ませない。最速141キロの直球にチェンジアップ、カットボール…。相手が前回王者でも「同じ社会人。力の差はない」と自らに言い聞かせた。専大で昨春のリーグ優勝に貢献。それでも「自分は球速(自己最速144キロ)が足りないし、今のままでは通用しない」と、社会人でレベルアップしてプロを目標にする道を選んだ。憧れは母校の大先輩・黒田(広島)だ。「男気、投球スタイル、挑戦し続ける姿…。尊敬しています」。いつの日かプロの世界で黒田に会うのが大きな夢でもある。

  プロフィール

 石川県かほく市出身。
 大野 亨輔(おおの・きょうすけ)投手。
 七塚小2年から軟式野球を始め、星稜中では軟式野球部に所属。
 中学3年夏に全国大会優勝を達成した。

 星稜高校では2年春から控え投手としてベンチ入り。
 3年夏の県大会は金沢高校に2対5(2.1回7安打5失点KO)で敗れベスト4敗退に終わった。
 同期のチームメイトに西川健太郎(中日11年2位)ら。

 専修大進学後は1年春からベンチ入り。
 すべてリリーフで2部リーグ戦5試合に起用され、計16.2回で18三振、防御率2.70の実績を残す。
 通算44試合(救援33)113.2回をこなし、10勝(1部7勝)10敗、防2.63を記録。
 4年春のリーグ戦になって主戦投手の座を掴み、新球カットを武器に52季ぶりVを成し遂げた。
 最多4勝(2完投2完封)、防1.55(1位)で、最優秀投手、ベストナインを受賞。
 開幕戦・中大戦で12回11K1対0完封勝利、駒大2回戦で1安打9K完封勝利を挙げている。
 全国大会には4年春選手権に出場し、準々決・早大戦(3対4)に先発で登板。
 1回裏に2安打2失点と打たれながらも立て直し、7.0回を4安打3失点に抑える粘投を披露した。
 通算44試合、10勝(4完投3完封)10敗、164回、防御率2.63。

 三菱日立パワーシステムズでは1年目から公式戦に出場。
 ルーキーイヤーから主力としてチームを引っ張り、日立市長杯初戦で1対0初完封勝利を収める。
 都対2次予選で3試合(先発2)15回13安打9K5四死球2失点の粘投を披露。
 続く本大会1回戦・日本生命戦の先発を務め、8回途中0封の好投で前年王者を撃破した。
 これらの活躍で日本代表入りを果たし、プロ若手選手と共にU23W杯に出場。
 アルゼンチン戦、オーストラリア戦に救援で登板し、計3回で5K、2安打無失点の実績を残した。
 二大大会通算1試合、1勝0敗、7.1回、5奪三振、防御率0.00。

 172cm75kg、実戦的な技巧派オーバースロー。
 ノーワインドアップから溜めを作り、重心を下げてインステップし、球持ちに良さのある腕の振りから
 投げ込む最速144㌔、常時130㌔台中盤から140㌔前後(先発時)の真っすぐと、
 130㌔強のカットボール、120㌔台のチェンジアップ、120㌔台のスライダー、100㌔台のカーブ。
 専大時代に習得した130㌔強のカットが武器。内外角に丁寧に投げ込んで行く。
 粘り強い投球で試合を作る小柄な右腕。ピンチに動じないマウンド度胸の良さも持ち味の一つ。
 大学時代の与四死球率2.63。制球に自信を持つ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-27(月)|2017年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑