鈴木 健矢(JX-ENEOS)|ドラフト・レポート

鈴木 健矢(JX-ENEOS)

ここでは、「鈴木 健矢(JX-ENEOS)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



鈴木 健矢(JX-ENEOS)

176cm75kg 右左 MAX147km スライダー・シンカー・チェンジ 木更津総合高 4年目
最速147㌔直球を持つサイドハンド。内角直球とスライダーが持ち味。独特なモーションから投げ込む。

  動 画

  投手成績

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   16都: 2   2  2  1  3  3
         0.2  0  0  1  0 141㌔ 日本生命
         1.1  2  1  2  3 142㌔ NTT東
   18都: 1  0.2  0  1  1  0 142㌔ NTT東
   通算: 3  2.2  2  2  4  3 防10.13
      被安打率6.75 奪三振率6.75 四死球率13.50
    ※ 補強出場(16都18都:MHPS)

 【 国際大会 】
   17BFA  回数 被安 奪三 四死 自責 
   PAK   2  1  3  1  1 ○
   TWN   3  1  2  0  0 ○ 141㌔
         5  2  5  1  1 防1.80
     被安打率3.60 奪三振率9.00 四死球率1.80

 ■ 甲子園成績

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   岡山理付   2  1  1  2  0 135㌔
   静岡高校   4  0  4  4  1 137㌔
          6  1  5  6  1 防1.50
      被安打率1.50 奪三振率7.50 四死球率9.00

  最新記事

 ■ 社会人侍ジャパン最年少・鈴木健矢が好投 来秋ドラフトへアピール(スポニチ) 17/6/25

 最終日はJR東日本とオープン戦を行い、9―3で勝って、合宿を打ち上げた。候補選手中最年少のJX―ENEOSの右サイドスロー・鈴木健矢投手(19)が先発。走者を背負いながらも3回無失点と粘った。最年少だけに気遣いはたえない様子だったが「レベルの高い選手と一緒にやれてすごく楽しかった。刺激になった」と振り返った。初日の紅白戦でも先発して3回2失点。制球に課題は残るが横手ながら最速143キロを投げる。プロのスカウト陣からも「来年間違いなく候補になる」と高く評価する声が上がり、高卒3年目の指名解禁となる来秋ドラフトに向けても好アピールとなった。

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   16年: 13 27.2  25  32  18  8  2.60  8.13 10.41  5.86
   17年: 9  28  16  26  11  8  2.57  5.14  8.36  3.54
   18年: 9 28.1  30  27  12  13  4.13  9.53  8.58  3.81 
   通算: 31  84  71  85  41  29  3.11  7.61  9.11  4.39

 ■ 昨年V日本生命 都市対抗開幕戦で敗退 三菱日立が金星(スポニチ) 16/7/15

 第87回都市対抗野球大会は15日、東京ドームで開幕して1試合が行われ、三菱日立パワーシステムズ横浜が前回優勝チームの日本生命を4―0で下して2回戦進出を決めた。三菱日立パワーシステムズ横浜は大野、鈴木、斎藤の継投で日本生命打線を5安打無失点に封じた。

  プロフィール

 千葉県袖ケ浦市出身。
 鈴木 健矢(すずき・けんや)投手。
 長浦小時代に軟式野球を始め、長浦中では軟式野球部に所属。

 木更津総合では2年秋にエースの座を獲得。
 サイド転向で課題のコントロール難を改善し、防1.29の活躍で県大会V、関東準Vを達成した。
 関東大会準決・常総学院戦で6安打3三振3四死球4対3完投勝利をマーク。
 翌3年春の選抜全2戦に救援で登板し、計6イニングで5K、1安打4四球1失点の実績を残した。
 同学年に檜村篤史、1学年下に早川隆久ら。

 JX-ENEOSでは1年目から公式戦に出場。
 ルーキーイヤーから計13戦(救援11)に起用され、27.2回で32奪三振、防2.60の好結果を残す。
 先発抜擢された春先のスポニチ大会JR東北戦(5回1失点)で初勝利を記録。
 MHPS横浜の補強選手として都対に出場し、大舞台を2戦2イニング(3失点)のみ経験した。
 5回裏2死満塁から救援登板した2回戦・NTT東日本戦で最速142㌔を計測。
 押し出し寸前のボールカウント3-0から空振りKに切って取る度胸のいい投球を披露している。
 翌17年秋の選手権代決で145㌔を投げ、日ハムスカウトから高い評価を獲得。
 セガサミーを5回裏まで3安打3K1失点に抑え、9回7対1での勝利(本大会進出)に貢献した。
 3年間で二大大会3戦2.2回に登板し、通算0勝0敗、2K、防御率10.13を記録。
 3年目7月に行われた大学日本代表とのOP戦で自己最速の147㌔(平塚)を計測している。
 国際大会には2年目10月のBFAアジア選手権(優勝)に日本代表として出場。
 いずれも中継ぎとして2試合にリリーフ登板し、計5回で5三振、2勝0敗、防1.80の実績を残した。
 二大大会通算3試合、0勝0敗、2.2回、防御率10.13。

 176cm75kg、スライダーを武器とする右サイドハンド。
 セットから上体を倒して重心を下げ、大きいテイクバックを取り、右肘を使った腕の振りから繰り出す
 最速147㌔の真っ直ぐと、120㌔台のスライダー、120㌔台で逃げて沈むシンカー。
 右打者のインサイドに食い込む常時140㌔前後の真っすぐとキレの良いスライダーが持ち味。
 制球力向上を目指して高校2年秋にオーバースローからサイドハンドに転向した。
 高卒1年目で早々と都市対抗デビュー。インコースを強気に攻めるなど度胸の良さも魅力の一つ。
 グラブを一旦ホームに向ける独特なモーションで始動する。

  スカウトコメント

日本ハム・大渕隆スカウト部長|17/9/16
 「度胸は十分あるし、来年は注目しないと」
プロスカウト|17/6/25
 「来年間違いなく候補になる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-02-20(水)|2019年社会人投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人投手 | コメント(0) Page Top↑