梶原 昂希(神奈川大)|ドラフト・レポート

梶原 昂希(神奈川大)

ここでは、「梶原 昂希(神奈川大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



188cm84kg 右左 外野手 遠投100m超 50m6秒0 大分雄城台
3拍子揃ったプロ注目大型中堅手。強い打球を放つ左の強打者。長身に50m6秒0の俊足を備える。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18春: 11 .265  49 13 0 0 2 7 17 1 2  .280  .388
   18秋: 12 .400  50 20 6 2 2 13 8 1 4  .412  .720(1位)
   19春: 12 .306  49 15 4 1 2 9 9 2 3  .333  .551
   通算: 35 .324 148 48 10 3 6 29 34 4 9  .342  .554
    ※ 18秋:首位打者 18秋:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18選: 1 .500  4  2 2 0 0 0 0 0 0  .500 1.000
   通算: 1 .500  4  2 2 0 0 0 0 0 0  .500 1.000

  最新記事

 ■ 高専、雄城台を振り切る 大分大会(大分合同新聞) 15/7/18

 第97回全国高校野球選手権大分大会第9日は18日、別大興産スタジアムで2回戦があった。第1試合の雄城台―高専は、終盤に勝ち越した高専が雄城台を振り切った雄城台は五回、梶原の適時三塁打で同点に追い付いた。2点を追う八回には佐藤天の適時打で1点差としたが、及ばなかった。

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   15夏: 1 .750  4  3 0 1 0 1 1.250
   16夏: 1 .500  4  2 1 0 0 1  .750
   16秋: 3 .455 11  5 0 0 0 1  .455
   17夏: 2 .571  7  4 0 1 0 1  .857
   通算: 7 .538 26 14 1 2 0 4  .731

  【一塁到達タイム】 高3夏の県予選3回戦:セカンドゴロ4秒10
            大1春の選手権1回戦:詰まった遊ゴロ4秒15、引っ掛けた一ゴ4秒05

  プロフィール

 大分県大分市出身。
 梶原 昂希(かじわら・こうき)外野手。
 金池小学校4年時から軟式野球を始め、上野ヶ丘中時代は軟式野球部に所属。

 大分雄城台では1年時からベンチ入り。
 1年夏の県大会で1番・中堅手の座を獲得し、初戦・高専戦で適時3塁打を含む3安打を放つ。
 翌2年夏の予選1回戦・大分南戦(3番・中堅)で2安打1二塁打1打点を記録。
 同年秋の予選に4番打者(中堅)として出場し、攻守の活躍で3年ぶり県8強入りを果たした。
 3試合連続で安打を放ち、11打数で5安打(長打0)、打率.455本0点1をマーク。
 9回11対4の大勝を収めた初戦・情報科学戦で、3打数3安打1打点の活躍を披露している。
 3年夏の予選(4番)は2戦4安打の活躍及ばず東明に1対6で敗れ3回戦敗退。
 大型中堅手としてスカウト陣からも注目されたが、プロ志望届を提出せず大学進学を選択した。
 県大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 神奈川大では1年春からベンチ入り。
 開幕から3番・中堅手(後半5番)として出場し、49打数で13安打、打率.265本2の実績を残す。
 工大3回戦で1号右ソロ弾、商大1回戦で中堅弾と、2試合続けて一発を記録。
 以降、正CF(5番23試合)としてチームを支え、3季で48安打、打率.324本6点29をマークした。
 打率4割(20安打)の活躍を演じた1年秋に首位打者及びベストナインを受賞。
 横商大1回戦で逆方向レフトへのソロアーチ、続く横浜市長杯で左2点三塁打を放っている。
 全国大会には1年春の第67回全日本大学野球選手権(初戦敗退)に出場。
 5番・中堅手としてスタメンを務め、4回に中前、6回に左翼線と、敗戦の中で二塁打2本を放った。
 通算35試合、打率.324、48安打、6本塁打、29打点。

 188cm84kg、3拍子揃ったプロ注目大型中堅手。
 強い打球を弾き返す左の強打者。130m級の打球を放つパンチ力、50m6秒0の脚力を備える。
 1年春の横商大1回戦で中越え3ラン、2年春の桐蔭大2回戦で同2ランを記録。
 1年秋の横浜商大1回戦で左越えのソロ、2年春の神奈工大2回戦で同2ランを放っている。
 新入生時代から23戦33安打4発の活躍で大学代表候補メンバー入りを達成。
 高校時代の監督から糸井嘉男、柳田悠岐のようになれる素材の持ち主として期待されていた。
 ソフトボール投げ100m、100m走11秒3。通算6発。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年05月30日(木)|2021年大学生野手 | 神奈川大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生野手 | 神奈川大学 コメント(0) Page Top↑