山内 響(東洋大)|ドラフト・レポート

山内 響(東洋大)

ここでは、「山内 響(東洋大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



山内 響(東洋大)

183cm83kg 右左 MAX145km スライダー・カーブ・チェンジ・ナックルカーブ 東洋大姫路
角度を付けて投じる130㌔台後半の直球と大きいカーブ。加古川東戦で6回14奪三振をマークした。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   18春:         登板無し          
   18秋:         登板無し            
   通算:         登板無し

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   16春         回数 被安 奪三 四死 失点 
   3回戦:加古川東 先   6  5  14  0  2
   準決勝:報徳学園 先   6  8       3
               12  13       5 防3.75(失点から算出)

   16夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:香寺高校     1  0       0
   3回戦:姫路西高 先  5.1  3       0
              6.1  3       0 防0.00

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:葺合高校    0.1  0  0  0  0
   2回戦:西脇工業 先   6  8  8  2  7
              6.1  8  8  2  7 防9.95(失点から計算)
          被安打率11.37 奪三振率11.37 四死球率2.84

  最新記事

 ■ プロ注目の東洋大姫路・山内、今春大敗の西脇工にリベンジ誓う(デイリースポーツ) 17/7/12

 ノーシードから6年ぶりの甲子園を目指す東洋大姫路が、葺合を五回コールドで下した。最速145キロプロ注目右腕・山内響投手は、五回2死から打者1人を抑えて試合を締めくくった。角度のある力強い直球で、最後の打者を難なく一ゴロに打ち取った。山内は上々の試運転を終えると、すぐに西脇工との2回戦へ目を向けた。「僕らはあの悔しさをバネにやってきた。必ずリベンジしたい」。春夏通算19度の甲子園出場を誇る名門は、今春の兵庫大会1回戦で西脇工にコールド負け。以降の練習では指導者から「コールド負けの学年が!」と厳しい声が飛んだ。山内も西脇工戦に途中登板し、コールド負けを決定づけた7点目を奪われている。これまでは右肩や右足首の負傷に悩まされてきたが、もう不安はない。相手のプロ注目右腕・翁田大勢投手に必ず投げ勝つ。

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大 先  1.1  4  1  1  3 138㌔

 ■ 高校野球2017シーズン 全国49地区展望(ホームラン) 17/3/10

 東洋大姫路はプロも注目する最速145キロ右腕・山内響が存在感を示す。縦に割れるスライダーも駆使し、昨春の県大会3回戦では6回14奪三振を記録

  プロフィール

 兵庫県赤穂市出身。
 山内 響(やまうち・きょう)投手。
 塩屋小学校時代から軟式野球を始め、赤穂西中時代は龍野ボーイズに所属。
 中学2年3月に捕手から投手に転向した。

 東洋大姫路では1年秋から背番号12でベンチ入り。
 控え投手ながら先発陣の一角として起用され、翌2年春の大会で計12回5失点の実績を残す。
 3回戦・加古川東高戦で6回14奪三振(5安打無四球2失点)の力投を披露。
 準決・報徳戦で6回3失点の粘投を見せたが、主島大虎を攻略出来ず0対4で敗戦となった。
 2年時夏の県大会を4回戦敗退で終え、同年秋の新チームで主戦の座を獲得。
 先発救援で全3戦をこなしたが、市尼に4.1回5失点と打たれ、12回6-7で3回戦敗退となった。
 3年夏の県大会は西脇工業に2シーズン連続となるコールド負けで2回戦敗退。
 3者連続Kの好スタートを切りながら中盤つかまり、6回8安打(8三振)7失点KOを喫して敗れた。
 県大会ベスト4が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 東洋大では2年春からリーグ戦に出場。
 開幕カード・中央大2回戦に先発として登板し、2回途中3失点KOのホロ苦デビューを果たした。
 通算1試合、0勝0敗、1.1回、防御率20.25。

 183cm83kg、145㌔直球を持つ本格派右腕。
 セットから溜めてグラブを掲げながら重心を下げ、開き早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速145㌔の角度ある直球と、スライダー、カーブ、チェンジアップ、ナックルカーブ。
 高校1年秋から先発陣の一角として活躍。プロのスカウトからポテンシャルを注目されていた。
 角度を付けて投じる130㌔台後半の直球と110㌔前後の大きいカーブが持ち味。
 真っ直ぐに変化球を織り交ぜて空振りを奪う。大阪桐蔭との練試で9回12K1失点をマークした。
 遠投100m、50m6秒2。高3夏の奪三振率11.37。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-05-24(金)|2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑