本田 仁海(星槎国際湘南)

ここでは、「本田 仁海(星槎国際湘南)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm75kg 右左 MAX146km スライダー・カーブ
最速146㌔直球とスライダーなどの変化球。2年秋に県8強初進出を達成。51回で57Kを積み上げた。

  動 画

  最新記事

 ■ 12球団スカウト来た!星槎・本田、130球完投11K(SANSPO) 17/4/26

 春季高校野球神奈川大会準々決勝が保土ケ谷で行われ、星槎国際湘南が昨秋の神奈川大会王者の慶応を3-1で下し、初の4強入りを決めた。プロ注目の右腕、本田仁海投手が自己最速に並ぶ146キロの直球と縦のスライダーを駆使し、11三振を奪って6安打完投(1四球)12球団のスカウトを「間違いなく今年のドラフトの上位候補」とうならせた。最後の130球目は145キロの直球。空振り三振で完投勝利を挙げた本田は、マウンドで雄たけびを上げた。スタンドではプロ12球団、27人のスカウトが視察し「コンパクトでいい投げ方。体は入団してから作れるが、投げ方はそうはいかない」と巨人・岡崎スカウト部長。ヤクルト・斉藤スカウトも「将来、前田(米大リーグ、ドジャース)のような投手になるかもしれないいい投げっぷり」と高く評価した。
 オリックスの中川隆治アマスカウトグループ長は「間の取り方が(日本ハムの)大谷に似ている。直球が素晴らしい」と話し、巨人の岡崎郁スカウト部長も「投げ方のバランスが良い。今後も見ていく」と評価した。本田は「プロに行って活躍したい。結果を残したい」と誓った。(スポニチ)
 ▽巨人岡崎スカウト部長「バランスが良く癖が無い投げ方で伸びる要素がある最後まであれだけ全力で投げられるのもいい
 ▽中日中田スカウト部長「甲子園に出たトップクラスの投手と遜色ないフォームがしっかりしていてタイミングが取りづらい
 ▽オリックス中川スカウトグループ長「素材はいい。打者を見ながら真っすぐをしっかり投げられる」(日刊スポーツ)

   17春         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:湘南台高 先   8  4  9     1
   3回戦:川和高校 先   7  2  6  5  0 143㌔
   4回戦:日大藤沢 先  11  10  14  3  3
   準々決:慶應義塾 先   9  6  11  1  1 146㌔
               35  22  40     5 防1.29(失点から計算)
                 被安打率5.66 奪三振率10.29

 ■ 星槎国際湘南・本田 7回零封 阪神スカウト「楽しみ」(スポニチ) 17/4/17

 星槎(せいさ)国際湘南は最速146キロのプロ注目右腕・本田が7回無失点と好投し、川和を5―2で撃破。16強入りで初の夏のシード権を獲得した。8イニングを投げた前日からの連投ながら、143キロを計測した直球と縦のスライダーで2安打に封じた。練習ではほぼ毎日打撃投手を務めるなど体力には自信があり「疲れはあったが、そんなことは言ってられない」ときっぱり。ネット裏で視察した阪神・吉野誠スカウトは「小気味よく投げていたし、ボールに力があった。楽しみです」と評価した。
 インフルエンザから復帰直後の右腕は、練習で連日、打撃投手を務め、15日の2回戦から連投。「(投げすぎて)調整ミス」と漏らしながら、走者なしでもクイックを交え、6回に最速143キロをマークした。視察したDeNA・吉田スカウト部長は「素材としてはいい」とうなずいた。(スポーツ報知)
 本田は7回2安打無失点と好投したが5四死球を反省。「調整ミスで悔いの残る試合でした。でも、少しずつ注目してもらっているのはうれしいです」と言った。土屋恵三郎監督は「春はシード権をまず取ることが目標だった。夏のシードは学校としても初めてなのでは。本田は頑張り屋だし、今日の反省を生かしてくれるはず」と見据えた。(日刊スポーツ)

 ■ 星槎快勝!エース本田9K握力強化で「キレ増した」(日刊スポーツ) 17/4/15

 星槎エース本田仁海投手が、8回を4安打1失点に抑え、快勝した。昨秋、同校初のベスト8進出に貢献したエースが、9三振を奪う好投で、県大会初戦を好発進。この冬、握力を強化したことで「指のかかりとボールのキレが増したと思います」と話す。最速も142キロから146キロと4キロアップした。この日も序盤は直球主体の組み立てで、湘南台打線を抑え込んだ。成長著しい右腕は、高校最後となる今夏に向けて「150キロ以上は出したいな。目標なので、出したいです」とレベルアップを誓った。

過去記事

 ■ 星槎国際湘南が初8強 監督「感動しちゃったよ」(日刊スポーツ) 16/9/14

 星槎国際湘南が、初のベスト8進出を果たした。エース本田仁海投手(2年)が、9回を5安打2四球に抑え、初回の1点の援護を守り抜く「スミ1完封」勝利を収めた。前日13日の鎌倉学園戦は13奪三振で完封し、2試合連続完封のこの日は8奪三振。本田は「今日は打たせて取る投球を心掛けました」と振り返った。土屋恵三郎監督(62)は「去年まで127キロくらいだった本田が、142キロ出るようになったんだよ。鎌倉学園に続いて、向上に勝つなんて。感動しちゃったよ。弱い軍団が強くなっている。成長しているよ」と、就任2年目での8強を喜んだ。

   16秋         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:茅ケ崎北 先   9  7  12     1
   3回戦:鎌倉学園 先  15  13  21  5  4   
   再試合:鎌倉学園 先   9  4  13     0封
   4回戦:向上高校 先   9   5  8  2  0封…26回連続無失点
   準々決:横浜高校 先   9  16  3  1  8
               51  45  57    13(誤差あり)
                  被安打率7.94 奪三振率10.06

 ■ 星槎国際湘南2年エース本田7回11K完封(日刊スポーツ) 16/7/14

 星槎国際湘南が7回コールドで初戦突破した。2年生エース本田仁海投手は1回、3者連続三振をマークすると、7回まで毎回の11三振を奪う好投を披露した。許した安打は5回1死からの中前打1本だけ。試合後に校歌を歌い終えると「初回は三振を狙っていました。2回からは低めを打たせようという意識で投げました。2桁三振は公式戦では初めてです」と笑顔で話した。

   16夏         回数 被安 奪三 四死 自責 
   1回戦:足  柄 先   7  1  11  0  0
   2回戦:立花学園 先   9  5  9  2  2
   3回戦:光明相模 先   9  9  4  0  3
   4回戦:茅ケ崎西    7.1  4  4  0  1
              32.1  19  28  2  6 防1.67
           被安打率5.29 奪三振率7.79 四死球率0.56

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 本田 仁海(ほんだ・ひとみ)投手。
 北大和小3年時から軟式野球を始め、つきみ野中では軟式野球部に所属。

 星槎国際湘南では1年春からベンチ入り。
 旧チーム時代から主戦投手としてチームを支え、2年夏の予選で創部初の4回戦進出を果たす。
 全4試合(先発3)に登板し、32.1回2四死球、3完投勝利、防御率1.67を記録。
 2回戦・立花学園戦で5安打4対2完投勝利、続く光明相模原戦で5対3完投勝利を挙げた。
 同年秋に5試合51回を1人で投げ抜く奮闘で初の県大会ベスト8躍進を達成。
 3回戦・鎌倉学園戦で延長15回(4対4で引き分け)13安打21K完投の力投を披露している。
 再試合で4安打13K2対0完封勝利、続く向上高戦で1対0完封勝利をマーク。
 疲労で球威を欠いた準々・横浜戦は、初回から打たれ、9回16安打8失点で完投負けとなった。
 1学年下のチームメイトとして松下壮悟一塁手ら。

 181cm75kg、新興チームで主戦を担う146㌔腕。
 セットから投げ込む最速146㌔直球とスライダーなどの変化球。創部8年目で8強入りを達成した。
 2015年に就任した土屋恵三郎監督(元桐蔭学園)の下で球速を大幅にアップ。
 入学当初の120㌔台中盤から146㌔(3年4月時点)まで引き上げた。コントロールに自信を持つ。
 相洋との練試で16奪三振完封勝利をマークした。

  スカウトコメント

巨人・岡崎スカウト部長|17/4/26 
 「コンパクトでいい投げ方。体は入団してから作れるが、投げ方はそうはいかない」
 「バランスが良く癖が無い投げ方で伸びる要素がある。最後まであれだけ全力で投げられるのもいい」
 「投げ方のバランスが良い。今後も見ていく」
ヤクルト・斉藤スカウト|17/4/26
 「将来、前田(米大リーグ、ドジャース)のような投手になるかもしれない、いい投げっぷり」
オリックス・中川隆治アマスカウトグループ長|17/4/26
 「素材はいい。打者を見ながら真っすぐをしっかり投げられる」
 「間の取り方が(日本ハムの)大谷に似ている。直球が素晴らしい」
中日・中田スカウト部長|17/4/26
 「甲子園に出たトップクラスの投手と遜色ない。フォームがしっかりしていてタイミングが取りづらい」
プロスカウト|17/4/26
 「間違いなく今年のドラフトの上位候補」
阪神・吉野誠スカウト|17/4/17
 「小気味よく投げていたし、ボールに力があった。楽しみです」
DeNA・吉田スカウト部長|17/4/17
 「素材としてはいい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-04-26(水)|2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑