柿木 蓮(大阪桐蔭)|ドラフト・レポート

柿木 蓮(大阪桐蔭)

ここでは、「柿木 蓮(大阪桐蔭)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



柿木 蓮(大阪桐蔭)

181cm85kg 右右 MAX151km スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ
威力のある直球で押す本格派。3年春夏の甲子園で計5勝をマーク、夏2回戦で151㌔を計測した。
2018年日本ハム5位(契約金3500万円、年俸520万円)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   17春: 1     1  0  1  2  0 143㌔ 宇部鴻城
   17夏: 2   10.2  8  8  3  0
            2  1  3  0  0 147㌔ 米子松蔭
        先  8.2  7  5  3  0 146㌔ 仙台育英 ●
   18春: 3    15  9  19  2  2
        先   6  2  10  0  0 144㌔ 伊万里高 ○
        先   5  4  5  0  0 141㌔ 花巻東高 ○
        先   4  3  4  2  2 144㌔ 三重高校
   18夏: 6    36  22  39  8  4
        先   9  6  8  1  1 146㌔ 作新学院 ○
            1  1  3  1  0 151㌔ 沖学園高
            4  2  5  0  0 147㌔ 高岡商業
            4  1  6  0  0 150㌔ 浦和学院
        先   9  7  10  3  1 147㌔ 済美高校 ○
        先   9  5  7  3  2 148㌔ 金足農業 ○
   通算: 12    62.2  39  67  15  6 防0.86
       被安打率5.60 奪三振率9.62 四死球率2.15

 【 国際大会 】 
   U18アジア  回数 被安 奪三 四死 失点 自責
   KOR     1  0  1  0  0  0 148㌔ 
   TWN     3  4  2  0  1  1 145㌔ 
   CHN    5.1  1  6  1  0  0 147㌔ ○
          9.1  5  9  1  1  1 防0.96
         被安打率4.82 奪三振率8.68 四死球率0.96

投手成績詳細

   17春           回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪1回戦:八尾翠翔     3          0
     4回戦:関大北陽 先   6  5  7  2  2
     準々決:上  宮 先   9  2  13  1  0
                 18          2 防1.00(失点から計算) 

   17夏予          回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪4回戦:同大香里 先   7  1  11  1  0 142㌔…8者連続奪三振
     準々決:興国高校 先   6  8  5  4  7
                 13  9  16  5  7 防4.85
            被安打率6.23 奪三振率11.08 四死球率3.46

   17秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪2回戦:星翔高校 先   7  6       0封
     準々決:大塚高校 先   6  2       0封
     決勝戦:履正社高 先   9  9  6  3  2
   近畿1回戦:京都翔英 先   7  2  9  4  0封
     決勝戦:智弁和歌 先   9  7  8  2  0封
   神宮2回戦:駒  苫     4  1  4  1  0 140㌔
     準決勝:創成館高 先   3  5  4  1  4 138㌔
                 45  32  43  16  6 防0.60
             被安打率6.40 奪三振率8.60 四死球率3.20

   18夏予          回数 被安 奪三 四死 失点 
   大阪2回戦:四條畷高 先   7  5  5  0  0封
     準決勝:履正社高     1  0  2  0  0 148㌔
     決勝戦:大阪学院 先   9  9  7  1  2
                 17  14  14  1  2 防1.06(失点から計算)
             被安打率7.41 奪三振率7.41 四死球率0.53

  最新記事

 ■ 日本ハム・ドラ5柿木、仮契約 根尾にライバル心燃やす(デイリースポーツ) 18/11/11

 日本ハムからドラフト5位で指名された大阪桐蔭の柿木蓮投手が10日、大阪市内のホテルで契約金3500万円、年俸520万円で仮契約を結んだ。同級生で中日1位の根尾にライバル心を燃やしつつ、「このままでは納得いかないところもある。自分もしっかり活躍したい。プロの世界で対戦できたら楽しみ」と負けん気の強さを見せた。

 ■ 大阪桐蔭・根尾&藤原&柿木…高校最多3人ドラフト1位指名も(スポーツ報知) 18/10/4

 大阪桐蔭が済美を破り、春夏の甲子園大会などを合わせて今季8冠を達成した。根尾のほか、藤原恭大中堅手、柿木蓮、横川凱の両投手の4選手が4日にプロ志望届を提出する。柿木も1位指名される可能性が出てきた。この日は8回から登板して9回に3ランを浴びたものの、最速149キロをマークした。今年のドラフトは、スカウト陣が「1位候補が12人そろわない」と嘆く状況だ。ある球団幹部が「根尾と藤原、柿木は同等の評価をしている」と明かしたように、最速151キロ右腕の評価は高い。済美戦を視察した中日の中田アマスカウトディレクターも「柿木は間違いなく(ドラフト2位までの)上位24人に入ってくる」と予想した。

 ■ デイリー特命スカウトが行く 柿木君は磨けばオリックス・西(デイリースポーツ) 18/9/5

 大阪桐蔭の柿木君が著しい成長を見せた。オーバーハンドからリリース時に投げる方向にしっかりと胸を向け、落ち着いて丁寧に投げられる両コーナーへきっちりとコントロールできるところが魅力だ。また、リリースポイントも一定しているので、直球だけでなく安定感のある変化球も投げられる。柿木君はフォームが静かで安定しているので躍動感に物足りなさを感じる節もある。ただ、プロに入れば違和感はないだろう。強いて課題を挙げれば、丁寧に投げたい気持ちが勝っていること。リリース時に左肩の開きが早くなり、球筋が見えやすくなることがある。力んでも151キロ直球は誰にでも投げられる球ではない丁寧に淡々とコースにテンポ良く投げられ投球技術も高く強い精神力も兼ね備わっている。それらに今後さらに磨きをかければ、将来はオリックス・西のような安定した先発になる可能性がある。私は、即プロより社会人や大学で準備を整えて即戦力で活躍してほしいと思う。
 「夏を迎えて成長を遂げている。球速がアップし、スライダーの切れも出てきた。変化球が良くなった分、投球の幅が広がった。外れ1位候補に浮上しています」とは、さるセ球団のスカウト。(日刊ゲンダイ18/9/8)

過去記事

 ■ 侍U18柿木、8球団スカウト前で1回3K締め(日刊スポーツ) 18/8/28

 高校日本代表は初実戦となる立大との練習試合(7回打ち切り)で3-1の逆転勝利を飾った。背番号11の柿木蓮投手は、最終の7回に登板大学生を相手に3者連続三振で、試合を締めくくった
 バックネット裏には阪神DeNAヤクルト西武オリックス楽天日本ハムソフトバンクの8球団、21人のスカウトが視察に訪れた。(デイリースポーツ)

 ■ 大阪桐蔭・柿木エースの涙 「自分しかいないと思った」(デイリースポーツ) 18/8/22

 エースが泣いた。5安打2失点で9回を投げ切り、大阪桐蔭春夏連覇の瞬間をマウンドの上で迎えた。「自然と涙が出ました。達成できたという涙です」。柿木蓮投手は照れくさそうに笑った。決勝前夜、宿舎の西谷監督の部屋を1人で訪れ「明日、投げさせて下さい」と先発を志願した。済美との準決勝で完投したばかりだったが「自分の中で、自分しかいないと思った」。指揮官の信頼を勝ち取り、相手エース・吉田と投げ合った。昨夏は3回戦で仙台育英にサヨナラ負け。「あの悔しい思いを持って1年間練習してきた」と振り返る。
 今秋ドラフト1位候補の大阪桐蔭・根尾昂内野手は今後の進路について「上の世界ではショートで勝負したい」と言い切った。同1位候補の藤原に加え、最速151キロ右腕・柿木、同144キロ左腕・横川の計4人がプロ志望届を出す予定だ。(スポニチ)
 柿木蓮も急速に評価を高めているパ・リーグ球団幹部は「昨年まではばらつきがあったが、意図するところと実際の投球が一致してきた。今年は高校生の投手が少ない傾向にあるから、秋の大学生の動向次第では(ドラフト1位の)12人に入るかもしれない」(夕刊フジ)

 ■ 柿木自己最速151キロ(西日本スポーツ) 18/8/14

 今秋ドラフト候補・柿木蓮投手が9回に登板し、今大会最速で、自己最速も更新する151キロをマークした。先頭打者の初球に149キロを計時し、2球目が151キロ。「球場がざわめいたので、気持ちいいなあと。1イニングだったのでちょっと力を入れました」。1回無失点で試合を締めくくった。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「こういうポテンシャルもあるところを見せてくれた」と評価した。
 ▽阪神畑山チーフスカウト「151キロ出したし、成長した姿が見られた」(日刊スポーツ)
 柿木は「『行け行け(150キロを)出してこい』と言われていて、意識しないようにしたけど意識した。観客がどよめいてうれしかった」と笑顔を見せた。(日刊スポーツ)
 楽天の後関スカウトは「今大会、どんどん球が速くなってきている評価が変わってくる可能性はある」と、成長を認め要チェックとした。(スポーツ報知)

 ■ 阪神、11人態勢で大阪桐蔭・藤原を視察(SANSPO) 18/8/7

 今秋のドラフト会議で大阪桐蔭・藤原を1位最有力候補に掲げる阪神11人態勢で視察。畑山チーフスカウトは藤原について「(大阪)予選から好調をキープして強いスイングをみせている。(右膝の)けがが万全という、引っ張った強い打球が出ている。走りも含めてね」と絶賛。根尾は「(ソフトバンクの)今宮みたい」、柿木は「プロ向き」と評価し「見る者をワクワクさせて魅了できる。将来、プロで中心選手、スター選手になれる逸材」と投打のトリオに目を細めた。
 ▽ヤクルト・阿部スカウト「柿木は6月から調子が上がっているので、きょうくらいの投球は何度も見ている」
 ▽楽天・長島スカウト部長「柿木のフォークボールは、高校生では簡単には打てない」(SANSPO)

 ■ 大阪桐蔭、これぞ王者の底力 9回2死から冷静につないで逆転勝利(スポニチ) 18/7/28

 北大阪大会準決勝では大阪桐蔭が履正社との宿敵対決を9回2死からの逆転で制した。9回からエース柿木が登板。自己最速タイの148キロを叩き出し、激戦を締めくくった。

 ■ 大阪桐蔭・柿木が6回0封、10Kの快投!スカウト陣も高評価(スポーツ報知) 18/3/26

 大阪桐蔭が、21世紀枠で初出場の伊万里に20安打、14得点で圧勝発進した。最速148キロ右腕・柿木蓮投手が先発し、6回2安打無失点で10三振を奪った。「ベンチからスタンドを見て、応援がすごいなと思った。『佐賀県立』とあって、地元が敵側で複雑な気持ちになったけど、負けたくない気持ちが強かった」と、強気に攻めた。伊万里の古賀昭人外野手は、ボーイズリーグの佐賀東松ボーイズでチームメートだった。ネット裏のスカウト陣も高評価し、巨人の岡崎郁スカウト部長は「柿木が良くなっていた。力強かった」と名前を挙げ、オリックスの長村球団本部長も「フィニッシュが強くて球が指にかかっていた球のキレ、角度がある」と、好印象を持っていた。
  オリックスの長村裕之編成部長は柿木について「指先にかかる直球もスライダーもキレがあるし、角度もある」と評価した。(スポニチ)

 ■ 大阪桐蔭、2年ぶり3度目V エース・柿木が智弁和歌山を完封(SANSPO) 17/11/5

 秋季近畿大会決勝が5日、大阪シティ信用金庫スタジアムで行われ、大阪桐蔭が智弁和歌山を1-0で下し、2年ぶり3度目の優勝を果たした。先発したエース・柿木蓮投手(2年)が7安打を浴びながら8奪三振で完封。六回二死から4番・根尾昂内野手(2年)がバックスクリーン右へ放った先制ソロの1点をしっかりと守りきった。柿木は「課題は立ち上がりだが、守備に助けてもらってそこで粘れたのでのっていけた」と振り返った。

 ■ 大阪桐蔭・柿木蓮「砂はいらない」2年エースの矜持(日刊スポーツ) 17/8/20

 大阪桐蔭が、まさかの結末で史上初となる2度目の春夏連覇を逃した。1点リードの9回2死一、二塁、遊ゴロでゲームセットと思われた瞬間、一塁手の中川がベースを踏めず、失策で満塁。仙台育英(宮城)馬目のサヨナラ打で終止符が打たれた。先発の柿木は涙が止まらなかった。甲子園初先発ながら、8回まで5安打無失点の好投。9回のサヨナラの一打に泣き「真っ白になって(二塁手の)坂之下さんを見たら泣いていて。3年生と野球が出来ないんだと思ったら悔しくて」とおえつをもらした。9回2死満塁になった場面、動揺はなかったが「整理できなくて、何が起きたか分からなかった」と話した。「この場所に戻ってくるので、砂はいらない」。必死に涙を拭った。
 捕手の福井章吾主将(3年)は「投球内容は100点」とかばった。徳山君も「試合で投げられなかったのは残念だったが、柿木の成長を見られたので良かった」と涙した。(asahi.com)

 ■ 大阪桐蔭・柿木8者連続11K!控え投手が衝撃の初登板!(デイリースポーツ) 17/7/25

 大阪桐蔭は背番号16の柿木蓮投手(2年)が、8者連続を含む11三振を奪って7回無失点。公式戦20連勝を飾った。控え投手とは思えない内容だった。最速146キロ右腕・柿木が今大会初登板初先発で、圧巻の投球を見せた。待ちに待った登板だった。「やっと来たという感じでした。監督にアピールしていたけど、目が合ってもそらされたりしていたので」。たまっていたエネルギーをマウンドで爆発させた。この日は最速142キロの直球に、スライダーとフォークを交えて8者連続を含む11三振。「調子はよかった」。六回1死まで無安打投球で7回1安打無失点。視察した日本ハム・加藤スカウトは「来年はドラフト候補でしょう」と話した。
 来夏100回大会の主役を担う2年生は来秋ドラフト候補にも名前が挙がる。日本ハム西武など5球団が視察。巨人の武田康スカウト部主任は「馬力があるし、楽しみな存在ですね」と話し、ヤクルトの阿部健太スカウトも「ベース板の球が強い」とうなった。(スポニチ)

 ■ 大阪桐蔭が春の大阪王者!徳山貫禄の3失点完投(スポーツ報知) 17/5/15

 大阪大会の決勝が行われ、今春センバツ王者の大阪桐蔭が大体大浪商を5―3で下し、2年ぶり10度目の優勝を飾った。チームは春季大会で、徳山に続く投手の育成をテーマに掲げていた。190センチ左腕・横川凱や最速146キロ右腕・柿木蓮(ともに2年)が先発して、決勝まで勝ち進んだ。

 ■ センバツVの大阪桐蔭が準決勝進出!柿木13K 2安打完封(スポニチ) 17/5/5

 大阪桐蔭が準決勝に進出した。初回に福井章吾捕手(3年)の適時二塁打で先制し、7回にも藤原恭大外野手(2年)の適時二塁打で2点目。投げては先発の柿木蓮投手(2年)が13三振を奪い、2安打完封勝利を挙げた。西谷浩一監督は「柿木はしっかり投げてくれた。おとといは変化球がうまくいかなかったが、うまく修正してくれた」と選抜でも登板した右腕を評価。チームに関しては「本当の力はまだないが、いい意味でもっと伸びるチームだと思っています」とレベルアップに期待した。

 ■ 離脱正捕手代役は145キロ右腕の柿木(デイリースポーツ) 17/3/25

 大阪桐蔭ナインが18日、OBの阪神・藤浪からの特製タオルなど、先輩からの激励に発奮した。さらにこの日は秘密兵器がベンチ入りメンバーに加わった。左手を骨折した岩本久重捕手(3年)に代わり、柿木蓮投手(2年)を登録最速145キロ右腕は「チャンスと思って頑張りたい」と正捕手離脱の影響をカバーすることを約束。優勝候補が臨戦態勢を整えた。

  プロフィール

 佐賀県多久市出身。
 柿木 蓮(かきぎ・れん)投手。
 多久北部小学校2年時に軟式野球を始め、多久中央中では佐賀東松ボーイズに所属。
 日本代表チームで中3夏の世界大会(愛知)に出場した。

 大阪桐蔭では2年春から控えとしてベンチ入り。
 ケガの岩本に代わって選抜メンバーに滑り込み、1回戦・宇部鴻城戦で甲子園デビューを果たす。
 11点リードの9回表から救援で登板し、1回無安打2四死球0封の力投を披露。
 大舞台で自己最速に2㌔と迫る143㌔を投げ、相手4番・嶋谷将平から空振りKを奪取した。
 同年夏の大阪大会4回戦・同志社香里戦(5対0)で8者連続奪三振を記録。
 2番手として登板した続く甲子園初戦・米子松蔭高戦で最速更新の147㌔をマークしている。
 同3回戦・仙台育英戦の先発を担うも、1-2サヨナラ負けを喫して惜しくも敗退。
 完封目前としながら失策などでピンチを作り、9回2死満塁から左中間2点打を浴びて敗れた。
 2年秋の新チームで主戦の座を掴み、本調子を欠きながらも神宮4強まで進出。
 府決勝・履正社戦で9安打9-2完投勝ち、近畿決勝・和智弁戦で1-0完封を記録している。
 翌3年春・夏の甲子園9試合に登板し、5勝、51回7失点の活躍で連覇を達成。
 夏全6試合36回、春3試合15回に起用され、計51回を58K(スラ30、直球20)7失点に抑えた。
 救援登板した夏2回戦・沖学園戦で、自己最速151㌔(平均147.4㌔)を計測。
 初戦・作新戦、準決・済美戦、決勝・金足農戦と、夏甲子園で3完投(0完封)の実績を残した。
 同期に根尾昂横川凱山田健太藤原恭大ら。

 181cm85kg、ガッチリした体格の本格派右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げ、着地早めにインステップし、肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速151㌔、常時130㌔台後半から145㌔前後(先発時)の威力のある直球と、
 120㌔台から130㌔前後の縦横スラ、130㌔前後のフォーク、100㌔弱から100㌔台のカーブ。
 ストレートを主体に打者を押すピッチングが持ち味。スライダーなどを織り交ぜる。
 中学時点の最速は142㌔、甲子園で151㌔を計測した。体の強さをコーチから評価されている。
 遠投110m、50m6秒2。全国での奪三振率9.62。

  スカウトコメント

中日・中田アマスカウトディレクター|18/10/4
 「柿木は間違いなく(ドラフト2位までの)上位24人に入ってくる」
セ・リーグスカウト|18/9/8
 「夏を迎えて成長を遂げている。球速がアップし、スライダーの切れも出てきた。変化球が良くなった分、投球の幅が広がった。外れ1位候補に浮上しています」
パ・リーグ球団幹部|18/8/15
 「昨年まではばらつきがあったが、意図するところと実際の投球が一致してきた。今年は高校生の投手が少ない傾向にあるから、秋の大学生の動向次第では(ドラフト1位の)12人に入るかもしれない」
楽天・後関スカウト|18/8/14
 「今大会、どんどん球が速くなってきている。評価が変わってくる可能性はある」
ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク|18/8/14
 「こういうポテンシャルもあるところを見せてくれた」
阪神・畑山チーフスカウト|18/8/14
 「151キロ出したし、成長した姿が見られた」
中日・中田スカウトディレクター|18/8/13
 「完成度が高い。あとはいい時の投球をコンスタントに出せるかどうか」
ソフトバンク・永井智浩編成育成部長兼スカウト室長|18/8/13
 「同じチームに1位候補がこれだけいるケースもなかなかない。2人と比べたらかわいそうだけど、彼ももちろん、いい評価です」
ヤクルト・阿部スカウト|18/8/7
 「柿木は6月から調子が上がっているので、きょうくらいの投球は何度も見ている」
楽天・長島スカウト部長|18/8/7
 「柿木のフォークボールは、高校生では簡単には打てない」
阪神・畑山チーフスカウト|18/8/7
 「プロ向き。見る者をワクワクさせて魅了できる。将来、プロで中心選手、スター選手になれる逸材」
巨人・岡崎スカウト部長|18/3/30
 「タレント軍団の大阪桐蔭では、根尾のほかに藤原恭大、中川卓也が高校生ではAランク。投手では、柿木蓮は高めに抜ける球が減っていた」
中日・中田宗男アマスカウトディレクター|18/3/30
 「上位候補に食い込んでくる可能性がある」
ソフトバンク・永井智浩編成育成部長兼スカウト室長|18/3/30
 「下半身が太いし、鍛えられている。非常にいい素材」
阪神・畑山チーフスカウト|18/3/30
 「昨秋よりもよくなっている」
中日・中田スカウト部長|18/3/29
 「柿木が非常に良くなった。スピードは出るし、キレ、質がよくなった」
巨人・岡崎郁スカウト部長|18/3/26
 「柿木が良くなっていた。力強かった」
オリックス・長村球団本部長|18/3/26
 「フィニッシュが強くて球が指にかかっていた。球のキレ、角度がある」
 「指先にかかる直球もスライダーもキレがあるし、角度もある」
ヤクルト・小川淳司シニアディレクター|17/8/15
 「春夏連覇を狙う大阪阪桐蔭には、藤原恭大外野手、根尾昂投手、柿木蓮投手、中川拓也内野手、山田健太内野手と5人の注目選手がいる」
巨人・武田康スカウト部主任|17/7/25
 「馬力があるし、楽しみな存在ですね」
ヤクルト・阿部健太スカウト|17/7/25
 「ベース板の球が強い」
日本ハム・加藤スカウト|17/7/25
 「来年はドラフト候補でしょう」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-11-11(日)|2018年ドラフト指名選手 | コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
全力で行ける1イニングとはいえあの151キロは痺れましたねえ
| 匿名 | 2018年08月14日(Tue) 16:31 | URL #- [ 編集]
沖学園戦で151キロ出ました。
| 匿名 | 2018年08月13日(Mon) 11:50 | URL #- [ 編集]
この人は球速は凄いかと言われたらそうでもないけど、140前半でも空振りが取れるストレートは魅力的。
腕がしなやかというかね。素質豊かだと思う。
来年も追いかけたいですね。
| 匿名 | 2017年08月16日(Wed) 14:41 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年ドラフト指名選手 | コメント(3) Page Top↑