望月 涼太(九州共立大)

ここでは、「望月 涼太(九州共立大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm76kg 右左 遊撃手 遠投95m 50m6秒3 東大阪大柏原高
左右に弾き返すリードオフマン。1年春からレギュラーで97安打を量産。通算6発のパンチ力を秘める。

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春: 11 .333  45 15 3 1 1 4 3 6 3  .412  .511(9位)
   14秋: 10 .268  41 11 2 2 1 5 2 4 2  .333  .488
   15春: 10 .395  38 15 2 0 0 2 4 12 2  .540  .447(3位)
   15秋: 10 .278  36 10 1 0 1 6    2     .389
   16春: 12 .422  45 19 3 1 2 12    3     .667(5位)
   16秋: 10 .450  40 18 2 0 0 3    5     .500(3位)
   17春: 8 .346  26  9 1 0 1 4    0     .500
   通算: 71 .358 271 97 14 4 6 36    17     .506
    ※ 15春:ベストナイン(三塁) 16秋:ベストナイン(遊撃)

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11夏: 2 .000  6  0 0 0 0 0 1 1 1  .143  .000

  最新記事

 ■ 九共大VS九産大 V懸け最終週で首位対決(西日本スポーツ) 17/5/15

 春季リーグ戦第4週第2日は14日、福岡市の福工大野球場で3試合があり、九共大と九産大が勝ち点を4に伸ばした。ともに開幕8連勝の両チームは20日からの最終週で優勝を懸けて対決する。九共大は6-1で日経大に快勝。今季初先発の島内颯太郎(3年)が1失点完投勝利を挙げた。打撃陣も主軸の片山勢三主将、望月涼太に一発が飛び出し、九産大戦へ勢いをつけた。

  【一番打者起用】 1年春秋、2年春、3年春秋の5季  【三番打者起用】 2年秋、4年春の2季

 ■ 藤浪に勝った男・望月 再び大阪桐蔭倒す(日刊スポーツ) 13/6/22

 第95回全国高校野球選手権記念大会の大阪大会の組み合わせ抽選会が21日、行われた。2年前の決勝で大阪桐蔭を破った東大阪大柏原は、当時のレギュラー望月涼太主将(3年)を軸に同11日の上宮戦からスタートを切る。望月は大阪の現役部員でただ1人、エース藤浪に勝った経験を持つ。藤浪との対戦経験は打撃向上につながった。来た球に対して、バットが最短距離で出るように練習。高校通算31本塁打と、長打力を備えた1番へと成長した。

  プロフィール

 滋賀県彦根市生まれ。
 望月 涼太(もちづき・りょうた)遊撃手。
 城東小3年から捕手として野球を始め、彦根東中では京都ホークスで中堅手。

 東大阪大柏原高では1年夏からベンチ入り。
 1年生ながら1番・レフトレギュラーとして起用され、石川慎吾らを擁して府大会初優勝を果たす。
 初戦で4安打を記録するなど、30打数で13安打、打率.433点5の活躍を披露。
 甲子園全2試合で先発を務めたが、無安打と打撃振わず、2回戦ゲーム途中で交代となった。
 3年夏の大阪大会は履正社に7回コールド0対10の大敗を喫し準決勝で敗退。
 主将・1、4番・中堅手としてチームを引っ張り、計21打数で7安打、打率.333本1点6を記録した。
 2学年上に石川慎吾花本太紀、同期に伊藤康介ら。

 九州共立大では1年春からベンチ入り。
 1番・左翼手として定位置を獲得し、合計45打数で15安打、打率.333(9位)本1の実績を残す。
 以降、主に1番(その他3番)として活躍し、7季で97安打、打率.358本6を記録。
 1年秋から三塁手、3年秋から遊撃手を務め、1・2・3年秋にリーグV(代決敗退)を達成した。
 2年春に打率.395(3位)、出塁率.540の好成績で、三塁ベストナインを初受賞。
 翌3年秋に.450(計40打数18安打)の高打率で2度目のベストナイン(遊撃手)を獲得している。
 通算71試合、打率.358、97安打、6本塁打、36打点。

 175cm76kg、通算97安打を記録した1番・遊撃手。
 振り切るスイングで左右に弾き返す左打者。リーグ通算6発、高校通算32発のパンチ力を秘める。
 主に1番打者でプレー。高校時代の監督から思い切りの良さを評価されていた。
 1年春に正左翼手の座を獲得し、同年秋から内野(サード)で活躍。3年秋からショートを務める。
 50m6秒3、一塁到達4秒35(高1夏決勝)。遠投95m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-23(火)|2017年大学生野手 | 福岡六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生野手 | 福岡六大学 コメント(0) Page Top↑