保坂 淳介(NTT東日本)|ドラフト・レポート

保坂 淳介(NTT東日本)

ここでは、「保坂 淳介(NTT東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm88kg 右右 捕手 遠投110m 50m6秒5 佐野日大→中大 2年目
二塁送球1.8秒台から1.9秒台の強肩捕手。長打力のある右の強打者。2年目から正捕手を務める。

  動 画

  打撃成績

 ■ 社会人時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   19都: 2 .000  4  0 0 0 0 0 2 2   .333  .000(7・8番/捕)
   通算: 2 .000  4  0 0 0 0 0 2 2   .333  .000

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   14春:          出場無し
   14秋:          出場無し
   15春: 10 .222  27  6 0 1 1 5 6 6 0  .364  .407
   15秋: 13 .190  42  8 2 0 0 5 7 5 1  .277  .238
   16春:          出場無し
   16秋: 11 .222  36  8 0 0 2 4 7 4 0  .300  .389
   17春: 10 .290  31  9 4 0 2 6 10 14 0  .511  .613
   17秋: 12 .256  39 10 0 0 1 3 8 4 1  .326  .333
   通算: 56 .234 175 41 6 1 6 23 38 33 2  .356  .383

  最新記事

 ■ ドラフト特集 隠し玉 NTT東日本・強肩の保坂(日刊スポーツ) 19/10/16

 ドラフト解禁を迎えたNTT東日本・保坂淳介捕手は「気楽に待ちます。ダメでも、もう1年頑張って来年という覚悟はできてます」と落ち着いている。この2年間、上田祐介兼任コーチに徹底的に鍛えられた。一番の武器は、二塁送球最速1秒73の強肩だ。足の運びや捕ってからの速さを磨き、大学時より0秒2ほど早くなった。さらに、リード面を一からたたき込まれた。内角をよく使うが「だから強気だとは思いません。打者を分析し、投手の傾向を見て、そのうえでインコースをいかないと抑えられないなら、いくのは当たり前です。むしろ、外一辺倒の方が勇気が要る」と根拠に基づくリードを学んだ

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   19都予: 4 .385  13  5 0 1 0 4 4 2 1  .467  .538

   【二塁送球タイム】19都2回戦:1秒86(2回)、1秒95(8回)

 ■ NTT東日本 今季初オープン戦、プロ注目右腕・小又が2回完全(スポニチ) 19/2/20

 NTT東日本が19日、桐蔭横浜大とオープン戦を行い8―1で白星発進した。大卒2年目でプロ注目の3選手が躍動。152キロ右腕の熊谷が6回から2イニングを2安打無失点に抑えれば、153キロ右腕の小又が8回から2イニングを完全投球。打っても保坂が初回に左越え3ランを放った。

    1号:沖垣 泰史(国学大)  15/ 4/22  左翼席への2ラン
    2号:木村 光彦(日本大)  16/ 9/14  左越えソロ本塁打
    3号:高橋 遥人(亜 大)  16/ 9/28  左越え逆転2ラン
    4号:片山 翔太(東洋大)  17/ 4/13  左中間中段ソロ弾
    5号:藤本 大輝(亜 大)  17/ 4/27  左越えソロ本塁打
    6号:清水  昇(国学大)  17/10/20  中越え先制2ラン

 ■ 中大・保坂、先制弾で国学院大下す「この1勝は大きい」(SANSPO) 17/10/20

 東都大学野球秋季リーグ戦第7週は20日、東京・神宮球場で2回戦が行われ、第2試合は中大が国学院大を2-1で下し、1勝1敗とした。中大は主将の保坂淳介捕手が六回に先制の中越え2ラン。「外の真っすぐです。来た球をシンプルに振ろうと思った」と喜んだ。この試合で負ければ、最下位が決まり、入れ替え戦に回る危機。保坂を中心に「下を向いても仕方がない。切り替えよう」と声を掛けてきたという。「この1勝は大きい。とりあえず、ほっとしました」。来週26日に持ち越しとなった3回戦に向けて、決意を新たにしていた。

過去記事

 ■ 中大、10点大勝で勝ち点1!プロ注目捕手・保坂が今季1号(SANSPO) 17/4/14

 2回戦2試合を行い、中大は東洋大に10-3で勝ち、連勝で勝ち点1を挙げた。主将でプロ注目の保坂淳介捕手(4年)が今季1号(通算4号)を放つなど、五回までに10点を奪って圧勝した。保坂が左中間席中段へ豪快な本塁打を放ち、プロ注目の東洋大の左腕・片山翔をマウンドから引きずり下ろした。「真っすぐを狙っていた。会心だった」。昨春は開幕直前の骨折で出場なし。今春復帰の清水監督に初の勝ち点をもたらし、ホッとした表情だった。視察した中大OBのヤクルト・小川シニアディレクターは「二塁への送球1・88(秒)。打撃も力がある」と評価した。

  プロフィール

 栃木県宇都宮市出身。
 保坂 淳介(ほさか・じゅんすけ)捕手。
 宝木小時代から軟式野球を始め、宮の原中では栃木ポニーに所属。

 佐野日大では2年時春から背番号2でベンチ入り。
 旧チーム時代から正捕手として経験を積み、2年秋(5番)、3年春(4番)と県大会Vを達成した。
 3年時夏の栃木大会はV校・作新学院に0-1完封負けで惜しくもベスト4敗退。
 全5戦に4番・捕手としてスタメンで出場し、17打数で7安打、打率.412本0点5の活躍を見せた。
 1学年上に弓削隼人、1学年下に田嶋大樹長沢吉貴ら。

 中大では2年時春からリーグ戦に出場。
 開幕3戦目から9番・キャッチャーとして起用され、国学院大1回戦で左翼席への1号2ランを放つ。
 3年春開幕前に負った骨折を克服し、同秋11試合で2発(木村高橋)を記録。
 翌4年春からキャプテンとしてチームを引っ張り、5季で41安打、打率.234本6の実績を残した。
 4番を務めた4年時春に打率.290本2点6(四死球14個)のキャリアハイをマーク。
 東洋大2回戦で片山翔太の直球を左中間スタンド中段に放り込むソロ本塁打を放っている。
 4年時秋(主に8・9番)の国学戦で外高め直球を中越えに叩き込む先制2ラン。
 強肩強打の捕手としてプロからも注目されたが、志望届を提出せずNTT東日本入社を選んだ。
 通算56試合、打率.234、41安打、6本塁打、23打点。

 NTT東日本では1年目から公式戦に出場。
 2年目に入って上田祐介捕手の後釜の座を掴み、夏の都対予選で打率.385の好結果を残す。
 持ち味を引き出すリードで投手陣を支え、飯塚監督らベンチからの信頼を獲得。
 本戦全2戦に7・8番捕手としてスタメンで出場し、初戦・新薬戦で1試合2補殺の活躍を見せた。
 二大大会2試合、打率.000、0安打、0本塁打、0打点。

 180cm88kg、強肩強打のプロ注目捕手。
 振り切るスイングから強い打球を放つ右の強打者。低打率ながらも東都6発のパンチ力を備える。
 大学4年春の東洋戦で左中間中段弾、同年秋の国学戦で中越え弾を放った。
 二塁到達1.8秒台から1.9秒台の素早いスローイングが魅力。社会人2年目から正捕手を務める。
 大学時代に主将を経験した。遠投110m。

  スカウトコメント

ヤクルト・小川シニアディレクター|17/4/14
 「二塁への送球1・88(秒)。打撃も力がある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年10月16日(水)|2019年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑