石井 涼(三浦学苑)

ここでは、「石井 涼(三浦学苑)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



石井 涼(三浦学苑)

188cm80kg 右右 MAX143km スライダー・カーブ
長身から投げ下ろす最速143㌔直球が武器。3年春の慶応戦で5安打2失点完投の好投を見せた。

  動 画

  最新記事

 ■ 三浦学苑・石井5失点敗退(日刊スポーツ) 17/7/24

 プロ注目の石井涼投手が6回5失点でKOされ、5回戦で敗退した。初回に連続本塁打を浴び、2回にも失点。最速143キロの真っすぐを狙われた。「ふがいない結果で申し訳ないです」と自身を責めた。進路については「(将来的に)プロというのはありますが、しっかり考えて、決めたいです」と話した。

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:慶応藤沢 先   9  8  7  1  2
   3回戦:横須賀学 先   9  5  6  1  2
   4回戦:伊志田高 先   3  0  1  0  0
   5回戦:慶應義塾 先   6  10       5
               27  23       9 防3.00(失点から計算)

 ■ 三浦学苑16強、プロ注目の石井は3回0封(日刊スポーツ) 17/7/21

 三浦学苑が5回コールドで伊志田を退けた。プロ注目のエース石井涼投手は3回を無安打1三振無失点と、9人で抑えて交代。すでに7点のリードがあったため、早めの継投に切り替えた。石井は3回無失点に「打たせて取る投球ができたので、80点くらい」と自己採点。23日予定の次戦は、ベスト8をかけて慶応と戦う。

 ■ 三浦学苑・石井、顔面死球くらっても投げ抜いた(スポーツ報知) 17/7/17

 最後のバッターを遊飛に打ち取ると、三浦学苑の最速143キロ右腕・石井涼は、この日一番の雄たけびをあげ、グラブを叩いた。「自分のピッチングよりも、チームが勝てたことが良かった」。顔面死球の痛みに耐え、8安打2失点7奪三振で完投勝利だ。2点リードの7回2死二、三塁の打席で、左頬に死球。球場が騒然とし、続投が危ぶまれたが「自分にとって最後の夏。後悔しないためにも、ここで引いたらダメ」。アイシング治療を受けて8回のマウンドへ向かった。樫平剛監督には「痛かったら、帽子を取ってサインを送れ」と言われたが、最後まで帽子を取ることはなかった。試合後は病院へ直行したが、幸い打撲で済んだ

過去記事

 ■ 三浦学苑・石井7失点KO デカプリオらの被弾反省(日刊スポーツ) 17/7/4

 プロ注目の三浦学苑・石井涼投手が先発し、7回8安打7失点を喫した。7球団のスカウトが集結。最速は140キロに乗せたが、日大三の金成、桜井の両ドラフト候補に被弾。「本塁打は2本ともカーブが甘く入ったもの。打たれて当たり前だとは思っていたので開き直りましたが、修正能力がなかった」と反省した。注目を浴びる最後の夏になるが、「チームの勝利のためにやるだけ。スカウトの方々を意識せず、あと2週間レベルアップしていきたい」と16日の初戦を見据えた。

 ■ プロ注目右腕の三浦学苑・石井、慶応に敗れ8強逃す(スポーツ報知) 17/4/22

 プロ注目右腕の三浦学苑・石井涼投手が、5安打2失点完投も惜敗。8強入りを逃した。「変化球でストライクや空振りを取れたのは、冬にやってきたことが出来たと思う。でも負けたら意味がない」と悔しそうに振り返った。187センチの長身右腕入学時は50キロ台だった体重を、80キロまで増やした。同じく直球の最速も、120キロ台から、今春には143キロをマークするまでに成長を遂げている。この日も、慶応の4番で通算38本塁打を放っている正木智也から、2打席連続三振を奪うなど、能力の高さは見せた。視察した巨人・井上チーフスカウトは「体は大きいが肩、肘の使い方は柔らかい。体がしっかりと出来ればもっと伸びる」。広島・高山スカウトも「将来性がある」と期待を込めた。

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 石井 涼(いしい・りょう)投手。
 横浜市立飯島中学校時代は横浜泉シニアでプレー。

 三浦学苑では1年時から控えとしてベンチ入り。
 夏の予選2回戦に9回裏2死から救援起用され、0.1回ノーヒット2四球で無失点デビューを飾る。
 2年夏の県大会を登板機会無く終え、同年秋に創部初の県16強進出を達成。
 全3試合を1人でこなす力投を演じ、2回戦(7回コールド)、3回戦で連続完封勝利を挙げた。
 4回戦で強豪校・横浜創学館とぶつかり、8回コールド1対8の大差で完投負け。
 翌春4回戦で慶応と接戦を演じたが、味方打線が振わず、9回5安打1対2で完投負けとなった。
 県大会4回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 188cm80kg、恵まれた体格の最速143㌔右腕。
 ノーワインドアップから着地早めに投げ下ろす143㌔直球が武器。スライダー、カーブを織り交ぜる。
 50kg台だった体重を80kgまでアップ。120㌔台だった最速を143㌔まで伸ばした。
 3年春の慶応戦で5安打8K2失点完投の力投を披露。正木から2打席連続Kをマークしている。
 複数球団から将来性を注目される大型ピッチャー。

  スカウトコメント

巨人・井上チーフスカウト|17/4/22
 「体は大きいが肩、肘の使い方は柔らかい。体がしっかりと出来ればもっと伸びる」
広島・高山スカウト|17/4/22
 「将来性がある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-07-24(月)|2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑