翁田 大勢(関西国際大)|ドラフト・レポート

翁田 大勢(関西国際大)

ここでは、「翁田 大勢(関西国際大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm90kg 右右 MAX148km スライダー・フォーク 西脇工業
馬力のあるプロ注目148㌔右腕。2年時秋に先発2番手の座を獲得、5試合41回で45三振を奪った。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   18春:         登板無し
   18秋:         登板無し
   19春: 3  0勝0敗    3  3  5  1  1  3.00
   19秋: 5  2勝1敗   41  24  45  25  11  2.41(2位)
   通算: 8  2勝1敗   44  27  50  26  12  2.45
          被安打率5.52 奪三振率10.23 四死球率5.32

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   甲南大     1  1  2  1  0 148㌔
   関外大    1.2  1  2  0  0
   大産大    0.1  1  1  0  1 ●
           3  3  5  1  1 防3.00
      被安打率9.00 奪三振率15.00 四死球率3.00

 ■ 高校時代成績

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:東洋姫路 先   7  5  1  6  1 147㌔
   4回戦:氷上高校     2  2       1
   5回戦:育英高校 先   7  3  0     1
               16  10       3 防1.69

  最新記事

 ■ 西脇工・翁田、7回1失点&コールド勝ち決める2点打(スポーツ報知) 17/7/16

 兵庫では最速147キロを誇る西脇工のドラフト候補右腕・翁田(おうた)大勢が、7回1失点の好投で東洋大姫路との強豪対決を制した。自己最速に並ぶ147キロの直球に、春以降習得に取り組んだフォークを織り交ぜて7回5安打1失点。打っても6点リードの7回2死一、二塁で、コールド勝ちを決める2点二塁打を左中間に放った。直球とのコンビネーションが効果的だったフォークは、同校が甲子園に初出場した2013年夏にエース兼4番だった兄・勝基さん(21)が得意とする球でもあった。兄から教わったわけではなく、県大会2回戦で終わった春を振り返り「真っすぐだけでは通用しない。落ちる球が必要になる」と考え、くしくも同じ決め球となった。エースで4番は兄と同じだが、投手として完成度の高かった勝基さんと比べ、伸びのある速球や高い身体能力が弟の魅力だ。視察した巨人・益田スカウトは「馬力があるね」と評価。日本ハムの大渕スカウト部長は「投打ともにスケール感がある。ダイナミックな選手」と打撃にも目を見張った。
 「調子がよくなくて、しんどかった」と振り返ったが、自己最速タイ147キロの直球と、今春に習得した2種類のフォークで相手打線を手玉に取った。スタンドから巨人など5球団7人のスカウトが視察。翁田は投手でのプロ入りを目指しているが、4番として2安打2打点を記録したように打撃も非凡だ。日本ハム・大渕スカウト部長は「投打ともにダイナミック。両方とも面白い」と高い運動能力を評価した。(デイリースポーツ)

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   大産大 先   5  2  4  4  1 
   大体大 先  8.2  7  12  3  4 ○
   天理大 先  7.1  5  6  8  4 ●
   関外大 先   12  8  10  7  1
   甲南大 先   8  2  13  3  1 ○
           41  24  45  25  11 防2.41
       被安打率5.27 奪三振率9.88 四死球率5.49

 ■ 西脇工・翁田に虎スカウト熱視線 6球団が注目(デイリースポーツ) 17/4/23

 先発した西脇工の最速146キロ右腕・翁田(おうた)大勢投手(3年)を、阪神など6球団が視察した。今夏は兄・勝基がエースだった13年夏以来の甲子園出場を目指しているが、この日の最速は145キロながら8回7失点と力を発揮できず「ここという場面で力んでしまった」。阪神・熊野スカウトは「パワータイプ。夏までどれだけ伸びるか」と、今後の成長を期待した。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   17夏予: 4 .353 17  6 2 0 1 4  .647
    ※ 初戦:東洋大姫路戦で左中間2点二塁打、3回戦:尼崎工業戦で左越えソロ

  プロフィール

 兵庫県多可町生まれ。
 翁田 大勢(おうた・たいせい)投手。
 八千代北小1年時から軟式野球を始め、八千代中時代は氷上ボーイズに所属。
 翁田勝基投手を4学年上の兄に持つ。

 西脇工業では入学直後からベンチ入り。
 1年時夏の県大会で4番&一塁手の座を獲得し、2試合で3安打、打率.500点0の結果を残す。
 2年時夏の予選に4番レフトとして臨み、打率.357点2の活躍で4回戦まで進出。
 同秋の新チームになって主戦の座を掴んだが、登板機会がなく県大会2回戦で敗退となった。
 翌3年春の県1回戦・東洋大姫路戦で、8回コールド4安打完封の好投を披露。
 続く2回戦・報徳戦(1対7完投)で145㌔を計測し、プロからパワーピッチャーとして評価された。
 3年時夏の県大会は育英高校に0-2(7回3安打1失点)で敗れ5回戦で敗退。
 山内響と投げ合った初戦2回戦(147㌔計測)で、7回6四死球1失点完投の力投を演じている。
 1学年上のチームメイトとして武次春哉ら。

 関西国際大では2年時春からリーグ戦に出場。
 同秋のリーグ戦で先発2番手の座を掴み取り、2勝1敗、防2.41(2位)で投手十傑入りを果たす。
 エース・武次春哉のケガ欠場を受けて15試合中5試合に全て先発として登板。
 合計41イニングで45三振(率9.88)を積み上げ、大体2回戦(9回途中4失点)で初星を挙げた。
 通算8試合、2勝(0完投0完封)1敗、44回、防御率2.45。

 181cm90kg、馬力のある最速148㌔右腕。
 ノーワインドアップからグラブを掲げ、上体を傾けて早めに着地し、肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速148㌔の威力のあるストレートと、スライダー、フォークボールなどの変化球。
 真っすぐで押すパワーピッチャー。コントロールにはバラツキが残る。高校時代は4番として活躍した。
 被安打率5.52、奪三振率10.23、四死球率5.32。

  スカウトコメント

巨人・益田スカウト|17/7/16
 「馬力があるね」
日本ハム・大渕スカウト部長|17/7/16
 「投打ともにスケール感がある。ダイナミックな選手」
 「投打ともにダイナミック。両方とも面白い」
阪神・熊野スカウト|17/4/23
 「パワータイプ。夏までどれだけ伸びるか」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年11月12日(火)|2021年大学生投手 | 阪神大学野球 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
一夏ではなく一春からです
| YASUDA | 2018年04月09日(Mon) 11:01 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 阪神大学野球 コメント(1) Page Top↑