高橋 亮吾(慶大)|ドラフト・レポート

高橋 亮吾(慶大)

ここでは、「高橋 亮吾(慶大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



高橋 亮吾(慶大)

180cm80kg 右右 MAX149km スライダー・フォーク・カーブ・ナックル 慶応湘南藤沢
威力ある直球を持つ本格派右腕。スライダー、フォークを交える。3年秋の法大戦で149㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春:        登板無し
   16秋: 1 0勝0敗   3  3  2  2  1  3.00
   17春: 9 2勝1敗  22.2  16  21  8  6  2.38
   17秋: 8 1勝1敗  24.1  24  23  7  11  4.07
   18春: 8 2勝0敗  36.2  26  35  11  5  1.23(2位)
   18秋: 7 1勝1敗  24.2  23  17  8  11  4.01
   通算: 33 6勝3敗 111.1  92  98  36  34  2.75
         被安打率7.44 奪三振率7.92 四死球率2.91

 【 全国大会 】
   18選    回数 被安 奪三 四死 自責
   苫駒大 先   5  1  4  0  0 147㌔(神宮) ○封
   福祉大 先  5.2  8  4  3  7 145㌔(神宮) ● 
          10.2  9  8  3  7 防5.91
      被安打率7.59 奪三振率6.75 四死球率2.53

投手成績詳細

   16秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東京大     3  3  2  2  1

   17春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東京大     1  1  2  0  0 145㌔
   立教大     4  0  5  1  0 144㌔
           2  3  2  1  1 143㌔
           1  2  0  0  0 140㌔
   法政大     5  2  4  1  0 145㌔
          1.1  4  1  1  2 142㌔
   明治大     3  0  2  0  0 143㌔ ○
   慶応大    2.2  0  1  0  0     ○
          2.2  4  4  4  3 143㌔ ●
        22.2  16  21  8  6 防2.38
     被安打率6.35 奪三振率8.34 四死球率3.18

   17秋(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東京大 先   9  5  10  3  1 ○145㌔
   法政大 先  3.2  5  6  2  3 ●140㌔
           3  3  3  0  1
           1  0  1  0  0  140㌔
          1.1  1  0  0  0  140㌔
   明治大 先   4  4  3  2  3
           1  2  0  0  0  142㌔
          1.1  4  0  0  3
          24.1  24  23  7  11 防4.07
       被安打率8.88 奪三振率8.51 四死球率2.59

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東京大 先   8  1  11  0  0 144㌔ ○
   法政大 先   3  7  1  3  3 
   立教大     2  3  0  0  0 147㌔
       先   4  3  6  1  1 143㌔
   明治大 先   5  3  4  1  0 145㌔
          1.2  0  1  1  0 145㌔
   早 大 先   6  4  4  3  1 144㌔ ○
       先   7  5  8  2  0
          36.2  26  35  11  5 防1.23
       被安打率6.38 奪三振率8.59 四死球率2.70

  最新記事

 ■ 東北福祉大が慶大下し決勝進出 吉田が3ラン(SANSPO) 18/6/16

 「第67回全日本大学野球選手権」は16日、神宮で準決勝第1試合は東北福祉大が7-3で慶大を下し、2度目の優勝を飾った2004年以来の決勝進出を決めた。1点差を追った六回二死満塁で9番・清水敬太内野手が中前に落として2点を返して逆転。その後1番・吉田隼外野手が左越え3ランを放ち、4投手の継投で抑え切った。

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東京大 先   6  5  5  3  3 ○
   明治大     1  1  2  1  0 143㌔
           1  0  1  0  0 146㌔
   法政大     2  0  2  1  0 149㌔
           8  8  2  3  3 147㌔
   立教大 先   5  5  4  0  3 ●
   早 大    1.2  4  1  0  2 143㌔
          24.2  23  17  8  11 防4.01
       被安打率8.39 奪三振率6.20 四死球率2.92

 ■ 慶大・高橋亮、無四球11Kで8回無失点 Vへ貢献誓う(SANSPO) 18/4/14

 慶大の高橋亮が圧巻の投球を見せた。許した安打は二回の三塁打のみ。伸びのある直球にスライダーを織り交ぜて11三振無四球での8回無失点に「ミスがなかったので良かった」と頬を緩めた。優勝した昨秋はシーズン序盤の東大戦で完投勝利を挙げたが、その後は調子を落とし、チームに貢献できなかった悔しさがある。「けがなく先発を続けて優勝の原動力となれるように頑張りたい」とフル回転での貢献を誓った。

 ■ 慶大の2年生右腕・高橋亮が初先発で1失点10K完投勝利(スポーツ報知) 17/9/19

 慶大が東大に雪辱した。リーグ戦初先発の最速146キロ右腕・高橋亮吾(2年)が、5安打1失点10奪三振で初完投勝利。「初完投は少し自信になった。(初の10奪三振に)狙っていたので良かった」。1回戦は宮台に完投勝利を許し、東大戦9年ぶりの敗戦を喫していただけに「絶対に負けられない気持ちがあった」とホッとした表情を見せた。

過去記事

 ■ 慶大・高橋亮 母へ恩返しの初星(西日本スポーツ) 17/5/15

 慶大は同点の7回から登板した高橋亮の好投が光った。2年生右腕は球を低めに集めて3回をぴしゃりと抑え、勝ち越しにつなげた。リーグ初白星に「野手が攻撃しやすいように堂々と投げられた。母の日に勝てて、中学受験の時に迷惑を掛けた母への恩返しになった」と笑みを広げた。投手陣は柱不在で苦しく、高橋亮は10試合で7度目の救援登板。「自分は自分の仕事をしてチームとして勝っていければ」とさらなる貢献へ意気込んだ。

 ■ 慶大・高橋亮、4回を無安打の好投(SANSPO) 17/4/23

 慶大の2年生右腕、高橋亮が4回を無安打無失点の好投を見せた。2-2の6回から3番手で登板し、球威のある直球を軸に5三振を奪い「長打を打たれないように低めを意識したのが良かった」と胸を張った。神奈川・慶応湘南藤沢高出で、最速140キロ台中盤の直球にナックルボールなど5種類の変化球を持つ。チーム内では慶応高出の選手と比べられることが多いようで「SFC(高校のある慶大湘南藤沢キャンパス)もいけるぞ、と見せられたら」と意欲を燃やした。
 開幕前に右肘に違和感を覚えたが、入念なケアで回復。この日先発したのは1年生の関根で「いい刺激。先発したい気持ちはある」と上級生の意地をのぞかせた。 (スポニチ)

  プロフィール

 神奈川県藤沢市出身。
 高橋 亮吾(たかはし・りょうご)投手。
 慶應義塾湘南藤沢中学校時代は軟式野球部でプレー。

 慶応湘南藤沢高では1年時から控えとしてベンチ入り。
 旧チームから4番・エースとしてチームを引っ張り、3年春夏に2季連続の県4回戦進出を果たした。
 春の県大会2回戦・川和戦(9対7で勝利)で2打席連続弾を放つ活躍を披露。
 先発救援で夏の県大会2試合に登板し、計6.1回で5奪三振、6安打2四死球0封を記録した。
 県大会4回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 慶大進学後は1年秋から救援でリーグ戦に出場。
 2年春のリーグ戦で救援エースの座を掴み、9試合22.2回で21K、2勝1敗、防2.38の実績を残す。
 優勝が懸かった早慶2回戦を6対12(2.2回5失点で敗戦投手)で落としてV逸。
 開幕カード・東大2回戦で最速145㌔を計測し、明大1回戦(3回2K0封)で初勝利を収めた。
 5季で計33試合(救援22)に起用され、通算6勝(1完0封)3敗、防2.75を記録。
 初先発を任された2年秋の開幕・東大2回戦で5安打10K4対1初完投勝ちをマークしている。
 先発に回った翌3年春に防1.23(2位)の好成績で規定投球回数到達を達成。
 主戦格(先発6、1回戦4)として連覇に貢献し、救援を担った立大1回戦で147㌔を計測した。
 全国大会には3年春の第67回全日本大学野球選手権(4強で敗退)に出場。
 いずれも先発として3試合中2試合に登板し、計10.2回で8三振、1勝1敗、防5.91を記録した。
 苫小牧駒大と対戦した初戦2回戦で、5回コールド1安打無四球完封をマーク。
 V校・福祉大と準決勝で当たり、前半競ったが、6回2死から5点を失い、計7失点でKOとなった。
 通算33試合、6勝(1完投0完封)3敗、111.1回、防御率2.75。

 180cm80kg、149㌔直球を持つ本格派右腕。
 ノーワインドから溜めて軽く重心を下げ、クロスステップし、着地早めに右ヒジを使った腕の振りから
 最速149㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半(先発)の威力のある直球と、
 120㌔台から130㌔前後の縦横スラ、120㌔台から130㌔前後のフォーク、110㌔台のカーブ。
 救援、先発でチームに貢献。3年秋の法大1回戦で149㌔(救援)をマークした。
 ストレートとスライダー、フォークが持ち味。その他にナックルボールなど計5種類の変化球を操る。
 高校時代は4番打者として活躍した。遠投115m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-12-11(火)|2019年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑