林 晃汰(智弁和歌山)

ここでは、「林 晃汰(智弁和歌山)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm84kg 右左 三塁手 遠投100m 50m6秒9
長打力が魅力の左のスラッガー。3番・サード。1年秋の近畿大会で2打席連続場外弾を記録した。

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17夏: 2 .500  4  2 0 0 1 3 1 1 0  .600 1.250

  最新記事

 ■ 智弁和歌山・林 次こそ打倒大阪桐蔭…右肘痛再発も代打安打(スポニチ) 17/8/18

 甲子園で大阪桐蔭を倒すことを目指し、智弁和歌山の門を叩いた。初出場した甲子園で、両校が初対決する運命的な巡り合わせ。だが、1回戦後に持病の右肘痛が再発。試合後に自ら高嶋仁監督に次戦の欠場を申し出るほど満身創痍だった。出番は1点差の9回1死からの代打。右肘痛もこらえ、意地で中前に運んだが、後続が倒れて打倒・大阪桐蔭は絶たれた。「お客さんの歓声、応援の迫力。甲子園でずっとプレーしていたかった」。何もかもが格別な場所だった。中学時代から対戦し、「意識する」という同じ2年の藤原は大阪桐蔭に入学。仲間と藤原が、張り詰めた緊迫感の中、1点を争う熱戦を繰り広げている。ベンチで戦況を見つめる自分が悔しかった。ただ、1回戦の興南戦では豪快な中越え弾を放ち、聖地に爪痕は残した。「次は大阪桐蔭を倒せるくらいの力をつけて帰ってきたい」。強打の系譜を受け継ぐ林は、王者を打ち砕くために必ず甲子園に舞い戻る。

 ■ 智弁和歌山が2年ぶり22度目 4番・蔵野が勝ち越し打(スポニチ) 17/7/29

 智弁和歌山が、ノーシードから快進撃していた紀央館を3―2で破り、2年ぶり22度目の甲子園出場を決めた。2―2で迎えた7回1死二塁で、4番・蔵野が左前適時打を打って勝ち越し、最終回の1死満塁のピンチを逃げ切った。智弁和歌山は、初回1死二塁から来秋ドラフト候補に挙がる林晃汰の右越え2ランで2点を先制。今大会初先発したエース左腕・黒原が2回に3安打を集中され、同点とされたが、8回1/3を投げ2失点で抑えた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   17夏予: 5 .471 17  8 1 0 1 10 2 2 0  .526  .706

 ■ 智弁和歌山逆転負け、1年・林が2打席連続アーチ(デイリースポーツ) 16/10/29

 智弁和歌山の林晃汰内野手(1年)が、2打席連続の場外アーチを含む3安打5打点の活躍を見せた。それでもチームは逆転負け。高嶋仁監督は「これだけ打たれたらお手上げ。悪くはないと思うけど、まだバッテリーが若い」と語った。初回に右翼フェンス奥の高い防球ネットを越える一発を放った林。2打席目もバックスクリーン右の場外へ飛ばした。3打席目は敬遠気味の四球。4打席目はカウント3ボールから「監督のサインが打てだったので」とフルスイングし、右中間を真っ二つに破る2点二塁打を放った。この日、紀三井寺球場は強烈な追い風が吹いており、両チーム合わせて7本のアーチが飛び交う乱打戦に。高嶋監督は林について「力的にはあれくらい打てるものは持っている。いい形で入ってくれた」と評した。来春のセンバツは絶望的となったが、和歌山に将来が楽しみなスラッガーが現れた。

  最新記事

 和歌山県岩出市生まれ。
 林 晃汰(はやし・こうた)三塁手。
 岩出小1年で捕手、三塁として野球を始め、岩出中時代は紀州ボーイズで通算32発。
 小学6年時に阪神タイガースJr.チーム入りを果たした。

 智弁和歌山では1年春から17番でベンチ入り。
 近畿大会全2試合に6番・三塁手として出場し、初戦で左中間を破る2塁打など2安打を放つ。
 1年夏予選(5番)3回戦で紀三井寺の右中間深部に放り込む2ラン弾を記録。
 同年秋予選から3番・三塁としてチームを牽引し、県大会3位、近畿1回戦まで勝ち上がった。
 打撃戦となった近畿大会1回戦・滋賀学園戦で3長打5打点の大暴れを披露。
 1回表に右翼場外ソロ、3回に中堅右場外2ラン、6回に右中間を破る2点二塁打を放っている。
 同期に平田龍輝、文元洸成、1学年下に黒川史陽ら。

 180cm84kg、強肩強打の三塁手。
 力強く振り切るスイングから強い打球をはじき返す左の強打者。1年夏からクリーンアップを務める。
 1年秋の近畿大会1回戦で滋賀学園・神村月光から2打席連続アーチを記録。
 中堅120m、両翼98mの紀三井寺で場外(ライト、バックスクリーン右)まで飛ばすパワーを見せた。
 通算29発(2年夏時点)。遠投100m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-08-18(金)|2018年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑