林 晃汰(智弁和歌山)|ドラフト・レポート

林 晃汰(智弁和歌山)

ここでは、「林 晃汰(智弁和歌山)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm88kg 右左 三塁手 遠投100m 50m6秒7
長打力が魅力の左の強打者。逆方向に放り込める打撃が持ち味。甲子園レフトに2発を叩き込んだ。
2018年広島3位(契約金4500万円、年俸600万円)

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17夏: 2 .500  4  2 0 0 1 3 1 1 0  .600 1.250
   18春: 5 .190 21  4 0 1 1 6 6 5 0  .346  .429
   18夏: 1 .333  3  1 0 0 0 0 2 2 0  .600  .333
   通算: 8 .250 28  7 0 1 2 9 9 8 0  .417  .536

  最新記事

 ■ 広島3位林、農トレで鍛えた太もも武器に本塁打王だ(日刊スポーツ) 18/11/16

 広島ドラフト3位指名された智弁和歌山・林晃汰内野手が15日、和歌山市内で仮契約を結んだ。契約金4500万円、年俸600万円実家は農家で、小さいころから作業を手伝ったことも体づくりに一役買った。強靱な下半身を武器に、将来的な目標に本塁打王を掲げた。林は仮契約を終えると、色紙に「本塁打王」と力強く書き込んだ。「長打を打てるのがアピールポイント。長所を生かして、ファンに愛される選手になりたい。本塁打は理想の形。それを一番打てるのはいいことなので」。これまでは本塁打の打ち損じが安打という感覚があったという。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   17夏予: 5 .471 17  8 1 0 1 10 2 2 0  .526  .706
   17秋公:      出場無し(右ヒジ疲労骨折)
   18夏予: 5 .412 17  7 1 0 0 2 2 6 0  .565  .471
   通 算: 10 .441 34 15 2 0 1 12 4 8 0  .548  .588

 ■ 智弁和歌山・林 3打数1安打で敗退「やり切った。後悔はない」(スポーツ報知) 18/8/8

 今春センバツ準優勝の智弁和歌山が近江敗れ、3年ぶりに初戦で敗退した。今秋ドラフト候補の林晃汰三塁手は3打数1安打2三振に終わった。近江の先発は滋賀大会で1イニングしか投げていなかった松岡裕樹だった。その後は3投手が登板する小刻みな継投に屈した。「予想外でした。それでも打たなきゃいけない。早め早めの継投で対応が遅れました。実力不足です。この夏は一度も満足した試合はなかった。結果が出なくて迷惑をかけた」と肩を落とした。あと1本に迫っていた高校通算50本塁打は達成できなかった。「自分なりにやり切った。後悔はないです。(今後は)まだ全然、考えていません上に行ってやるには、もっとレベルアップしないといけない」と、プロ志望は明言しなかった
 進路は明言しなかったが、投手の平田龍輝とともにプロ志望届を提出する予定。(スポーツ報知)

 ■ 智弁和歌山、打倒・大阪桐蔭へ好発進 プロ注目林3安打(スポーツ報知) 18/7/15

 智弁和歌山が6回コールドで高野山を破り、3季連続出場に向けて好発進した。林晃汰内野手が3安打2打点、平田龍輝が無安打無得点を達成した。DeNA3人を含め、5球団8人のスカウトが視察。巨人の岡崎スカウト部長は「(林は)超高校級のいい打者。(平田は)制球がいいし、まとまっている」と熱視線を送った。今月初旬の練習試合では、正捕手の東妻純平(2年)にアクシデントがあった場合に備え、中学時代に捕手だった林に途中からマスクをかぶらせた。本職が三塁の林は高校で2度目という起用に「ブランクしかない」と苦笑したが、指揮官は「十分、似合います。甲子園でやらせたら、スカウトがびっくりするんちゃうか」と、打倒・大阪桐蔭の“秘策”として準備している。
 高校通算49本塁打を誇る林晃汰三塁手は「最後の大会なのでチームに恩返しして勝ちたい。長打が自分のウリなのでそこを出せたら。和歌山大会では全然打てなかった。(高嶋監督からは)好きなように打てと言われている。全国制覇へ自分の役割を果たしたい」。高校日本代表の第1次候補にも選出されている大砲が、鼻息を荒くした。(日刊スポーツ18/8/2)

過去記事

 ■ 智弁和歌山4強 林が中堅左へ41号(スポニチ) 18/5/6

 智弁和歌山が和歌山東を破り、4強入りを決めた。3点リードで迎えた5回2死から今秋ドラフト上位候補の林晃汰内野手が中堅左へソロ本塁打。巨人、阪神ヤクルトなど複数球団のスカウトが視察する中、逆方向へ目の覚めるような当たりを放った。春の県大会は3戦連発。通算本塁打を41に伸ばした。林は「逆方向へ強い打球を打てるように意識しています」と胸を張った。巨人の益田明典スカウトは「長打を打てるのが最大の持ち味ヘッドスピードは大阪桐蔭時代の中田翔(日本ハム)のよう」と評価。広島の鞘師智也スカウトも「近い将来、プロでクリーンアップが打てる」と絶賛した。
 林の打球はバックスクリーン左横へ飛び込み、推定120メートルのソロ本塁打となった。この日は広島、巨人ら8球団のスカウトが視察。広島鞘師スカウトは「近い将来プロのクリーンアップを打てますね。センター、ライト、どこにでも入れられるのが魅力」と称賛した。(日刊スポーツ)
 阪神・畑山チーフスカウトは「夏がすごく楽しみ」と話した。(デイリースポーツ)

   2回戦:右中間2ラン、3回戦:左中間2ラン、準々決:中堅左ソロ弾

 ■ 智弁和歌山・林 反撃のろし弾(日刊スポーツ) 18/4/2

 プロ注目の林が、甲子園2大会連続の高校通算34号ソロで逆襲をけん引した。1-4の3回、直球を左翼席へ。ただ延長10回に野口の打球を捕れず(内野安打)、勝ち越しを許すきっかけをつくり、その裏無死一塁の打席は空振り三振。「ホームランのことはよく覚えていません」と苦笑いだったが、ヤクルト阿部スカウトは「逆方向に強い打球を打てるのが魅力」と評価した。
 ▽広島・鞘師スカウト「あんな打球はプロでもなかなか見られないごまかしでは打てないし、今大会No.1のホームランだと思う」(デイリースポーツ)

 ■ 智弁和歌山・林2の1 広島スカウト絶賛(デイリースポーツ) 18/3/15

 今秋ドラフト候補で、高校通算33本塁打の智弁和歌山・林晃汰内野手が14日、クラークとの練習試合に出場した。2打数1安打だったが、視察した広島・鞘師スカウトは「スイングが速い(高校)日本代表の4番になれる。ドラフト上位候補でしょう」と絶賛した。世代屈指の左の大砲は、10日から四国遠征で2試合連続の2打席連続本塁打。試合を重ねるたびに注目度は増しており、この試合は楽天など6球団のスカウトが視察した。クラーク戦では八回無死で右前打。ダブルヘッダーの2試合目は体調不良で欠場したが、高嶋仁監督は「相手は外ばかり投げるけど打っている。今日は風邪かな。センバツは大丈夫でしょう」と本番での活躍に期待した。

 ■ 智弁和歌山・林センバツで恩返し 疲労骨折から復帰(日刊スポーツ) 18/1/5

 今春センバツ出場が確実視される智弁和歌山が4日、同校グラウンドで始動した。今秋ドラフト候補に挙がる高校通算29本塁打の林晃汰内野手が、右肘の疲労骨折から昨年12月上旬に練習復帰。この日もフリー打撃で快音を響かせた。リハビリ中だった秋の大会はボールボーイとして見守り、「みんなが『センバツを林のために』と頑張ってくれたので、恩返ししたい」と意気込んだ。高嶋仁監督も「何発か放り込んでくれるんじゃないですかね」と期待していた。

 ■ 智弁和歌山・林 次こそ打倒大阪桐蔭…右肘痛再発も代打安打(スポニチ) 17/8/18

 甲子園で大阪桐蔭を倒すことを目指し、智弁和歌山の門を叩いた。初出場した甲子園で、両校が初対決する運命的な巡り合わせ。だが、1回戦後に持病の右肘痛が再発。試合後に自ら高嶋仁監督に次戦の欠場を申し出るほど満身創痍だった。出番は1点差の9回1死からの代打。右肘痛もこらえ、意地で中前に運んだが、後続が倒れて打倒・大阪桐蔭は絶たれた。「お客さんの歓声、応援の迫力。甲子園でずっとプレーしていたかった」。何もかもが格別な場所だった。中学時代から対戦し、「意識する」という同じ2年の藤原は大阪桐蔭に入学。仲間と藤原が、張り詰めた緊迫感の中、1点を争う熱戦を繰り広げている。ベンチで戦況を見つめる自分が悔しかった。ただ、1回戦の興南戦では豪快な中越え弾を放ち、聖地に爪痕は残した。「次は大阪桐蔭を倒せるくらいの力をつけて帰ってきたい」。強打の系譜を受け継ぐ林は、王者を打ち砕くために必ず甲子園に舞い戻る。

 ■ 智弁和歌山が2年ぶり22度目 4番・蔵野が勝ち越し打(スポニチ) 17/7/29

 智弁和歌山が、ノーシードから快進撃していた紀央館を3―2で破り、2年ぶり22度目の甲子園出場を決めた。2―2で迎えた7回1死二塁で、4番・蔵野が左前適時打を打って勝ち越し、最終回の1死満塁のピンチを逃げ切った。智弁和歌山は、初回1死二塁から来秋ドラフト候補に挙がる林晃汰の右越え2ランで2点を先制。今大会初先発したエース左腕・黒原が2回に3安打を集中され、同点とされたが、8回1/3を投げ2失点で抑えた。

 ■ 智弁和歌山逆転負け、1年・林が2打席連続アーチ(デイリースポーツ) 16/10/29

 智弁和歌山の林晃汰内野手(1年)が、2打席連続の場外アーチを含む3安打5打点の活躍を見せた。それでもチームは逆転負け。高嶋仁監督は「これだけ打たれたらお手上げ。悪くはないと思うけど、まだバッテリーが若い」と語った。初回に右翼フェンス奥の高い防球ネットを越える一発を放った林。2打席目もバックスクリーン右の場外へ飛ばした。3打席目は敬遠気味の四球。4打席目はカウント3ボールから「監督のサインが打てだったので」とフルスイングし、右中間を真っ二つに破る2点二塁打を放った。この日、紀三井寺球場は強烈な追い風が吹いており、両チーム合わせて7本のアーチが飛び交う乱打戦に。高嶋監督は林について「力的にはあれくらい打てるものは持っている。いい形で入ってくれた」と評した。来春のセンバツは絶望的となったが、和歌山に将来が楽しみなスラッガーが現れた。

  プロフィール

 和歌山県岩出市生まれ。
 林 晃汰(はやし・こうた)三塁手。
 岩出小1年で捕手、三塁として野球を始め、岩出中時代は紀州ボーイズで通算32発。
 小学6年時に阪神タイガースJr.チーム入りを果たした。

 智弁和歌山では1年春から17番でベンチ入り。
 1年生ながら近畿全2戦に6番サードで起用され、初戦で左中間を破る2塁打など2安打を放つ。
 同年夏の予選(5番)3回戦で紀三井寺・右中間深部に叩き込む2ランを記録。
 1年秋の大会から3番サードとしてチームを支え、近畿初戦で3長打5打点の大暴れを見せた。
 打撃戦(6-13)の中で滋賀学園・神村月光から2打席連続の場外弾をマーク。
 1回に右翼場外ソロ、3回に中堅右場外2ラン、6回に右中間を破る2点二塁打を放っている。
 翌2年夏の甲子園1回戦で左中間2ラン(外直球)を放つ鮮烈な全国デビュー。
 一躍スカウトからも注目されたが、同試合で右肘痛を再発し、2回戦を代打(中安)で終えた。
 大会後の手術で一時戦列から離れ、同年12月初旬になって再び練習を開始。
 公式戦復帰の翌3年春に5戦6打点(率.190)の活躍で18年ぶり選抜準Vを成し遂げている。
 3回戦で甘めの外寄りフォークを左翼フェンスに直撃させる2点先制スリーベース。
 続く準々決で左ソロ(外寄り直球)をマークし、準決で右フェン直2点打(高め直球)を放った。
 同年夏の甲子園100回大会に優勝候補として乗り込むも初戦で近江に敗戦。
 5打席で右前安打1本(2四球2三振)に留まり、チームも3対7(北村が2発)で逆転負けとなった。
 同期に平田龍輝、文元洸成、1学年下に黒川史陽ら。

 182cm88kg、強肩強打のプロ注目三塁手。
 力強く振り切るスイングから強い打球をはじき返す左の強打者。1年夏からクリーンアップを務める。
 中堅から逆方向にも放り込めるパワフルな打撃が売り。スイングスピードが速い。
 右肘手術によるブランクがありながらも49発を記録。甲子園左翼席に2本塁打を叩き込んだ。
 1年秋の近畿大会初戦で滋賀学園・神村月光から2打席連続アーチをマーク。
 中堅120m、両翼98mの紀三井寺球場で豪快な場外弾(ライト、バックスクリーン右)を放っている。
 遠投100m、50m走6秒7、太腿回り62センチ。

  スカウトコメント

広島・鞘師智也スカウト|18/10/25
 「高校生離れの長打力。逆方向にも打てるスラッガータイプ」
ソフトバンク・永井智浩編成育成部長兼スカウト室長|18/8/13
 「高校生であれだけスイングのヘッドスピードが出る。根尾君や藤原君より速いんじゃないか」
巨人・岡崎スカウト部長|18/7/15
 「(林は)超高校級のいい打者。(平田は)制球がいいし、まとまっている」
巨人・岡崎郁スカウト部長|18/6/14
 「清宮幸太郎選手に似たタイプのスラッガーで、強さだけでなく柔らかさがあります。最大の魅力はボールとバットが当たった時の角度。ホームラン性の角度を持っていて、これは教わったからといって習得できるものではありません」
阪神・畑山チーフスカウト|18/5/7
 「夏がすごく楽しみ」
巨人・益田明典スカウト|18/5/6
 「長打を打てるのが最大の持ち味。ヘッドスピードは大阪桐蔭時代の中田翔(日本ハム)のよう」
広島・鞘師智也スカウト|18/5/6
 「近い将来プロのクリーンアップを打てますね。センター、ライト、どこにでも入れられるのが魅力」
ヤクルト・阿部スカウト|18/4/2
 「逆方向に強い打球を打てるのが魅力」
広島・鞘師スカウト|18/4/2
 「あんな打球はプロでもなかなか見られない。ごまかしでは打てないし、今大会No.1のホームランだと思う」
ソフトバンク・永井智浩編成育成部長兼スカウト室長|18/3/30
 「(スイングの力強さが)目についた」
巨人・岡崎スカウト部長|18/3/30
 「その他の野手では東海大相模・森下翔太、日本航空石川・上田優弥、智弁和歌山・林晃汰が印象に残った」
広島・鞘師スカウト|18/3/15
 「スイングが速い。(高校)日本代表の4番になれる。ドラフト上位候補でしょう」
阪神・畑山俊二チーフアマスカウト|18/2/15
 「(甲子園での一発について)左打者で、あそこまで打ち込むのは大したもの。タイプ的には筒香(DeNA)のイメージかな。スケールが大きい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-11-16(金)|2018年ドラフト指名選手 | コメント(7) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
そんなものは修正すれば良い
| 。・。 | 2018年10月10日(Wed) 01:43 | URL #- [ 編集]
ヒネラーだし無駄な動きが多いから速球に弱そう
個人的にはそこまでかな
| キムチ汁 | 2018年08月03日(Fri) 20:31 | URL #- [ 編集]
外角の対応力は素晴らしい一方で、内角の球が全く打てないのが致命的です。
おそらく打撃フォームの問題でしょう。
パワーは抜群なので、しっかり育成できる球団に行けば、将来的に凄いパワーヒッターになれるかもしれませんね。
| 平峰 | 2018年08月03日(Fri) 18:28 | URL #- [ 編集]
ひじ痛が持病っていうのがね
| 。・。 | 2018年06月12日(Tue) 23:55 | URL #- [ 編集]
先輩・岡本和真とのクリンアップ・・うん、見てみたい(*´ω`*)
| kosei | 2018年05月07日(Mon) 23:22 | URL #6mhiDe5. [ 編集]
まんま筒香みたい
| KT | 2018年05月04日(Fri) 13:50 | URL #- [ 編集]
甲子園のセンターにぶち込んだ時エグいバッターがまた智辯から出てきたんだと思った
| ジンペイ | 2018年01月06日(Sat) 21:04 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年ドラフト指名選手 | コメント(7) Page Top↑