松下 圭太(宮城教育大)

松下 圭太(宮城教育大)

ここでは、「松下 圭太(宮城教育大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm84kg 右右 MAX151km 県立福島
最速151㌔の威力ある直球とスライダー。通算116.1回で103K。高校時代の同期に立大・手塚周ら。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春:         登板無し
   15秋: 2  0勝0敗   1.1  4  0  5  3 20.30
   16春: 8  1勝3敗  27.1  23  27  15  7  2.30
   16秋: 8  2勝4敗  30.1  31  32  15  22  6.53
   17春: 9  0勝2敗  35.1  37  28  22  17  4.33
   17秋: 3  0勝3敗    22  18  16  12  6  2.45
   通算: 30  3勝12敗 116.1 113 103  69  55  4.26
          被安打率8.74 奪三振率7.97 四死球率5.34

投手成績詳細

   16秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   福祉大 先   3  3  4  4  4 ●
       先   3  8  3  0  5 ●
   仙台大 先   4  10  2  5  12 ●
   学院大     3  1  4  0  0
          3.2  0  1  1  0…抑えで2戦連続の好投
   工業大    3.2  0  5  1  1 ●
   東北大    3.1  5  3  1  3 ○
          6.2  4  10  3  3 ○
         30.1  31  32  15  28 防6.53
      被安打率9.20 奪三振率9.49 四死球率4.45

  最新記事

 ■ 福祉大勝ち点3 仙台大先勝(河北新報) 17/9/18

 第4節第2日の17日、仙台市の東北福祉大球場で仙台大-宮城教育大の1回戦、東北工大-福祉大の2回戦があり、仙台大が先勝、福祉大が勝ち点を3に伸ばした。仙台大は打線がつながり、宮教大に7-0と快勝。先発岩佐は8回2安打と三塁を踏ませない力投で、リーグ戦通算20勝を飾った。
<宮教大・松下投手(6回2失点の力投も七回1死で途中降板)>「爪が割れた右手中指をかばって投げるうち右肘と指の両方がけいれんして動かなくなった。通っている接骨院の先生を信じ、次の登板に臨みたい」

   17秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   東福大 先   9  5  6  6  3 ●
   学院大 先  6.2  8  7  2  1 ●
   仙台大 先  6.1  5  3  4  2 ●…右肘疲労骨折で途中降板
          22  18  16  12  6 防2.45
      被安打率7.36 奪三振率6.55 四死球率4.91

 ■ 震災6年 白球に思い 原発避難苦難背負う(河北新報) 17/3/11

 宮城教育大硬式野球部の松下圭太投手(2年)は、東日本大震災による東京電力福島第1原発事故で避難指示が出ている福島県飯舘村の出身。古里を追われた苦しみを抱えながら、野球に向き合う日々だ。仙台六大学リーグでの通算成績は18戦で3勝7敗。最速148キロ速球を武器に主に抑えとして活躍する。昨秋、チームは18度優勝の東北学院大に連勝し、33年ぶりに勝ち点を奪取。松下はその快挙に貢献した。飯舘村飯舘中2年の時に震災に遭った。電気や水道が止まり、家族と共に福島市へ避難。原発事故による避難指示で古里に戻れなくなった。混乱の中で1年間、野球から遠ざかり、福島高入学後に再開。速球派として注目され、2年秋には福島県大会でベスト8入り。宮教大に進学後も周囲の勧めで野球部の門をたたいた。

  プロフィール

 福島県飯舘村出身。
 松下 圭太(まつした・けいた)投手。
 草野小2年時から野球を始め、飯舘中2年時に県大会出場。
 大震災により中3時を福島市で過ごした。

 1年間のブランクを経て高校で野球を再開。
 1年秋から背番号11の控えとしてメンバー入りし、2年秋以降の3シーズンで背番号1を任された。
 2年秋の県大会(同学年の手塚周が主戦格として活躍)でベスト8入りを経験。
 翌3年夏予選(3回戦敗退)初戦の先発を務め、5回までを6安打3失点に抑える粘投を見せた。
 同学年のチームメイトとして手塚周(現立大)ら。

 宮教大では1年秋からリーグ戦に出場。
 主に救援で5シーズン30試合(先発9)に登板し、116回1/3で防4.26、3勝12敗の実績を残した。
 69個の四死球(率5.34)を出した一方、通算103三振、奪三振率7.97をマーク。
 2年秋の学院大戦で2戦連続の好救援を演じ、同大学からの33年ぶり勝ち点奪取を達成した。
 通算30試合、3勝(0完投)12敗、116.1回、防御率4.26。

 183cm84kg、151㌔直球を持つ救援右腕。
 セットポジションから投げ込む最速151㌔の威力のある直球が武器。スライダーなどを織り交ぜる。
 真っすぐで押すピッチングが持ち味の抑え投手。現状被安打、与四死球が多い。
 入学当初の67kgから84kgまで体重を増量。2年秋に最速150㌔、3年5月に151㌔をマークした。
 被安打率8.74、奪三振率7.97、四死球率5.34。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2017-11-04(土)|2018年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑