辻野 雄大(Honda)|ドラフト・レポート

辻野 雄大(Honda)

ここでは、「辻野 雄大(Honda)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



辻野 雄大(Honda)

179cm81kg 右左 捕手 遠投110m超 波崎柳川高→白鴎大 4年目
強い打球を放つ左打者。二塁送球1.9秒台の強肩捕手。脚力を生かして外野手としても出場する。

  動 画

  打撃成績

 ■ 社会人時代成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   16都: 1 .000  1  0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   17都: 2 .250  8  2 1 0 0 1 1 0  .250  .375(7番・捕)
   17日: 1 .667  3  2 0 0 0 0 1 0  .667  .667(8番・捕)
   18都: 1 .333  3  1 0 0 0 0 0 1  .500  .333(2番・捕)
   18日: 1 .200  5  1 0 0 0 0 0 0  .200  .200(7番・捕)
   通算: 6 .300 20  6 1 0 0 1 2 1  .333  .350
    ※ 補強出場(16都:JFE東)

 【 国際大会 】
       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率 
   18年アジア: 6 .375 16  6 3 0 0 5 2 1  .412  .563
   通  算: 6 .375 16  6 3 0 0 5 2 1  .412  .563

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春: 11 .325  40 13 2 1 0 5 3 8 3  .438  .425
   14秋: 5 .267  15  4 0 0 0 6 2 7 1  .500  .267(決勝)
   15春: 12 .234  47 11 2 0 1 10 10 11 1  .379  .340
   15秋: 12 .235  34  8 1 0 1 5 3 16 2  .480  .353
   通算: 40 .265 136 36 5 1 2 26 18 42 7  .438  .360
    ※ 14秋:打点王 15春:ベストナイン(捕手)

  最新記事

 ■ Hondaプロ注目の辻野3打点 5時間21分激戦制した(スポニチ) 17/4/16

 Hondaは最大4点差を追いつくと、延長10回タイブレークの末にJFE西日本を破った。プロ注目の辻野雄大捕手(23)が同点二塁打を含む3打点と活躍した。2―5の6回1死一、三塁からセーフティースクイズ。見事に初球に成功させ「サインはあるかも、と思っていました。最近、全然打てていなかったんで」と笑った。8回2死一、二塁の好機には右越えへ2点二塁打。岡野勝俊監督は「あの二塁打がなかったら、勝ちはなかった」と殊勲の一打を高く評価した。

  【二塁送球タイム】17年都対2回戦:1秒94(2回)
           18年都対1回戦:2秒07(1回)、2秒02(4回)
  【一塁到達タイム】18年都対1回戦:4秒08(1回)、4秒05(4回)

      打率  打 安 本 点 振 球 盗 出塁率
   16年: .344  61 21  1 10 13 16  1  .481
   17年: .338  71 24  0 11 13 17 11  .466
   18年: .358  81 29  0 13 15 13 11  .447
   通算: .347 213 74  1 34 41 46 23  .463 
    ※ 18年:ベストナイン(捕手)、首位打者(打率.460)

  プロフィール

 茨城県神栖市出身。
 辻野 雄大(つじの・たけひろ)捕手。
 太田小学校1年時に軟式野球を始め、波崎三中では軟式野球部で三塁手。

 波崎柳川高では1年秋から三塁手でレギュラー。
 背番号5の2番サードとして関東大会に出場し、1回戦・浦学戦(3-4)で2安打1三塁打を放つ。
 翌2年夏の県大会(2番・捕手)で計21打数10安打2打点の好成績をマーク。
 3年夏の予選に主将・3番・捕手として臨み、4試合で6安打、打率.429本1点5の活躍を見せた。
 当時のチームメイトとして145㌔右腕・肥後勇輝ら。

 白鴎大では当初ファーストとしてプレー。
 2年時春のリーグ戦から正捕手を担い、3年秋に打点王、4年春に捕手ベストナインを獲得した。
 3番・捕手を務めた3年秋の横浜市長杯1回戦で適時打を含む3安打を記録。
 吉田侑樹と対戦した同準々決・東海大戦(4対1)で右翼線へのタイムリー二塁打を放っている。
 全国大会出場、打撃十傑入りの実績は無し。

 Hondaでは1年目から公式戦に出場。
 ルーキーイヤーからレギュラーとして起用され、計61打数で21安打、打率.344本1の実績を残す。
 JFE東の補強として都市対抗に出場し、代打で1打席(遊ゴ)のみ全国を経験。
 打力を生かして外野手、一塁手などを兼任し、10月の関東選手権で首位打者を受賞した。
 3対0完封勝ちを収めた準決・日立戦で右翼席に叩き込む先制ソロ弾を記録。
 捕手として42大会ぶりVをなし遂げた翌2年目春の岡山大会で優秀選手賞を獲得している。
 同年7月の都対で7番・捕手を務め、1回戦で右二(外寄り高め直球)をマーク。
 同2回戦2回に二盗補殺(1秒94)をマークし、7回に右安(鈴木博志の150㌔直球)を放った。
 国際大会には3年目18年のジャカルタアジア大会(準優勝)にライトとして出場。
 全6戦中5試合(1・6番2)にスタメンで起用され、計16打数で6安打、打率.375点5を記録した。
 二大大会通算6試合、打率.300、6安打、0本塁打、1打点。

 179cm81kg、強肩強打俊足のプロ注目捕手。
 関甲新学生リーグ通算2本塁打、振り切るスイングから強い打球を弾き返す左打ちの強打者。
 1年目から打率.344(21安打16四死球)1本塁打10打点の好結果を残した。
 遠投110m超、二塁送球1.9秒台から2.0秒前後をマークする強肩。その他に外野などもこなす。
 一塁到達4.0秒台。18年ベストナイン&首位打者。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-05-09(木)|2019年社会人野手 | 関甲新学生 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
同じ社会人捕手の大城の上位互換という感じ
走攻守揃っており、捕手でありながらアベレージヒッターとしてもある程度期待できる
盗塁も積極的にいけるくらいの走力も持っているためコンバートされるかも
ただ捕手のこだわりが強い人なので、打てる捕手として育てた方がいいと思う
日通の木南とともに即戦力捕手として注目すべき選手
| 平峰 | 2017年09月06日(Wed) 17:12 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人野手 | 関甲新学生 コメント(1) Page Top↑