山本 拓実(市西宮)|ドラフト・レポート

山本 拓実(市西宮)

ここでは、「山本 拓実(市西宮)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



山本 拓実(市西宮)

167cm70kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ・カット・チェンジ
進学校に在籍する小柄なプロ注目右腕。威力ある直球と5種類の変化球。内角を強気に攻める。
2017年中日6位(契約金2500万円、年俸550万円)

  動 画

  最新記事

 ■ 6位・山本、頭脳ではい上がる!!(中日スポーツ) 17/11/18

 中日からドラフト6位指名を受けた兵庫・市西宮高の山本拓実投手が17日、兵庫県内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2500万円、年俸550万円で仮契約した。偏差値67を誇る同校で養った頭脳でスターダムをのし上がる。竜が指名した変わり種の武器は頭だ。兵庫県内屈指の進学校に通う山本。「勉強はあまり好きではないです」と苦笑いするが、短期集中のスタイルで扉を開いてきた。中学3年の11月、120人ほどいた塾では成績は半分以下で、模試の結果も5段階中3番目のC判定。だが入試直前の3月にはトップ10入りし、最高のA判定。抜群の理解力で合格を果たした

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:県伊丹高 先   5  1  4  0  0 148㌔
   4回戦:武庫荘総 先   9  6  15  1  2 147㌔
   準々決:報徳学園 先   9  8  4  1  2 147㌔
               23  15  23  2  4 防1.57(失点から計算)
           被安打率5.87 奪三振率9.00 四死球率0.78

 ■ 中日スカウトが指名あいさつ 滝川二と市西宮へ(asahi.com) 17/11/8

 中日ドラゴンズの中田宗男スカウト部長と米村明スカウトが7日、ドラフト会議で指名した県内の高校生2人のもとをあいさつに訪れた。高い評価を伝えつつ、「12球団一、練習は厳しい。しっかりと体力をつけてきて」と激励した。ドラフト6位の市立西宮高校の投手・山本拓実君は同校でスカウトと面談し、評価のポイントや今後の日程の説明を受けた。中田スカウト部長は、身長167センチながら夏の兵庫大会で好投する山本君の姿に衝撃を受け、「どうしてもうちに欲しくなった」。打者に向かう気持ちの強さと制球力を評価し、「小柄なのを逆に武器にしてほしい」と話した。山本君は「自分の長所を評価してもらえた。野球が思い切りできるプロの環境が楽しみです」。指名後に高松君と連絡先を交換し、お互いに励ますメッセージを送り合ったという。
 「(今夏の兵庫大会準々決勝の)報徳戦で初めて生で見て衝撃を受けたバッターに向かう姿勢がいい」と中田スカウト部長。(神戸新聞)

 ■ 148キロ右腕、市西宮・山本 プロ志望届提出へ(デイリースポーツ) 17/9/5

 今秋ドラフト候補の最速148キロ右腕、市西宮・山本拓実投手がプロ志望届を提出することが4日、分かった。山本は身長167センチと小柄ながら、キレのある直球を武器にする右腕。今夏の兵庫大会初戦は、巨人など8球団10人のスカウトが視察するなど高い注目を集めていた。甲子園など全国の舞台での実績はないが、プロ側は高い評価を与えており、指名候補となりそうだ。ドラフト会議で指名されなかった場合は、進学を目指す方針。

過去記事

 ■ デイリー特命スカウトが行く 市西宮・山本拓実投手(デイリースポーツ) 17/8/2

 今春のセンバツ覇者、大阪桐蔭を相手に練習試合で好投した山本君。投手としては167センチと小柄だが、マウンドでは数字以上に大きく見える。最速148キロ、常時145キロ前後の直球は力強い。彼の魅力は、オーバーハンドから力んで腕を振ってもリリース時にしっかりと手にボールが吸い付いており、効率よく力を伝えて投げられること。しかも、制球がよい。直球が横回転やシュート回転せず、スピン量が多いので球が伸びてホップする。あれだけの勢いのある球を投げられるのは体が強い証拠だ。変化球もいつでもストライクが取れる。捕手が外角に構えていても、送りバントをしようとすると意図的に内角に投げ投ゴロで併殺打にしようとするなど投手センス、野球センスの高さを感じる。小さい頃は遊撃もこなしており、投球時のバックスイングやリリース時の指先の感覚が培われている。直球の球質は、ソフトバンク・松坂の横浜時代をほうふつとさせる。将来は楽天・則本のように気持ちでバッタバッタと三振を取るタイプ。これだけの球を投げられるのだから抑えでも活躍できるだろう。私なら思いきって上位で指名したいと思う。

 ■ 市西宮の最速148キロ右腕・山本、力投も準決勝進出逃す(スポーツ報知) 17/7/26

 市西宮は最速148キロ右腕・山本の力投も及ばず、優勝した1963年以来の準決勝進出を逃した。147キロを計測した直球を軸に7回まで4安打無失点に抑えたが「自分より、相手の粘りが上回っていた」と肩を落とした。ネット裏では8球団のスカウト陣が視察し、日本ハム・大渕スカウト部長は「小さな大巨人。うちの谷元のよう」と高く評価。右腕は今後の進路について「気持ちとしてはプロにいきたいけど、慎重に考えたい」と話した。
 阪神・熊野スカウトは「高校生でトップレベル」、日本ハム・大渕スカウト部長も「制球力と球速があるし、変化球も多彩。気持ちも強い」と評価した。(デイリースポーツ)
 山本は注目の進路については「(将来的な)志望はプロですが、評価を見極めたいし、慎重に決めたい」と明言を避けた。(スポニチ)

 ■ 市西宮・山本、完投15K 女子マネと一緒に甲子園(スポーツ報知) 17/7/22

 夏の甲子園開会式で女子生徒が代表校の先導役を務めている兵庫の市西宮が、2年連続の16強入り。今夏の「プラカード嬢」を決める選考会に合格し、甲子園行きを決めた女子マネジャー・牧野圭夏さん(2年)に続けと、最速148キロのドラフト候補右腕・山本拓実が15奪三振2失点で完投した。エース右腕・山本は、147キロを計測した直球を武器に4者連続を含む15三振を奪った。3回2死二塁では公式戦初本塁打となる左越え2ランを放つなど、投打でチームを引っ張った。ネット裏には日米4球団が視察に訪れ、ブレーブスの大屋スカウトは「直球の回転の質が素晴らしい。高校の時の松坂大輔(現ソフトバンク)と同じ」と絶賛した。
 これまでの12三振を上回る自己最多の15三振を積み重ねた。三回2死二塁では左翼席へ2ラン。高校通算5本目で公式戦初本塁打に「打った瞬間は見えなかったんですけど…」。投球以外の話題になると表情を緩ませ、苦笑いで振り返った。スタンドでは国内3球団メジャー1球団が視察。ブレーブス・大屋スカウトは「直球の質がいいし、伸びがある。20年前に見た松坂(現ソフトバンク)のような質の直球だね」と当時、怪物と騒がれた右腕を引き合いに出して評価。現時点で山本の進路は未定だが「大学や社会人を経たらドラフト1、2位候補」とまで話した。(デイリースポーツ)

 ■ 市西宮・山本MAX148キロ 虎党167センチ右腕を8球団視察(デイリースポーツ) 17/7/17

 市西宮のプロ注目右腕・山本拓実投手が自己最速を1キロ更新する148キロを記録し、5回1安打無失点で初戦を突破した。身長167センチの体を目いっぱい使い、しなやかなフォームから繰り出す直球がうなりを上げた。五回2死まで完全投球。「絶好調ではなかったけど、勝ち切ることを意識した。入りとしては合格点だと思う」。堂々とした投球に、観戦した父・勝三さんも目を細めた。勝三さんは高松西を経て、近畿学生リーグ・大教大でプレー。首位打者に輝くなど活躍したが、野球を勧めたことはなかったという。山本が白球を握るきっかけは阪神だった。「阪神が優勝した03年が3歳で、その頃サンテレビに映る阪神戦を見て、勝手にはまっていきましたね」。当時は下柳らのフォームをまねして投球。幼稚園年長では公園で6時間も野球をしたこともあるという。スタンドでは巨人など8球団10人のスカウトが視察。広島・鞘師スカウトは「関西No.1直球は平均で140キロを超えているし、現時点では満点」とまで言った。
 楽天・長島スカウト部長は「全身をうまく使って投げている直球と変化球の腕の振りが同じで、高校生で対応するのは難しい面白い逸材」と高く評価した。(スポーツ報知)
 広島の鞘師智也スカウトからも「完成度が高く、現時点では満点。関西NO・1」と絶賛された。(日刊スポーツ)
 プロ8球団11人のスカウトが詰めかけた。広島・鞘師スカウトが構えたスピードガンでは146キロを計測。「強烈。関西ナンバーワン。(球速の)平均が140キロを超えている。プロのファームでも140キロを連発する投手はそう何人もいない。すばらしいボールだ」とうなった。(SANSPO)

 ■ 市西宮の小さな巨人 スカウトうなる167センチ右腕の「エグい」直球(スポーツ報知) 17/7/2

 身長167センチの体をフル稼働させ、繰り出す直球はMAX147キロ。兵庫・市西宮の右腕・山本拓実は近畿の高校生ドラフト候補で最速タイの球速を誇る“小さな巨人”だ。その名を一気に高めたのは今春の兵庫大会準々決勝・報徳学園戦だった。1―2で敗れたものの、センバツ4強を相手に3安打2失点と好投。視察したプロのスカウト陣を「直球のキレがエグい」とうならせた。大教大時代に近畿学生野球リーグで首位打者を獲得したこともある父・勝三さんの影響で、3歳から野球を始めた。中学入学時の身長は139センチと「チームではダントツで小さかった」と振り返る。指導者からは、投手を希望しても満足に練習をさせてもらえなかったというが、「体が大きい相手には負けたくない」という意地がモチベーションになった。高校入学後は1日6合の白米をかき込み、冬は筋トレに汗を流した。入学当時、最高123キロだった球速は24キロもアップした。

 ■ 市西宮147キロ右腕に選抜王者も脱帽(スポニチ) 17/6/23

 市西宮の最速147キロ右腕・山本拓実投手が今春の選抜王者・大阪桐蔭を相手に7回を被安打3の3失点と力投。中日、オリックスが視察する中、直球の最速は146キロを計測した。序盤こそ力みで球数が多くなったが、中盤から修正。鋭いスライダーにカーブを織り交ぜ、計6三振を奪った。山本は「4回以降は自分の投球ができた。力で押すことができました。日本一の打線と対戦したことで、今後、自分が何をすればいいのか明確になった」と胸を張った。中日の米村明スカウトは「直球のキレがいい。打者を見て、スライダーや落ちる球を駆使するあたりに野球センスを感じる」と評価した。敵将の西谷浩一監督も思わずうなった。自軍の打線が3安打に押さえ込まれる内容に「(新チーム結成後)3安打は記憶にない。投げっぷりがいい」と絶賛した。6月初旬、指揮官自ら連絡を取り、実現した今回の練習試合。「いい投手ですね。大阪にもなかなかいないレベルの投手です」と舌を巻いた。
 今後の結果次第でプロ志望届を出す可能性もあるという。(デイリースポーツ)

             回数 被安 奪三 四死 失点
   練試:大阪桐蔭 先   7  3  6     3 146㌔

 ■ 市西宮・山本、選抜4強・報徳学園に五回2死まで完全投球(デイリースポーツ) 17/5/4

 兵庫県内屈指の進学校・市西宮の最速145キロ右腕・山本拓実投手が、今春センバツ4強・報徳学園を相手に好投を見せた。敗れはしたが五回2死で安打を打たれるまで、一人も走者を出さない完全投球8回3安打2失点。すでに阪神日本ハムなど複数球団が視察に訪れている好投手が、夏へ向けて期待が膨らむ好投を見せた。身長167センチと小柄だが、全身を使ったフォームからキレのある直球を投げ込む。自身と同じく小柄な楽天・則本に憧れており、強気の投球が持ち味2種類のスライダーなど5種類の変化球を操り、昨夏の兵庫大会1回戦・香住戦は参考記録ながら8回を投げてノーヒットノーランを記録した。この日も報徳打線を強気に攻めた。「センバツのベスト4と試合をやらせてもらえるので楽しみにしていた」。積極的に内角を突いて、プロ注目の3番・小園海斗内野手(2年)、4番・篠原翔太捕手(3年)の両打者を無安打に抑えた。市西宮は偏差値60台後半の進学校で、山本は普通科に通う。卒業後は大学に進学予定だが、将来はプロ入りを目指す。夢に近づくためにも、今夏は甲子園出場を狙う。
 広島の鞘師スカウトは「完成度が高い。兵庫では1番じゃないですか」と絶賛した。(スポーツ報知)

   16夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:香住高校 先   8  0  9  1  0封…8回参考ノーヒットノーラン

  プロフィール

 兵庫県宝塚市生まれ。
 山本 拓実(やまもと・たくみ)投手。
 仁川小学校1年から軟式野球を始め、宝塚一中では兵庫タイガースに所属。

 市立西宮では1年秋から控えとしてベンチ入り。
 翌2年夏初戦・香住高戦に背番号11で先発し、9三振ノーノーの快投で8回0封勝利を収める。
 2年秋の予選を阪神地区敗退で終え、3年春に背番号1で県8強進出を達成。
 145㌔直球を武器に全3試合を1人で投げ抜き、26イニングを3失点にまとめる好投を見せた。
 2回戦・市立伊丹戦で4対0完封勝利、続く松聖戦で12対1完投勝利をマーク。
 強豪・報徳と対戦した準々決で3安打(5回二死まで無安打)1対2完投の力投を演じている。
 小園海斗篠原翔太を無安打に抑え、視察に訪れたスカウトから評価を獲得。
 同6月の練試で桐蔭を7回3安打6三振に封じ、敵将・西谷監督から投げっぷりを絶賛された。
 3年夏の兵庫大会は報徳学園に延長10回1対2サヨナラ完投負けで8強敗退。
 初戦・県伊丹戦で自己最速の148㌔を計測し、4回戦・武庫総戦で15K完投の力投を見せた。
 県大会8強が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 167cm70kg、進学校に在籍する小柄なプロ注目右腕。
 ノーワインドアップから溜めを作り、上体を傾けて重心を下げ、着地早めに柔らかい腕の振りから
 繰り出す最速148㌔の威力ある直球と、縦横スラ、カーブ、カット、チェンジアップ。
 全身を使った力強いフォームから投じる直球が武器。同じ腕の振りで5種類の変化球を操る。
 松坂大輔に似たスピン量の多いストレートの持ち主としてプロからの評価が高い。
 破綻の無いコントロール、野球センスを兼備。高校3年間で24㌔の球速大幅アップを達成した。
 内角を突く強気の投球も持ち味。遠投110m、50m6秒5。

  スカウトコメント

中日・中田スカウト部長|17/11/8
 「どうしてもうちに欲しくなった。小柄なのを逆に武器にしてほしい」
 「(今夏の兵庫大会準々決勝の)報徳戦で初めて生で見て衝撃を受けた。バッターに向かう姿勢がいい」
中日・米村スカウト|17/10/26
 「小柄ではあるがストレートを内角、外角に投げ分けられる制球力があり、スライダーも2種類投げる事ができる。完投能力もありスタミナもある」
日本ハム・大渕スカウト部長|17/7/26
 「小さな大巨人。うちの谷元のよう」
 「制球力と球速があるし、変化球も多彩。気持ちも強い」
阪神・熊野スカウト|17/7/26
 「高校生でトップレベル」
オリックス・長村本部長|17/7/25
 「全身を使ってあれだけの球が投げられるのは大したもの。下半身が強い」
ブレーブス・大屋スカウト|17/7/22
 「直球の回転の質が素晴らしい。高校の時の松坂大輔(現ソフトバンク)と同じ」
 「大学や社会人を経たらドラフト1、2位候補」
広島・鞘師スカウト|17/7/17
 「強烈。関西ナンバーワン。(球速の)平均が140キロを超えている。プロのファームでも140キロを連発する投手はそう何人もいない。すばらしいボールだ」
 「完成度が高く、現時点では満点。関西NO・1」
楽天・長島スカウト部長|17/7/17
 「全身をうまく使って投げている。直球と変化球の腕の振りが同じで、高校生で対応するのは難しい。面白い逸材」
中日・米村明スカウト|17/6/23
 「直球のキレがいい。打者を見て、スライダーや落ちる球を駆使するあたりに野球センスを感じる」
広島・鞘師スカウト|17/5/4
 「完成度が高い。兵庫では1番じゃないですか」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2017-11-19(日)|2017年ドラフト指名選手 | コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
高校生投手に関しては、身長が低いだけで指名漏れするケースが少なくないです。
個人的には今年の候補の中でも完成度は高い方だと思います。
中位〜下位指名なら普通にありですね。
| 平峰 | 2017年10月25日(Wed) 23:47 | URL #- [ 編集]
左腕なら小柄でも3位くらいかな?と思うのですが、右腕なのでオリックス・山岡みたいに高卒社会人として上位を狙うパターンでしょうか。
楽天の美馬と体格が似ているので、高卒でプロ入りした場合に楽天が獲れば面白い存在になるかも知れません。
現状だと4位~5位くらいでしょうか。
| ぽにぽにぽにー | 2017年08月21日(Mon) 13:34 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年ドラフト指名選手 | コメント(2) Page Top↑