佐野 涼弥(浦和学院)

ここでは、「佐野 涼弥(浦和学院)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm78kg 左左 MAX141km スライダー・カーブ・チェンジ
最速141㌔の直球とスライダー。1年秋の浦和実戦で7回14K、2年春の本庄東戦で16Kを記録した。

  動 画

  最新記事

 ■ 浦和学院・佐野 ドクターK 武器は鋭いスライダー(デイリースポーツ) 17/5/31

 “ミレニアム世代のドクターK”も埼玉にいる。浦和学院の最速141キロ左腕・佐野涼弥投手だ。春の県大会は3回戦・本庄東戦で16奪三振完封関東大会でも全4試合にリリーフして11回1/3を無失点、17奪三振の快投で、優勝に貢献した。三振を量産する最大の武器は、鋭く落差も大きいスライダー。直球と同じ握り、腕の振りで、手首の角度だけを調節して変化させる。相手のバットが次々と空を切る様は、あの松井裕樹をほうふつとさせる。「スライダーに頼り過ぎている。真っすぐで空振りを取れるようにしたい」という佐野。強豪を封じた関東大会の結果には「自信になりました」とニッコリ。目指すは世代No.1左腕。その第一歩として、まずは今夏の甲子園をもぎとる。

   17春           回数 被安 奪三 四死 失点 
   埼玉2回戦:聖望学園     4  2  3  1  0
     3回戦:本庄東高 先   9  4  16  2  0封
     準決勝:市立川越     3  3  5  1  1
   関東2回戦:横浜高校     4  1  6  3  0
     準々決:前橋育英    4.1  4  5  2  0
     準決勝:日大三高     1  0  2  0  0
     決 勝:東海相模     2  0  4  0   0
                27.1  14  41  9  1 防0.33
            被安打率4.61 奪三振率13.50 四死球率2.96

 ■ 浦和学院 接戦制し6度目V 佐野2回完全!決勝スクイズも(スポニチ) 17/5/25

 決勝が24日に水戸市民球場で行われ、浦和学院が東海大相模に3―2で競り勝ち、2年ぶり6度目の優勝を決めた。8回から救援登板して2イニングを無失点に抑えた左腕・佐野涼弥投手(2年)が同点の8回に決勝スクイズも決め、投打にわたる活躍を演じた。1点リードの9回1死走者なし。佐野は打席に3月の練習試合で本塁打を浴びた同じ2年生の4番・森下を迎えた。カウント2―2から最後はスライダーで空振り三振。「前回打たれていたので意識した。リベンジできてよかった」。2イニングを完全に抑え、4奪三振の力投。打者としても1点を追う8回に同点に追いつき、なおも1死満塁で決勝スクイズを決めた。最速141キロの直球とスライダーが武器の左腕は、今大会4試合で計11回1/3を投げ、5安打無失点、17奪三振奪三振率は驚異の13・50だった。「(無失点は)自信になる。夏は先発完投できるようにスタミナと緩急をつけたい」と先を見据えた。

 ■ 浦和学院が昨夏の雪辱果たし決勝へ 佐野5K好投(日刊スポーツ) 17/5/5

 浦和学院が昨夏の雪辱を果たし決勝進出と関東大会出場を決めた。初先発の近野佑樹投手(2年)が6回を投げ無失点に好投。2番手で投げた最速141キロ左腕の佐野涼弥投手(2年)が代わりばなに連打を浴びて1失点したが、切れのある縦のスライダーを武器に5三振を奪って勝利に貢献した。昨夏4回戦で抑えられた市川越・メンディス投手を攻略。森士監督は「昨夏負けたチームという思いを持ってやれた。そこは評価したいです。近野は初先発でしたがよく投げてくれた」と言った。

  プロフィール

 栃木県宇都宮市出身。
 佐野 涼弥(さの・りょうや)投手。
 石井小学校2年時から軟式野球を始め、陽東中時代は栃木下野シニアに所属。

 浦和学院では1年春から控えとしてベンチ入り。
 早くから小島和哉(現早大)2世として注目され、救援で3試合(関東1)5回の登板を経験する。
 同年秋の県大会で先発の座をつかみ、計36回で49K11失点の好成績を記録。
 浦実相手に5者連続を含む14Kの快投を演じ、7回コールド1安打8対0で完封勝利を収めた。
 続く関東大会1回戦・横浜戦の先発を任されるも5回7失点ノックアウトで敗戦。
 翌2年春の大会にリリーフエースとして出場し、27.1回41三振1失点で県V、関東Vを達成した。
 埼玉大会3回戦・本庄東戦で、9回16奪三振、4安打4対0完封勝利をマーク。
 関東大会で4戦(横浜、前橋育英、日大三、東海大相模)11.1回17K0封の好投を演じている。
 1学年上のチームメイトとして山本晃大外野手ら。

 178cm78kg、縦スラを武器とする141㌔左腕。 
 セットポジションから着地早めに投げ下ろす最速141㌔のストレートと切れの良い縦のスライダー。
 ストレートと縦スラとのコンビネーションで投球イニング数を超える三振を奪う。
 1年秋の浦和実戦で7回14奪三振(5者連続)、2年春の本庄東高戦で16奪三振を記録した。
 2年春27.1回で41三振(率13.50)。50m6秒0。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-31(水)|2018年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑