野村 佑希(花咲徳栄)

ここでは、「野村 佑希(花咲徳栄)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm85kg 右右 MAX144km 外野手兼投手 遠投100m 50m6秒8
通算24発、長打力ある右の強打者。2年春の県3回戦で中越え3ラン、決勝で左越え2ランを放った。

  動 画

  最新記事

 ■ 花咲徳栄・野村 ミレニアム世代の怪物(デイリースポーツ) 17/5/31

 今年は楽しみな2年生が多い。デイリー高校野球では、そんな逸材をピックアップ。花咲徳栄の大型スラッガー・野村佑希外野手らを紹介する。決勝を含め4本塁打の埼玉大会では、両翼99メートル、中堅122メートルの大宮公園球場で3発。3回戦の大宮東戦では、逆風をつく弾丸ライナーでバックスクリーンにぶち込み「あんなの見たことない」と、県高野連幹部を仰天させた。技も兼ね備える。関東大会2回戦・早実戦では、腕をたたんで内角球を両翼100メートルあるひたちなか市民球場の左翼席へ。清宮のアーチに負けないどよめきが起こった。185センチ、85キロの体格。投手としても最速144キロを誇る。花咲徳栄では昨秋からベンチ入り。4番に座ったが、タイミングの取り方が課題だった。冬場は毎日4~5時間の徹底した打撃練習を行い、岩井監督も付きっきり指導。綱登りや10キロのハンマーでタイヤをたたくトレーニングなどの成果もあり、3月の練習試合解禁以降で18本塁打と、一気に飛躍した。岩井監督が「全然ダメ」と辛口なのも、期待の裏返し。「全然まだまだ伸びますよ。打撃は若月(オリックス)より上」と、プロで活躍する教え子の名前を出してポテンシャルを認める。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春関東: 1 .500  6  3 0 1 1 2 1 0 0  .500 1.333

 ■ 花咲徳栄 プロ注目コンビがアピール 野村3安打2打点(西日本スポーツ) 17/5/22

 花咲徳栄の野村佑希外野手(2年)が、二塁打が出ればサイクルだった3安打2打点で、ネット裏のスカウト陣にアピールした。5点を追う4回に反撃の口火となる中堅左への三塁打5回には左翼へ2ラン中日の中田スカウト部長も「感覚が素晴らしいセンターへの打球はやや甘めだったが、こういう打ち方ができる右打者はなかなかいない」と評した。6回以降はノーヒットタイブレークの10回にも空振り三振でチームは逆転負け。「後半は手を出してはいけない球に手を出していた。1試合通して打てるようにしたい」と悔しそうな顔を見せた。
 中日中田スカウト部長は「素晴らしいものを持っている」と評価した。(日刊スポーツ)
 腕をうまく畳んで内角の変化球を左翼席に運ぶ2ラン。中日・中田スカウト部長は「すばらしい。内角の厳しい球を体の回転で打つことができる右打者はなかなかいない」と絶賛した。(デイリースポーツ)

 ■ 花咲徳栄準V 関東初戦VS早実 こちらも4番野村だ(日刊スポーツ) 17/5/7

 「4番野村」対決を制する。185センチのスラッガー、野村佑希外野手が4番左翼で先発出場。1-5の4回無死一塁、左翼へ高校通算22号となる2ランを放った。「冬に打ち込んで(ボールを)前で捉えられるようになった」と話した通りの成果を見せた。今春だけで16本塁打を打ち、スカウトから「清宮の次はこの選手」との声も上がるほど。同じ右打者で早実4番の野村との対決を制してみせる。
 花咲徳栄の2年生4番・野村佑希外野手が、地区予選を含め今大会4本目のアーチで存在感を見せた。(デイリースポーツ)

  プロフィール

 米国ミシガン州生まれ。
 野村 佑希(のむら・ゆうき)外野手。
 小学校2年生の時から野球を始め、境西中では太田市シニアに所属。
 4歳から群馬県伊勢崎市に移り住んだ。

 花咲徳栄では1年秋からベンチ入り。
 メンバー入りと同時に一塁レギュラーの座を掴み、4番として関東大会(1回戦敗退)を経験する。
 翌2年春先の練試で合計12発を放ち、プロスカウトから注目される存在に浮上。
 春季大会に4番・左翼手兼投手として出場し、4本塁打を放つ活躍で県準優勝を達成した。
 3回戦・大宮東戦で逆風を突いてバックスクリーンに放り込む逆転3ランをマーク。
 決勝・浦和学院戦(6対7サヨナラ負け)で左越えの高校通算22号2ラン本塁打を放っている。
 続く関東初戦・早稲田実業戦(10回TB9対10)で3安打2長打の奮闘を披露。
 5回表のチャンスで左越えの2ラン本塁打を放ち、内角を捌く技術を中日スカウトから評価された。
 1学年上のチームメイトに西川愛也清水達也ら。

 185cm85kg、強打のプロ注目大型外野手。
 高校通算24本塁打、長打力をプロから注目される右の強打者。1年秋から4番打者を務める。
 県営大宮(両翼99m、中堅122m)バックスクリーンに叩き込んだ実績の持ち主。
 2年春先の練試で12発、県大会で4発を放ち、プロから次世代の強打者として高く評価された。
 遠投100m、50m6秒8。投手として144㌔を計測する。

  スカウトコメント

中日・中田スカウト部長|17/5/22
 「すばらしい。内角の厳しい球を体の回転で打つことができる右打者はなかなかいない」
 「感覚が素晴らしい。センターへの打球はやや甘めだったが、こういう打ち方ができる右打者はなかなかいない」
 「素晴らしいものを持っている」
プロスカウト|17/5/7
 「清宮の次はこの選手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-31(水)|2018年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑