高島 秀伍(香川オリーブガイナーズ)

ここでは、「高島 秀伍(香川オリーブガイナーズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm79kg 右右 MAX150km 桐蔭学園→東洋大→セガサミー 26歳
最速150㌔直球を持つスリークォーター右腕。独立Lでピッチャー再挑戦。1年目に150㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17年: 23 6勝6敗   94  83  77  46  33  3.16
   通算: 23 6勝6敗   94  83  77  46  33  3.16
         被安打率7.95 奪三振率7.37 四死球率4.40

 ■ 社会人時代成績(打撃)

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   15日: 2 .667  3  2 1 0 0 2 0 0  .667 1.000

 ■ 大学時代成績(打撃)

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   10春:          出場無し
   10秋:          出場無し
   11春:          出場無し
   11秋:          出場無し
   12春: 4 1.000  2  2 0 0 0 1 0 0 0 1.000 1.000
   12秋: 5 .000  5  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   13春: 11 .297  37 11 1 0 3 6 3 3 0  .350  .568二部((8位)
   13秋: 11 .222  27  6 0 0 0 1 2 0 0  .222  .222二部
   一部: 9 .286  7  2 0 0 0 1 1 0 0  .286  .286
   二部: 22 .266  64 17 1 0 3 7 5 3 0  .299  .422

  最新記事

 ■ <四国IL>香川2敗目 崖っぷち(読売新聞) 17/10/1

 四国アイランドリーグplusのリーグチャンピオンシップ第3戦が30日、高松市のレクザムスタジアムであり、香川オリーブガイナーズは1―2で徳島インディゴソックスに惜敗した。1勝1敗で迎えたこの日は、終盤まで息の詰まる投手戦となった。香川の先発・秀伍は140キロ台の力のある直球で押し、六回まで内野安打1本に抑える好投。七回に連打を浴びて交代するまで、しっかりゲームを作った。

   17年6勝内訳  回数 被安 奪三 四死 自責
   5/13:SB 先   6  4  7  1  1
   5/20:徳島 先   9  5  6  3  2…初完投勝利
   5/28:愛媛 先   6  3  6  2  0
   8/26:徳島 先   6  3  6  2  0 149㌔
   9/ 2:SB 先   6  4  6  3  2
   9/12:愛媛 先   8  3  5  2  0 147㌔
            41  22  36  13  5 防1.10
        被安打率4.83 奪三振率7.90 四死球率2.85

 ■ 香川3連勝 ソフトに4―2 四国ILplus(四国新聞社) 17/5/14

 四国アイランドリーグplusは13日、福岡県のタマホームスタジアム筑後などで2試合があった。3位の香川オリーブガイナーズはソフトバンク3軍との定期交流戦を行い、4-2で競り勝って3連勝を飾った。香川は先制した4点のリードを守り抜いた。先発の右腕秀伍が6回1失点と好投し、七回から登板した2番手石田は九回に犠飛で1点を失ったものの、以降は失点を許さなかった。

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 高島 秀伍(たかしま・しゅうご)投手。
 桐蔭学園小時代から軟式野球を始め、桐蔭学園中では軟式野球部で投手。
 中学3年夏(06年)に全国準Vを達成した。

 桐蔭学園で投手から野手に転向。
 3年夏に背番号17(左翼手兼代打、5試合8打数ノーヒット)で神奈川大会準優勝を経験した。
 同期に田畑秀也影山潤二中嶋啓喜ら。

 東洋大進学後は3年春からリーグ戦に出場。
 4年春になって正レフトの座を掴み、2部11試合(4番5)で3発、打率.297点6の好結果を残した。
 通算31試合、打率.268、19安打、3本塁打、8打点。 

 セガサミーでは2年目の日本選手権で二大大会デビュー。
 初戦・フェデックス戦に7番・左翼手として出場し、2回に先制打、4回に適時二塁打を記録した。
 二大大会通算2試合、打率.667、2安打、0本塁打、0打点。

 香川オリーブガイナーズで投手に再転向。
 1年目から主力の1人として23試合94回に登板し、いずれも先発でチーム2位6勝の実績を残す。
 5月4日に行われた高知戦(7回途中5四球6失点でKO)で最速149㌔を計測。
 同月13日のSB3軍戦で6回7K、1死球1失点の好投を演じ、四国リーグ戦初勝利を挙げた。
 5月20日の徳島IS7回戦で9回5安打6三振3四球2失点初完投勝利をマーク。
 リーグ戦後、CS第3戦(1対2)の先発を務め、6回まで1安打0封、6.1回1失点の力投を見せた。
 通算23試合、6勝(1完投0完封)6敗、94回、防御率3.16。

 185cm79kg、150㌔直球を持つ長身スリークォーター右腕。
 ノーワインドアップから投げ込む最速150㌔の真っ直ぐが持ち味。スライダーなどの変化球を交える。
 高校、大学、社会人と外野手としてプレー。大学4年春に1季3発を記録した。
 独立リーグで中学以来の投手を再開。1年目5月4日の高知戦で最速149㌔をたたき出している。
 遠投110m、50m6秒4。奪三振率7.37、与四死球率4.40。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-10-05(木)|独立リーグ候補 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑