黒岩 龍成(関西国際大)

ここでは、「黒岩 龍成(関西国際大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm76kg 右右 MAX147km 明豊高
147㌔直球を武器とする救援エース。4年春のリーグ戦で8戦17.1回連続0封、23.2回18Kを記録した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:         登板無し
   14秋:         登板無し
   15春:         登板無し
   15秋:         登板無し
   16春:         登板無し
   16秋: 1  0勝0敗   1  1  1  0  0  0.00
   17春: 8  2勝1敗  23.2  16  18  8  4  1.52
   17秋: 5  0勝1敗   10  8  4  12  5  4.50
   通算: 14  2勝2敗  34.2  25  23  20  9  2.34
          被安打率6.49 奪三振率5.97 四死球率5.19

投手成績詳細

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   大産大     1  1  1  0  0

   16秋入替  回数 被安 奪三 四死 自責
   帝塚大     3  2  2  0  0 ○

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   大体大     1  0  1  1  0
   関外大     5  1  4  0  0 ○
   大産大    3.2  1  6  0  0
          3.2  1  3  1  0 ○
   追手門    1.1  2  2  0  0
   天理大     1  2  1  0  0
          0.2  0  0  1  0
       先  7.1  9  1  5  4 ●
         23.2  16  18  8  4 防1.52
      被安打率6.08 奪三振率6.85 四死球率3.04

  最新記事

 ■ 関西国際大・黒岩、ドラフトへ「正直不安しかない」(日刊スポーツ) 17/10/17

 プロ注目の関西国際大・黒岩龍成投手(4年=明豊)がリーグ最終登板を終えた。4-0で迎えた7回に登板。先頭打者に四球を与えるも、その後併殺と三振で切り抜けた。最速147キロ右腕は「調子が上がらなくて、春のまま行けるかなと思ったんですが」と今季は苦しんだ。ドラフトまであと10日。「正直不安しかない」と心境をもらす。「高3でけがして、(プロ志望届を)出せる状況じゃなくて大学では出そうとずっと決めていた」。思い続けたプロへ、運命の日を待っている。

   17秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   大体大 先  3.1  0  1  5  0
   関外大    0.1  2  0  0  1 ●
   大産大 先   2  4  1  2  2 
   甲南大 先  3.1  2  1  4  2
   天理大     1  0  1  1  0
          10  8  4  12  5 防4.50
      被安打率7.20 奪三振率3.60 四死球率10.80

 ■ 天理大が逆転優勝、1年生左腕・森浦が完投(SANSPO) 17/5/17

 阪神大学リーグは17日、大阪・万博球場で4回戦1試合を行い、天理大が9-1で関西国際大を下し、3季ぶり16度目の優勝を果たした。先発の左腕・森浦大輔投手(1年、天理)が完投した。打線が1-1で迎えた八回に一挙7点を奪って、勝負を決めた

 ■ 関西国際大2季ぶり優勝お預け プロ注目・黒岩ピンチしのぐ(デイリースポーツ) 17/5/16

 関西国際大は規定により延長十一回で引き分けとなり、2季ぶりの優勝はお預けとなった。延長十一回1死一、二塁で、最速147キロ右腕・黒岩龍成投手(4年・明豊)が登板。1死満塁で遊直と、飛び出した三走の併殺で試合終了となり、「今日はたまたま」と苦笑いで振り返った。

  プロフィール

 福岡県糟屋郡出身。
 黒岩 龍成(くろいわ・りゅうせい)投手。
 筑紫野市立筑紫野中学校を経て大分・明豊高校に進学。

 明豊高校では2年秋に背番号10で県準Vを経験。
 続く九州初戦の先発を務めたが、1回3安打4失点KOを喫し、チームも2-5で逆転負けとなった。
 同期のチームメイトとして稲垣誠也(中部学院大)ら。

 関国大では3年秋から救援でリーグ戦に出場。
 最終・大産大1回戦でリーグ戦デビューを果たし、続く入替え戦で救援白星(3回0封)を収める。
 翌4年春になって登板数を増やし、8戦(救援7)23回2/3で2勝、防1.52を記録。
 17.1回連続0封の力投でチームをV争いに導き、プロスカウトから注目される存在に浮上した。
 最終・天理4回戦で初先発を遂げるも、7回1失点、8回途中6失点で敗れV逸。
 関外大2回戦(5回0封)でリーグ戦初勝ち星、大産大3回戦(3.2回0封)で2勝目を挙げている。
 通算14試合(救援10)、2勝2敗、34.2回、防御率2.34。

 178cm76kg、最速147㌔直球を持つプロ注目右腕。
 真っ直ぐを武器とするリリーフ投手。4年春のリーグ戦で17.1回連続0封、23.2回18Kを記録した。
 4年春の被安打率6.08、奪三振率6.85、四死球率3.04。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-10-17(火)|2017年大学生投手 | 阪神大学野球 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 阪神大学野球 コメント(0) Page Top↑