牧 丈一郎(啓新)

ここでは、「牧 丈一郎(啓新)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



牧 丈一郎(啓新)

182cm82kg 右左 MAX152km 
最速152㌔直球を持つ力投型右腕。スライダーなどを交える。一冬越えて最速10㌔アップを果たした。

  動 画

  最新記事

 ■ 最速152キロ右腕 啓新の牧 延長11回サヨナラで涙(中日スポーツ) 17/7/23

 渾身の力を込めて投じた1球が、捕手のミットからこぼれた。「頭の中が真っ白になった」。啓新の右腕エース牧丈一郎はわれを失った。1-1の延長11回2死二、三塁。福井商の代打・森への直球は捕逸となり、本塁後方でボールが転々とする間にサヨナラの走者が生還した。「めちゃくちゃいいコースだった。ストライクぎりぎりの。なのに…」。5回途中から続いた粘りの投球は、悔いの残る形で終わった。中学時代にすでに138キロをマーク。ただ、入学当初から腰の疲労骨折など故障が続き、芽が出なかった。注目を浴びたのは今年5月。東邦、福知山成美との練習試合で152キロをたたき出し、一躍、今秋のドラフト戦線に急浮上した。この日は10球団スカウトが集結。140キロ台中盤を超える速球は強烈なインパクトを残した。中日・中原スカウトは「身体能力の高いパワーピッチャーで、まだ発展途上という感じ体がつくれるようになったらもっと球速が上がる」と将来性を評価する。牧は進路を問われると「プロ1本で。そこに向けてこの夏は練習します」と敗戦にも迷いなく言い切った。
 この日の最速は146キロながら、巨人の福王東日本統括スカウトは「体に力がある。先発より抑え向き」と高評価。(スポーツ報知)

   17夏予     回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:大野高   4  0  5     0 148㌔
   3回戦:福井商   6  3  4  6  2 146㌔
            10  3  9     2 防1.80(失点から計算)
              被安打率2.70 奪三振率8.10

 ■ MAX152キロ“福井のジョー”啓新・牧4回零封(スポニチ) 17/7/18

 啓新の152キロ右腕・牧丈一郎投手は6回から救援し、4回無安打無失点の好投で初戦突破に導いた。今大会から解禁したカットボールを交え、8回まで完全投球。先頭打者への死球で初めて走者を背負った9回も遊ゴロ併殺で切り抜け、最後は5個目の三振で締めた。「調子はまあまあ。点数は70点くらい」。ネット裏に集結した5球団の評価は上々だ。持参のスピードガンで最速148キロを計測した日本ハム・熊崎誠也スカウトは「春までのばらつきがなくなった流れを変えられたのもプロへ行こうかという人の実力」と称賛。広島・白武佳久スカウト部長は「初めて見たけどいい球を投げているね」と評価した。

 ■ 啓新エースの丈一郎 152キロ“ストレート”で頂点を(スポニチ) 17/7/5

 今秋ドラフト候補の啓新・牧丈一郎投手が「チームのみんなと甲子園に出たい」と燃えた。昨秋から右肘痛、左すね疲労骨折と故障が相次ぎ、優勝した春季県大会では先発1試合止まりだった。調子を上げた5月下旬以降に練習試合で2度、152キロを出した。「世代の高校生最速になったのがうれしかった」。名前の由来はボクシングの元世界王者・辰吉丈一郎。本家に負けない“ストレート”で頂点を狙う。

過去記事

 ■ プロ注目の啓新・牧丈一郎148キロ 初戦を突破(日刊スポーツ) 17/6/3

 プロ注目右腕の啓新(福井1位)牧丈一郎投手が7回を5安打8奪三振で無失点最速148キロをマークして初戦突破に貢献した。巨人ヤクルトロッテなど10球団以上のスカウトが見守る中、序盤は140キロ前後と自慢のスピードは抑え気味。4回に1死二、三塁を迎えて、「先制点をもらった直後だったので、ここは抑えなければいけないと、ギアを1段上げました」と2球連続で148キロを計測するなど、力勝負でピンチを断った。大八木治監督は「情けない。2週連続で152を投げてきて、今日は153か154が出るかなと思っていた。それを上回れないのは、精神力の弱さがある」と不満顔だったが、牧は「回と打順によって力の入れ具合を変えました。(4回は)ボールが指にかかって、(スピードが出ている)感覚はありました」と内容に納得した。牧は5月下旬、福知山成美と東邦相手に2週続けて、ともに自己最速タイの152キロを計測。スカウトの間でも存在が急浮上していた。

   17春            回数 被安 奪三 四死 失点
   福 井2回戦:科学技術     1  0  1  0  0 
      3回戦:若狭高校 先   8  5  9  2  1
   北信越1回戦:関根学園 先   7  5  8  1  0 148㌔
                  16  10  18  3  1 防0.56
             被安打率5.63 奪三振率10.13 四死球率1.69

 ■ 啓新(福井1位)―堅守と勝負強さ武器(福井新聞) 17/6/1

 創部6年目。ノーシードから勝ち上がり、福井県大会初優勝を果たした。投手陣は県内屈指。優勝に貢献した右腕の藤原が背番号1を背負う。4試合に先発、19回連続無失点を記録するなど自信をつけた。最速150キロ超の直球が武器の牧は注目の本格派右腕だ。

 ■ 啓新着実加点 エース 9Kも不満(福井新聞) 17/5/4

 啓新のエース牧は今大会初先発。8回1失点9奪三振と好投したが「球数が多く、全く納得できていない」と投球内容に不満の様子だった。前の2試合、藤原が先発し好投しただけに「負けていられない」と力んでしまった。左足に体重が乗らず、ためがつくれない。「手投げになった」と、直球は走らず、得意のスライダーにも切れがなかった。

  プロフィール

 京都府京都市出身。
 牧 丈一郎(まき・じょういちろう)投手。
 小学校3年生の時から軟式野球を始め、下鴨中では京都嵐山ボーイズで投手。
 中3夏にNOMOジャパンで米遠征を経験した。

 啓新高では1年秋から控えとしてベンチ入り。
 2年秋の新チームになって背番号1の座を掴み、福井大会準々決勝で公式戦初先発を果たす。
 強豪・工大福井相手に6回表まで1失点、9回161球4対5完投の力投を披露。
 その後のトレーニングで最速を147㌔に伸ばし、3年春の県大会で創部6年目初Vを達成した。
 2試合(先発1、リリーフ1)9イニングで、5安打10奪三振、2四死球1失点を記録。
 先発を任された準々決勝・若狭戦で8回1失点(2回ウラ以降無失点)の力投を披露している。
 県大会優勝が最高成績。甲子園経験は無し。

 182cm82kg、152㌔直球を持つ力投型右腕。
 セットポジションから着地早めに投げ込む最速152㌔の直球が武器。スライダーなどを織り交ぜる。
 2年秋時点で142㌔をマーク。一冬越えて10㌔アップの最速152㌔を計測した。
 3年春の県大会2試合9イニングで5安打10三振(率10.00)2四死球1失点の結果を残している。
 2年秋から主戦として活躍。実績はまだ少ない。

  スカウトコメント

巨人・福王東日本統括スカウト|17/7/23
 「体に力がある。先発より抑え向き」
中日・中原スカウト|17/7/23
 「身体能力の高いパワーピッチャーで、まだ発展途上という感じ。体がつくれるようになったらもっと球速が上がる」
日本ハム・熊崎誠也スカウト|17/7/18
 「春までのばらつきがなくなった。流れを変えられたのもプロへ行こうかという人の実力」
広島・白武佳久スカウト部長|17/7/18
 「初めて見たけどいい球を投げているね」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-07-23(日)|2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑