川瀬 航作(京都学園大)

川瀬 航作(京都学園大)

ここでは、「川瀬 航作(京都学園大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm84kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・スプリット 米子松蔭
サイドから繰り出す最速146㌔直球とスプリットが武器。最多勝を挙げた3、4年春にMVPを受賞した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   15春: 3  1勝0敗  4.2          2  3.86
   15秋: 2  2勝0敗  11.2          0  0.00
   16秋: 6  1勝1敗   15          4  2.40
   17春: 8  6勝0敗  55.1    39     6  0.98(1位)
   17秋: 4  1勝1敗   19  15  11     6  2.84
   18春: 5  5勝0敗   41  33  37  7  5  1.10
   通算: 28 16勝2敗 146.2         23  1.41(不明分除く)
    ※ 17春18春:MVP 17春18春:最優秀投手 17春:ベストナイン 18春:特別賞

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   17選: 1 先  8.2  9  6  3  2 144㌔(東ド) 大商大 ●
   18選: 2    9.2  2  5  2  0
        先   9  2  4  2  0 142㌔(神宮) 日国際 ○封
           0.2  0  1  0  0 140㌔(神宮) 東国際
   通算: 3   18.1  11  11  5  2 防0.98
       被安打率5.40 奪三振率5.40 四死球率2.45

投手成績詳細

   17春    回数 被安 奪三 四死 失点
   京教大 先   9  5  5  1  0 ○封
   福知公    1.1  0  3     0
   花園大 先   9  3  6  4  1 ○
           3          1 ○
   びわ大 先   7  3       0 ○封
       先   7  7       2 ○
   佛教大 先  10  9  6  3  3
       先   9  7  8     0 ○封
         55.1    39     6 防0.98

   17秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   京教大 先   9  7  6  2  2 ○
   びわ大 先   5  7  4     3 ●
   佛教大     1  0  0     0
           4  1  1     1
          19  15  11     6 防2.84

  最新記事

 ■ 京都学園大・川瀬、校名変更前のラストイヤーで2安打完封(スポーツ報知) 18/6/13

 京都学園大は、プロ注目の最速146キロサイド右腕・川瀬航作が日大国際関係学部を2安打で完封し、3年ぶりの白星を挙げた。来年度から京都先端科学大に校名が変わるため、現校名では最後となる全日本大学選手権で初の日本一を目指す。今年はでん部に強い張りを抱えながらも最後まで投げ抜き、8度目の出場となるチームを神宮初勝利に導いた。足を高く上げてサイド気味に投げる独特のフォームは、米子松蔭高1年で本格的に投手を始めてから身につけたものだ。巨人の岡崎スカウト部長は「変則でなかなかいないタイプ。面白い」と注目する。進路をプロ一本に絞っている右腕は「一番評価されるのはチームが勝つこと」と、今大会でのアピールに燃えている。

 ■ 開幕8連勝で決めた!京都学園大2季ぶり16度目V(スポニチ) 18/5/6

 京都学園大が最終節を待たず2季ぶり16度目の優勝を飾った。今秋ドラフト候補で146キロ右腕の川瀬は今季4戦4勝32イニングで4四死球と制球力に格段の進化を見せる。前節は試合がなく、上体が突っ込まないようフォームの確認に充てた。「完璧を求めた1週間だった。昨日はかなりの手応えだった」。結果は1安打完封。昨春の大学選手権では8回2/3で2失点の好投も、チームは1―2で大商大に敗れた。「周りからは『よく投げた』と言われたけど、自分では内容に満足していない。進路に関わるので、どこまでアピールできるか」。全国の舞台で、今度こそ勝利を呼び込む快投を誓った。

   18春    回数 被安 奪三 四死 自責
   花園大 先   9  10  8  0  1 ○
   大谷大 先   8  6  4  3  1 ○
   滋賀大 先   6  6  5  0  0 ○
   びわ大 先   9  1  12  1  0 ○封
   佛教大 先   9  10  8  3  3 ○
          41  33  37  7  5 防1.10
      被安打率7.24 奪三振率8.12 四死球率1.54

 ■ 京都学園大 日本一へ今秋ドラフト候補の146キロ右腕・川瀬がけん引(スポニチ) 18/3/8

 大学選手権に7度、明治神宮大会に1度の出場を誇る京都学園大硬式野球部。大黒柱は今秋ドラフト候補の右腕・川瀬だ。リーグ優勝へ導いた昨春は3完封を含む6勝のフル回転。55回1/3を投げ、39奪三振防御率0・98と抜群の成績を残し、最優秀選手賞、最優秀投手賞、ベストナインの3冠に輝いた。サイドから繰り出す直球の最速は146キロ。年明けから複数のプロ球団が視察に訪れる逸材だ。今春は「負けない投手になる。目標は5勝0敗」を最低ノルマに掲げる。

過去記事

 ■ 京都学園大 9回土壇場で同点もサヨナラ負け(日刊スポーツ) 17/6/6

 9回土壇場で同点に追い付いた京都学園大が、サヨナラ負けを喫した。今季から先発起用されるようになった川瀬航作投手(3年=米子松蔭)が8回まで8安打を浴びながら1失点に粘投。1点を追う9回表に味方が同点に追い付き、川瀬は裏のマウンドに上がったが、先頭打者に安打を許し犠打で無死二塁とすると降板した。その後なおも攻められ、2番手の平岡航投手が2死満塁から押し出し死球を与えサヨナラ負け。川瀬は「自分はまだあの場面(9回)で変えられてしまう選手ということ。ああいうところで投げられる投手にならないといけない。今日の負けを生かしてまた大きい舞台で投げたい」と言った。

 ■ 京都学園大2季連続V 来秋ドラフト候補の川瀬が無傷の6勝(スポニチ) 17/5/25

 3回戦1試合があり、京都学園大が佛教大を破り、2季連続15度目の優勝を決めた。来秋ドラフト候補最速146キロ右腕・川瀬航作投手(3年)が被安打7の8奪三振で完封今春無傷の6勝目を挙げた。最後の打者をスプリットで二ゴロに仕留めた川瀬は両腕を突き上げて喜びを爆発させた。4回2死満塁の窮地でも光った宝刀のキレ味は最後まで落ちず、坂根耕世監督から「苦しい投手陣の中、一本立ちしてくれた」とたたえられた。昨年までは主に中継ぎや抑え。投手陣にけが人が続出した今春から本格的に先発へ転向し、3完封を含む計6勝を挙げるフル回転の働きだった。サイドから繰り出す直球は最速146キロ。今春は55回1/3で39奪三振、防御率0・98と抜群の安定感を誇る。大学選手権の1回戦は大商大だ。昨秋の関西地区大学選手権で敗れるなど入学後は2戦2敗。川瀬は「昨秋もやられた相手なので、先発するなら勝ちに結びつけられるような投球をしたい」と言葉に力を込めた。

  プロフィール

 大阪府大阪市生まれ。
 川瀬 航作(かわせ・こうさく)投手。
 東淡路小1年時から軟式野球を始め、柴島中では東淀川リバーズに所属。

 米子松蔭では1年時からベンチ入り。
 3年夏の鳥取大会は鳥取城北高に13安打6四死球5失点完投負けで2回戦敗退に終わった。
 県大会準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 京都学園大では1年春からリーグ戦に出場。
 1年秋の大谷2回戦でリーグ戦初先発を果たし、9回4安打4対1の好投で初完投勝利を収める。
 3年春(優勝)になって主戦の座を掴み、6勝0敗の活躍でMVPなど3冠を受賞。
 3完封勝利(5完)を挙げるなど、合計55.1回を7失点に抑え、防御率0.98の好成績を残した。
 1対0の接戦となった開幕・京教大1回戦で5安打1四死球初完封勝ちを記録。
 びわ大1回戦で7回コールド3安打完封勝利、佛大3回戦で7安打8K完封勝利を挙げている。
 同年秋の不振(1勝のみ)を乗り越え、翌4年春に2度目となる最多勝をマーク。
 5勝(3完1封)無敗の活躍で全勝Vに貢献し、MVP、最優秀投手、及び特別賞を獲得した。
 全国大会には3年春の第66回全日本大学野球選手権(1回戦敗退)に出場。
 初戦・大商大戦(1対2)の先発を務め、接戦を演じたが、粘投及ばず9回途中2失点で敗れた。
 通算28試合、16勝2敗、146.2回、防御率1.41。

 182cm84kg、146㌔直球を持つサイドハンド。
 ノーワインドアップから膝を高く上げ、上体を傾けてインステップし、大きめのテイクバックから繰り出す
 最速146㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後(東京ドーム)の動くストレートと、
 120㌔前後の2種類のスライダー、130㌔前後から130㌔台のスプリット、110㌔前後のカーブ。
 直球で打者の内角を強気に突き、スライダー、逃げて沈むスプリットを織り交ぜる。
 高校1年6月から本格的にピッチャー転向。アンダースローを経て現在のサイドスローに辿り着いた。
 4年春のリーグ戦41回で37奪三振(率8.12)。

  スカウトコメント

巨人・岡崎スカウト部長|18/6/13
 「変則でなかなかいないタイプ。面白い」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-06-13(水)|2018年大学生投手 | 京滋大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
大学野球選手権の出場おめでとうございます。
来年ドラフトされる前にウエートを増やして球速UP期待しています。
| 賀前酉黒才 | 2017年05月31日(Wed) 08:49 | URL #- [ 編集]
萬に投げ方くりそつ
| どんきんな奴 | 2017年05月25日(Thu) 18:53 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 京滋大学 コメント(2) Page Top↑